牛肉と大根の塩煮、れんこんと水菜のサラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2018/12/02 家飯, 食べること ,

牛肉と大根の塩煮献立

謎の体調不良事件(?)の余波で、晩酌献立のストックがダブついております。

たった3日で体重マイナス4kg、ウエストマイナス4cm。

よって、こちらは少し前の晩酌風景。

過去の食記録を眺めていると、固形物が食べられて、酒まで飲めるのはなんと幸せなことなのかと涙せずにはおれません。

牛肉と大根の塩煮、れんこんと水菜のサラダで晩酌

牛肉と大根の塩煮献立

  • ぬか漬け
  • 焼きしいたけ
  • 水菜とれんこんのサラダ
  • 牛肉と大根の塩煮

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとキャベツの芯。THE・切れ端野菜処理コンビです。

焼きしいたけ

焼きしいたけ

フライパンで素焼きにしたしいたけをおろしポン酢で和えて、すだちを添えます。

水菜とれんこんのサラダ

水菜とれんこんのサラダ

薄切りにして酢水でさっとゆでたれんこんと、水にさらしてシャキッとさせた水菜をうまみオイルとレモン汁、しょうゆを合わせたドレッシングで和えます。

牛肉と大根の塩煮

牛肉と大根の塩煮

塩胡椒を揉み込んだ牛肉、酒、出汁昆布、水、白ねぎの青い部分、しょうがの薄切りを鍋に入れ火にかけ、アクを取りながら弱火で煮込みます。下ゆでしておいた大根と粒胡椒を加えさらに煮て、牛肉がほろりと柔らかくなったら完成。うつわに盛って、たっぷりのさらしねぎを乗せていただきます。

美味しそうな和牛の切り落とし肉が安くで売っていたのでコトコト煮込みたくなり、珍しく時間のかかるメニューになりました。切り落とし、といってもそこそこ厚みのある肉、シチュー用とかカレー用とされるようなやつですね。

昆布と牛肉から出る出汁に塩味をつけただけなので、限りなくシンプルではあるけれど、ホッとする味。白濁していないなんちゃってソルロンタンってところでしょうか。ねぎたっぷりが絶対美味しい。

焼酎でもよさそうな気がするけれど、このしいたけがどうにもねえ。ぷりっとねえ。

181108_ienomi_2

きのこ+柑橘って、なんでこんなにかわいいのかよ。焼きしいたけかわいさに引っ張られて熱燗を選択しました。

日本酒にあうおつまみレシピ

はて、本式ソルロンタンのレシピとは、と気になって調べてみると、さすがは白濁スープ。材料からして牛骨牛タン牛筋と大変ですね。これはなかなか家で作ろうとは思えない。その点、このスープは多少時間はかかるものの手間いらずで簡単です。

このまま薄味のスープをぐいぐい飲みながら食べるのはもちろん、キムチを入れたり、ご飯や麺を入れてしっかりお腹にたまる主菜にするのもよさそうです。

 




関連記事

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさは格別です。 高知の酒

記事を読む

かぶの味噌汁 ぬか漬け セロリの白和え にんじんしりしり

にんじんとツナの卵炒め、セロリの白和え献立。

毎度ぬか漬けでお世話になっているにんじんですが、たまに山盛り食べたくなります。 しかし

記事を読む

塩豚ときのこの黒酢スープ

塩豚ときのこの黒酢スープ、キャベツの辛み蒸し献立。

今宵の献立をありあわせの材料で間に合わせるという行為は、家庭料理、中でも一人晩酌においては中

記事を読む

豚と白菜の重ね蒸し他全5品の献立。

台風一過。 風の強い一日でした。 やっぱり昨夜の頭痛は低気圧によるものだったよう

記事を読む

鯛のあら炊き

鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭、というとなんだか贅沢な感じが

記事を読む

麻布十番PIZZA STRADA

一人で酒を飲むならば 一人飲みの店選び ’18SS。

久しぶりに昼から泡をざぶざぶ飲もうよ。この季節、やっぱりテラス席がいいよねえ。 友人か

記事を読む

油揚げと豆苗の卵とじ

油揚げと豆苗の卵とじ、えのきとしょうがのスープ献立。

子供の頃、たまご丼が大好きでした。 親子丼でも他人丼でもなく、たまご丼。といってもはた

記事を読む

ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 深夜便を利用したおかげで、JR高松

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、豆腐とごぼうの煮もの献立。

おなじみ、蒸し鶏です。あたたかくなってくると、この手の冷菜メインの晩酌もアリですね。いつも

記事を読む

イカ焼き 献立

イカの黒七味焼き、トマトと大葉のサラダ。

焼きイカに縁のない人生を送ってきました。 お祭りの夜店では焼きイカだよね、という方も多

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

捨てたくなくて買わない人の夏の服。

古くなった定番衣類をちょこまか入れ替えた後、服を買わない生活

手羽元とキャベツのスパイス焼き献立
汎用性の高い、中東の香り。

味付けは塩胡椒でなんとかできると思っているものですから、ハー

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

→もっと見る

PAGE TOP ↑