休肝日ごはん おろし梅納豆そうめん。

公開日: : 家飯, 食べること ,

おろし梅納豆そうめん

週の初めは休肝日。「飲酒は週5」を、細々と守り続けています。

さて、先日は妙なそうめん料理を作ってしまったものですから、今日はどストレートに、正統派の和風で行ってみようと思います。

作り方を書くまでもなく、あまりにもそのまんまというか、タイトルで出落ちというか、そんな感じの普通のそうめん。

夏近しですね。

休肝日ごはん おろし梅納豆そうめん

休肝日ごはん おろし梅納豆そうめん

  • 春菊のからし和え
  • おろし梅納豆そうめん

春菊のからし和え

春菊のからし和え

ゆでた春菊を粗塩、からし、ごま油で和えます。

おろし梅納豆そうめん

おろし梅納豆そうめん

ゆでて水を切ったそうめんを丼に盛り、ねぎをたっぷり入れて付属のたれを混ぜた納豆、大根おろし、梅干し、さらにたっぷりのねぎをのせてめんつゆを張ったら完成。このままガーッと混ぜて、ツルツルっと。途中でわさびを投入して味を変えました。

以上、何の工夫もコツもない、ただのそうめん。今回はめんつゆも市販品を使いました。やっぱりそうめんにはこういうオーソドックスすぎる具材が合いますね。なんかもう、安定感がすごい。くらいしか添える言葉が見つかりません。

休肝日の献立

これ以上何も書くことがないほどにシンプルな本日の休肝日ごはん。そうめんだけでも十分満足できるのですが、ついつい小鉢を添えてしまうのが副菜&野菜好きのサガなのです。

そしてこの春菊は例の新店にて購入した代物。いくらだったっけか、30円だか50円だか、とにかくそんな値段だったもので思わずひっつかんでしまったのでした。

同様の理由で手に取った青野菜がいろいろある今週。店内で目移りし、大はしゃぎで青い野菜とか葉野菜ばっかり買っちゃってホクホクしたのはいいけれど、こう似たような素材ばかりが揃うと献立構築が難しいな、と我に帰ったりもしています。

とりあえずゆでたり焼いたりして塩でもかけりゃ間違いはないし、そもそもそういうおかず(と言えるのか)が好きなのだから、余らせるようなことにはならないでしょう。という妙な自信を胸に葉野菜らに挑む6月。今月も変わらず質素に参りましょう。

 




関連記事

鯖大根

鯖大根、小松菜のおひたし献立。

本日は余り鯖で。 鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。 おろし和えにしよう

記事を読む

ピーマンの塩炒め

ピーマンの塩炒め、牛肉とごぼうのしぐれ煮献立。

副菜に肉が入ってるし、冷奴の大豆たんぱくもあるし、こりゃ今日のメインは野菜だなー。ピーマン焼

記事を読む

家飲み献立 11/24 白菜と豚の重ね蒸し、南瓜の塩煮他全5品で晩酌。

3連休最終日ですね。みなさん秋の休日を満喫されましたか? フリーランスの私はあまりカレ

記事を読む

家飲み献立 12/21 鶏肉とじゃがいものローズマリーソテー。

10度超えるとありがたい。 なんて言えるのも、ずいぶん冬に慣れてきた証拠ですね。

記事を読む

秋の献立 10/7 豚で肉豆腐他全5品の晩酌。

台風は過ぎたけど、気温は下がる。 あー、冬に向かってるんだなあと実感する天気でした。

記事を読む

家飲み献立 12/11 鶏だんご鍋。

余った食材の使いまわしを考えつつ献立を組み立てる。 この作業を深刻に考えてしまうとなんだか

記事を読む

トマトの卵炒め献立

トマトの卵炒め、かぼちゃとアーモンドのサラダ。

はい、油揚げどーん。 各家庭ごとによく使う食材というものがあると思いますが、我が家には

記事を読む

ぬか漬け 豆腐とえのきの味噌汁 小松菜の海苔塩和え 豚肉の梅照り焼き

豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

少々遅くなった帰り道。何の考えもないままに、とりあえずなんとかなりそうな豚ロース薄切り肉をひ

記事を読む

肉団子味噌ちゃんこ鍋

一人鍋で晩酌、肉団子味噌ちゃんこ鍋。

ちゃんこ鍋とはなんぞや。 相撲部屋で食される鍋、そして力士引退後の飲食店ビジネスの形態

記事を読む

宮水の華

兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新しい酒を調達。 全国制覇

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑