今までと同じことができなくなる焦り。

moalboal_2016_11

この暑さのせいで仕事が進まなくて〜、というのは単なる言い訳。怠け者の戯言でしかありません(当人調べ)。けれど、友人から突然

「最近以前と同じ量の仕事がこなせなくなってきて焦っている」

と相談され、改めて考える。

最高レベルのパフォーマンスや集中力を何十年も維持できる超人などそうそういないだろうなと。じゃあ、どうするのかと。

今までと同じことができなくなる焦り

入社時は右も左もわからず、毎日ついていくだけで精一杯だった新入社員も、半年、一年経過するとそれなりに環境にも慣れ余裕も生まれ、3年、5年となると必死だった毎日が懐かしくなるほどに成長を遂げている。

新入社員に限らず、異動や転職で新しい仕事に携わることになった大人はこの「できなかったことができるようになる感覚」を自信へと変えていくのでしょう。今はうまくいかなくても、時間が解決してくれることもある、そんな知識もついていく。

仕事ができない人とは一緒に働きたくない。

できなかったことができるようになる。マイナスからプラスへの変化はよろこばしいものだけれど、プラスがマイナスに転じると心穏やかではいられない。今までできていたことができなくなったので、仕事量を減らしましょうとか、その分時間給を上げましょうとか、なんなら働き方を変えましょうなんて、すぐに選べる環境にある人のほうが少ないもんね。

そう考えると、大人数で大きな仕事を回す組織の一員である会社員という働き方は、理にかなっている気もします。ある程度の年齢になったら気力体力勝負の現場ポジションは後進に譲り、これまでの知識と経験を活かして指導や管理に回る。長年の業務で培ってきたナレッジを個人ではなく組織の資産として活用できる、優れたシステムだと思うのです。

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

なんて、進むべき道が美しく整えられている会社ばかりじゃないし、私がこうして隣の芝の青さをうっとりと見つめていられるのは長年会社員を続ける大変さをわかっていないからなんだろうけど、同じく自営業者である友人の焦りはとてもリアルに感じたのでした。

すべては「運が良ければ」の話

hatobus_tour_70

このまま、仕事ができなくなったらどうしよう。そう考えると、余計進まなくなって焦る。年齢も働き方も似ている友人が抱える深刻な状況を知り、暑さで仕事する気にならん、などと持ち前の怠惰を振りかざしてばかりの己の呑気さに呆れるお盆です。

うすぼんやりではあるものの「生涯現役」を目指している私。でも、何をして現役生活を全うするのかもよくわからないし、生涯の長さだって当然未知数すぎる。

いかにして働かずに暮らすか。

でも、今できることを死ぬまで続けられるとは限らないし、できたとしても需要があるかはわからない。進むべき道のない生き方を選んでしまった以上は、常にできること、できそうなことに挑戦し続ける以外はないんだろうなと考えると、この暑さも手伝って余計に気が遠くなりませんか。まあ、全ては「運が良ければ」の話だけれど。

40代残りの20年、その先の20年。

友人に関しては年だからとか気力が枯れてといった曖昧なものではなく、体調不良によるスランプであることは明白。早いとこ原因を取り除いて、また酒を飲みながらアホな話をしたいなあと、切に願います。アホ話大事。

 




関連記事

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

黄色いパンツ、選ばなかったもうひとつの道。

Another Day of Sun. 初めて聞いた時からこの曲が好きすぎてたまらなか

記事を読む

貯まる体質、痩せる習慣。

By: Randen Pederson[/caption] 友人知人から事あるごとに

記事を読む

いかにして働かずに暮らすか。

先日某誌の編集者から 「毎度読者の食いつきがいいのは老後不安煽り系のネタだ」 と

記事を読む

頑張らないあの人の朝ごはん。

朝ごはんにいたしましょう。 平日の午前10時。厳かなる言葉を添えて送られてきた写真には

記事を読む

新時代の幕開け、日常の底上げ。

奥さん、5月です。しかも、令和です。 昨日今日はかなり重要なポイントだと思うのですが

記事を読む

短所はこの際おいといて、もう長所に注力する。

近所のスーパーの店長(だと勝手に思っている)が苦手です。 店長は30代半ば。時にはカウ

記事を読む

つらい過去を忘れる方法。

恥の多い生涯を送ってきました。 いや、生きていれば誰しも恥のひとつやふたつかいて当然と

記事を読む

街で偶然知人をみかけても99%声をかけない。

商店街の八百屋の前で、右手にねぎを掴んで立ち尽くしていると声を掛けられました。ねぎから意識を

記事を読む

年を取るほど幸せになるという話。

年を取っても偉くも賢くもなれないと言い放った舌の根が乾かぬうちにアレですが。 40代半

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

新橋ときそば
一旦上がった生活レベルが下げられない。

人間、一旦上がってしまった生活レベルは、なかなか下げられない

サンホワイト ワセリン
「最強クラス」を1週間使用した結果。

痛恨のstrongestステロイド処方から早1週間が経過。サ

天職と信じた仕事への情熱を失って。

天職への憧れを、誰しも少なからず持っているのではないか。でも

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

→もっと見る

PAGE TOP ↑