台湾女一人旅 桃園空港から台北駅 寧夏夜市で晩ご飯。

公開日: : 最終更新日:2018/11/04 旅人への道, 食べること

taopei2016_1

本来は4月ごろを予定していた台湾の旅。

午前便がいいなあ、お、羽田発もあるのか、などとあちこちの便をチェックしているとゴールデンウィーク終盤にScootの成田↔︎桃園便が往復12,000円で出ているのを発見。思わず購入してしまいました。

近いからエアーも安く済むとは思っていたけれどここまでとは。

ちょっと驚きです。



台湾女一人旅、台北駅を支点に鉄道旅を開始

taopei2016_2

今回は台湾を列車で一周すると決めていました。なんとなくルートは反時計回りにしようと考えていたので桃園空港着で台北に出るのは行程としては後戻り。それならまずは初日に台中まで直行してから移動開始するかとしばし検討するも、駅弁というサブテーマもあることだしここは正攻法で台北スタートにしようと思い直しました。何をもって正攻法なのかは我ながら疑問ですが、まあフィーリングですよ。

ということでまずは桃園空港から台北駅までバスで移動。

両替を済ませてから一番メジャーであろうバス会社、國光客運のチケットを窓口にて125元にて購入。ちなみに空港での両替は手数料込み1元=約3.5円でした。

taopei2016_3

桃園空港、バス乗り場とか両替とか何かとわかりやすくていいですね。
成田同様空いていたので一切待ち時間ナシで乗車できて幸先よし。台北までは約1時間です。

taopei2016_4

充電座。移動途中でこのUSB充電があるのに気付いてありがたくiPodをチャージ。

taopei2016_6

taopei2016_7

定刻通りに台北駅着。

taopei2016_8

中央部分がどかんと吹き抜けになっているので開放感があります。すごく立派な駅だ。

taopei2016_5

プラットホームは「月台」と表現するのか。美しいな。

予め列車の時間は確認していたもののまだ台北から台中へ移動する列車は予約していなかったので自動券売機をチェックします。

taopei2016_10

taopei2016_12

taopei2016_11

使ってみると操作が簡単でわかりやすくクレジットカード支払いも可能だったので検索ついでにそのまま翌日の切符を購入。

taopei2016_13

後で思い出したのだけど、台北から台中は新幹線(高鐡)にしようかと迷ってたのにうっかり台鐡の切符買っちゃった。まあいいや。

taopei2016_9

窓口で筆談するかなあと思っていたのですが自動券売機が簡単で助かりました。電車もバスもPASMOみたいなICカードが使えるし、台湾での移動はなかなか快適そうですな。

寧夏夜市散策と蚵仔煎

taopei2016_17

台北駅近くにとっていた宿に荷物を降ろして駅付近を軽く散策、夜はそのまま寧夏夜市まで足を伸ばしました。

taopei2016_24

夜市って何をするでもなく楽しい。けれど日本の夜店はお祭りの時期しか出会えない非日常なイベントというイメージが強いからかどことなく哀愁に似た何かを感じてしまいます。楽しいんだけどどこか儚く物悲しい。でも台湾の夜市は毎日開催のところが殆ど。よってこの雰囲気が日常なんだよね。

taopei2016_20

台北の夜市といえば土林夜市が観光スポットとして有名だと聞くけれど、寧夏夜市はローカル感が強いというか、地元の人が夕ご飯食べに仕事帰りにふらりと寄るような雰囲気。

taopei2016_23

行列のできる人気店もちらほら。

taopei2016_25

芋ペーストを団子状にして揚げたようなもの。これはスイーツの部類かな?

taopei2016_27

こちらはおにぎり屋台、調理過程を覗いてみるとかなりデカイ。店名からするとお母さんのおむすび的なニュアンスでしょうか。

taopei2016_28

おにぎり大行列。人気店に列ができるのはどこでも同じですね。

taopei2016_22

楽しくてなんだか勝手に切なくなる夜市。そろそろお腹が減ってきたけど意外に食べるものがない、というか、酒がない。近隣の店を覗いてみるも酒が置いてない店が多い。もしや台湾って食事しながら酒を飲む習慣があまりない、のかな?まあこれは台湾に限ったことでなく、アジアで日本ほど酒飲みに寛容な国はないでしょうけども。

taopei2016_21

夜市の雰囲気に浸った後はビールが置いてある店を発見し入店。このあたりは牡蠣のオムレツ、蚵仔煎の店がずらりと並んでいます。

taopei2016_26

本日初のビール。暑い中移動した後の一杯は旨し。が、蚵仔煎が思ってたのとちょっと違う。

そのビジュアルから勝手にタイのホイトートみたいなものだろうと思っていたけれど、全然別物。なんか片栗粉で作った餅みたいな甘い食べ物だったのだけど、ここのお店だけ?それともそもそも蚵仔煎ってこういう料理??

その後夜市に戻り鶏の串焼きを食べて疑問は確信へと変わる。

taopei2016_29

台湾の屋台や食堂、所謂大衆料理の類って、甘い??もしやこれは酒飲みにはキツイ旅になるのではでは、と少々不安になります。酒飲みってこれだから嫌ですね。

taopei2016_18

taopei2016_30

ホテルに戻る途中、往路で通った市場の食堂で真相を確かめようと寄ってみたらもう閉まっていたので初日はこれ以上は調査できず。ここはあまり深追いせずに明日からの列車旅に備えてゆっくり休むこととします。台湾一周の始点も終点も台北に設定しているので、台北街散策はまた後日できるもんね。

という訳で無事台北入りし、翌日から台湾一周旅行がスタートするのでした。
台湾旅行記、結構長くなりそうです。

※追記 蚵仔煎リベンジしました。
台湾一人旅でもローカルフードを楽しみたい!台湾一周旅行の食事 その1。




関連記事

domi

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

161013_ienomi6

蒸し鶏ときのこの柚子胡椒和え、蕪の煮浸し献立

蒸し鶏シリーズです。 ラストにちょこっとだけ余った蒸し鶏は細かく裂いて野菜と合わせてカ

記事を読む

アンバサダーシアター シカゴ

BIRDLANDの予約方法 ニューヨークのミュージカルにジャズクラブ。

ニューヨークの旅で一番心に残った景色はブルックリン橋からの夕焼けでした。 ダウンタウン

記事を読む

きつね納豆で晩酌

きつね納豆、ほうれん草のナムルで晩酌。

植物性たんぱく質の鬼、きつね納豆で晩酌です。 油揚げ偏愛傾向のあるわたくしですが、これ

記事を読む

180420_ienomi_4

鶏もも肉と水菜のフライパン蒸し、えのき梅豆腐献立。

水菜がある、鶏もも肉も余っている。となると自動的にこのメニューかしら。 毎度おなじみ肉

記事を読む

160128ienomi6

だし巻き染おろし、分葱と揚げのぬた 家飲みおつまみ。

キャベツがあるから今日は魚と一緒に蒸すか。 そう考えて魚に強い店に意気揚々と向かうも残

記事を読む

kitchen

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

tokyotower36

続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えればいいのに。 毎日飽きもせ

記事を読む

きのこの卵とじ

きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃがいもとたらをさっと煮たものと

記事を読む

あじとこんにゃくの梅煮

あじとこんにゃくの梅煮、あら出汁水菜の味噌汁献立。

先日きんぴらにしたこんにゃくが、半分余っている。 牛肉とこんにゃくのきんぴら、新じゃが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1905kakegawa_51
都田駅は「浜松の北欧」日本散歩・静岡県

静岡県のローカル鉄道、天竜浜名湖線散歩の続きです。 天竜

目玉焼き丼献立
休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをの

suginami_67
愚痴を聞くために呼び出される。

愚痴を聞いて下さい。 あまりにもあからさまなその要望に、

むね肉のにらだれ
むね肉のにらだれ、キャベツと卵のニョクマム和え献立。

鶏むね肉をいつものように蒸し鶏にして食べるつもりで帰宅。

1905kakegawa_29
天竜浜名湖鉄道に大興奮 日本散歩・静岡県

静岡県で天竜浜名湖線に乗ってきました。 静岡といえば、昨年の

→もっと見る

PAGE TOP ↑