新玉ねぎの卵炒め、マッシュルームサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること

新玉ねぎの卵炒め献立

どうしてもサラダにして食べたくて、おかしな品揃えに。

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン、ナッツサラダで白ワイン。

先日のグラタンでは大量に含有されているにも関わらず写真ではまったくその姿が露わになっていなかったマッシュルーム。

純和風かつ日本酒を据えての晩酌献立に、無理矢理ねじ込んでやりました。

新玉ねぎの卵炒め、マッシュルームサラダで晩酌

新玉ねぎの卵炒め、マッシュルームサラダ献立

  • じゃがいもとわかめの味噌汁
  • 小松菜のおひたし
  • ごぼうのしぐれ煮
  • マッシュルームサラダ
  • 新玉ねぎの卵炒め

じゃがいもとわかめの味噌汁

じゃがいもとわかめの味噌汁

いりこ出汁の味噌汁。わかめは生か乾燥ものを使うことが多いのだけれど、今回は珍しく塩蔵わかめ。

小松菜のおひたし

小松菜のおひたし

茹でた小松菜にポン酢をかけただけの簡易バージョンおひたし。

ごぼうのしぐれ煮

ごぼうのしぐれ煮

こちらは先日の残りもの。

マッシュルームサラダ

マッシュルームサラダ

薄切りにしたマッシュルームを塩、胡椒、オリーブオイル、チーズで味付け。青みはパセリ、と見せかけて大葉です。

新玉ねぎの卵炒め

新玉ねぎの卵炒め

薄切りにした新玉ねぎをフライパンで炒めます。塩、胡椒を加えしんなりしたところで溶き卵を入れ、焼き固めたら酒をまわしかけ風味をつけて完成。普通の玉ねぎで作っても美味しいけれど、新玉ねぎ強い。強い、強すぎるよ、と唸ってしまう旨さです。って毎年同じこと書いてますね。死ぬまで書き続けてやろうか。

それにしてもマッシュールームサラダの仲間外れ感。しかし晩酌献立バランスは意外に悪くはないのでした。

家飲みブログ

マッシュルームのサラダなんてものは素直に白ワインにあわせりゃいいのですが、他のメンツから漂う和風味を考えれば当然日本酒となるわけで。

きのこもチーズも日本酒ウェルカムな食材であるので飲み始めればすっと場に馴染んでしまい、むしろいいアクセントになる、と言い張れなくもありません。

しかし何より、今日も晩酌の満足度を高めてくれた影の立役者は、やっぱり青菜。茹でた青菜をむしゃむしゃ頬張る快感が、食卓の上で繰り広げられる異文化交流をスムーズにし、対話をぐっと盛り上げてくれたのでした。

純和顏が並ぶクラスで異彩を放つフランス人留学生。偉大なるシャンソンシンガーを祖先に持つメルシーボクな彼のプレイリストに並んでいるのはほぼ北山たけしであった、みたいな感じでしょうか。全然例えられてないけど、北山が青菜。

 




関連記事

手羽先のナンプラー漬け焼き

手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

骨つき肉にかぶりつきたくなったので、手羽先です。 手羽先ってのはいついかなる時も骨つき

記事を読む

白ワイン

ワインで家飲み きのこのオムレツ。

ちょっと久しぶり? な感じの週末ワイン。 ちょこちょこ残っていた食材を使い切りたいば

記事を読む

アボカド豆腐丼献立

休肝日ごはん アボカド豆腐丼献立。

週の初めは休肝日。 普段の夕食は炭水化物抜きで酒のつまみのみですが、今年から休肝日を増

記事を読む

かぶの梅サラダ トマトソース焼きそば

トマトソース焼きそば、かぶの梅サラダ献立。

当初はキャベツと豚肉のオーソドックスな焼きそばを食べるつもりでしたが、ひとつだけ残っていたミ

記事を読む

家飲み献立 12/18 鯖のおろし和え、白菜の豆乳煮込み。

夕方、公共料金支払いのためにコンビニに寄りました。 以前はなんとなく毎日のように立ち寄

記事を読む

焼きレンコン

焼きレンコン、ニラの卵とじで一人晩酌。

近所に小さな八百屋さんを発見して早くも愛用しています。 かなり小さな店で大型スーパーと

記事を読む

菜の花とまぐろのごま和え

菜の花とまぐろのごま和え、焼きさつま揚げで家飲み。

残り物総動員といった感のある献立。 さつまあげ、まぐろ、豆腐、なんかタンパク質多いです

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、里芋の味噌汁献立。

好物の秋刀魚ではありますが、自分の中に一応買い価格目安ラインを設けています。 が、今年

記事を読む

麺なし味噌ラーメン

休肝日ごはん 味噌ラーメン的野菜味噌汁献立。

蕎麦食いなので、ラーメンはあまり食べる機会がありません。 中でも、味噌ラーメンの食べな

記事を読む

れんこんハンバーグ、小松菜の黄身和え献立。

れんこんハンバーグ、小松菜の黄身和え献立。

丸はんぺんを焼いたのですか? という謎ビジュアルになっていますが、違います。れんこん入

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑