休肝日ごはん オクラ丼、小松菜の海苔和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

オクラ丼献立

お盆です。

暑さで食欲が落ちている奥さんもいらっしゃるのではないでしょうか。大人に限って言えば、食べたくない時は食べない。という選択もひとつの正解だと思います。一食二食抜いたからといって、大事にはなりませんからね。

シンプルライフの成れの果て。

しかし、諸事情により食べなきゃいけない時もある。そんな時はこういうズルズル系がいいのではないかと思います。

休肝日ごはん オクラ丼、小松菜の海苔和え献立

休肝日ごはん オクラ丼、小松菜の海苔和え献立。

  • わかめと玉ねぎの味噌汁
  • レッドキャベツの浅漬け
  • 小松菜の海苔和え
  • オクラ丼

わかめと玉ねぎの味噌汁

わかめと玉ねぎの味噌汁

わかめと玉ねぎ、油揚げを入れた味噌汁。出汁はいりこ。

レッドキャベツの浅漬け

レッドキャベツの浅漬け

最近フル活用している、塩もみ野菜。塩もみしたレッドキャベツを浅漬け代わりに。

小松菜の海苔和え

小松菜の海苔和え

ゆでた小松菜をごま油、粗塩、すりごま、ちぎった焼き海苔で和えたもの。

オクラ丼

オクラ丼

ゆでたオクラを輪切りにし、鰹節としょうゆで和えたものをごはんにのせ、卵を落とします。

オクラ丼。わざわざ命名するまでも、そしてレシピを記載するまでもありませんが、この手のネバネバズルズル系はささっとかっこめるし、夏バテにも効きそう。ここに納豆やとろろを加えるとよりボリュームが出ていいけれど、食欲がなくて納豆ですらちょい重い…なんて時にオクラだけの丼、いかがでしょうか。

オクラ丼

見目もなかなか、鮮やかです。

夏バテにいかが、などと言ってはおりますが、わたくしめは暑さに滅法強く、真夏でも食欲が落ちることはほぼありません。よって、本日の献立は食欲がないから選んだのではなく、ただ食べたいから作った、それだけです。

休肝日の献立

今年は不作なのか、いい状態のオクラになかなか出会えず、大好物のぬか漬け頻度が下がり気味。そう、ぬか漬けに適した野菜は数あれど、いちばん好きなのはオクラと言っても過言ではない。

ぬか床を1ヶ月間放置した結果。

ひと夏にいったい何本のオクラを摂取できるかを毎年楽しみにしているのだけれど、今年はどうにも出足が遅い、遅すぎた。今からじゃあまりたくさん食べられないだろうけど、お盆からでもスパートをかけたいと思います。

 




関連記事

なすのにんにく炒め

なすのにんにく炒め、ちくわとピーマンの塩昆布和え献立。

そろそろなすが手に取りやすくなってきたような。 今日日なすなんて年がら年中出回っている

記事を読む

豚肉とピーマンの炒めもの

豚肉とピーマンの炒めもの、オクラとトマトの煮びたし献立。

ピーマンと肉を炒めるとなると、青椒肉絲。ピーマンと肉を細く切って、炒め合わせる。たけのこも入

記事を読む

茄子の蒸し煮

ごま鯖の酒蒸し、茄子の蒸し煮。

鮮魚売り場をウィンドウショッピング(by 湘南いそいそ家飲み日記。)していたら、思わぬ出会い

記事を読む

ニラ餃子とビール

ニラ餃子、ぬか漬けで家飲み。

あれ、もしかして今季初ビールでしょうか。初ビールですね。 そして餃子が登場するのも初め

記事を読む

台湾一周 鉄道駅弁一人旅 その2. 台中駅 照燒醬雞腿便當。

台中滞在を満喫して次は嘉義へ向かいます。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 嘉義

記事を読む

トマトとエシャロットの炒めもの

トマトとエシャロットの炒めもの、レタスとのりのサラダ献立。

生まれて初めて入手したエシャロットが旨かったので、再び購入。 京都の酒 玉乃光 純米吟

記事を読む

青梗菜塩炒め

青梗菜の塩炒め、にら納豆献立。

ずいぶん昔に、青梗菜に凝ったことがありました。 おそらく中華料理店で食べた青梗菜炒めが

記事を読む

満寿泉純米

富山の酒 満寿泉 純米で晩酌 砂肝ポン酢、三つ葉と半干し大根のサラダ。

ここのところ東を攻めていたのですが。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 関東勢で残る

記事を読む

きのこスープ

ひとんちの食の不思議ときのこスープ。

旅行中は普段と生活サイクルが異なり、食事の内容も、時間も、量も変わるので、どうしても体が重く

記事を読む

たらと新じゃがの塩煮

たらと新じゃがの塩煮、小葱と油揚げの酢味噌和え献立。

たらとじゃがいもの組み合わせが食べたくなって、シンプルな塩煮にしました。 イメージ的に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

一人行動愛好家の嗅覚に失敗なし

何年か前から気になっていた居酒屋がありましてね。気になりつつ

さつまいもとベーコンのグラタン
さつまいもとベーコンのグラタン、柿と白菜のサラダで赤ワイン

秋冬シーズンに入ると、突然食べたくなる。それが、グラタン。鍋

しつこい手湿疹。薬を使わず「鬼の保湿」で改善する。

夏前くらいからずっと、手荒れに苦しめられています。例のアレ予

ぶりあらのかす汁、油揚げのねぎ味噌チーズ揚げで晩酌。

年がら年中酒にあうつまみを準備する生活がもう何年も続いており

カメラ片手の銀杏狩りと、ひとり酒。東京散歩・墨田区

新しいカメラを購入したので、久しぶりに撮影散歩に出かけました

→もっと見る

PAGE TOP ↑