牛肉と大根の塩煮、れんこんと水菜のサラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2018/12/02 家飯, 食べること ,

牛肉と大根の塩煮献立

謎の体調不良事件(?)の余波で、晩酌献立のストックがダブついております。

たった3日で体重マイナス4kg、ウエストマイナス4cm。

よって、こちらは少し前の晩酌風景。

過去の食記録を眺めていると、固形物が食べられて、酒まで飲めるのはなんと幸せなことなのかと涙せずにはおれません。

牛肉と大根の塩煮、れんこんと水菜のサラダで晩酌

牛肉と大根の塩煮献立

  • ぬか漬け
  • 焼きしいたけ
  • 水菜とれんこんのサラダ
  • 牛肉と大根の塩煮

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんとキャベツの芯。THE・切れ端野菜処理コンビです。

焼きしいたけ

焼きしいたけ

フライパンで素焼きにしたしいたけをおろしポン酢で和えて、すだちを添えます。

水菜とれんこんのサラダ

水菜とれんこんのサラダ

薄切りにして酢水でさっとゆでたれんこんと、水にさらしてシャキッとさせた水菜をうまみオイルとレモン汁、しょうゆを合わせたドレッシングで和えます。

牛肉と大根の塩煮

牛肉と大根の塩煮

塩胡椒を揉み込んだ牛肉、酒、出汁昆布、水、白ねぎの青い部分、しょうがの薄切りを鍋に入れ火にかけ、アクを取りながら弱火で煮込みます。下ゆでしておいた大根と粒胡椒を加えさらに煮て、牛肉がほろりと柔らかくなったら完成。うつわに盛って、たっぷりのさらしねぎを乗せていただきます。

美味しそうな和牛の切り落とし肉が安くで売っていたのでコトコト煮込みたくなり、珍しく時間のかかるメニューになりました。切り落とし、といってもそこそこ厚みのある肉、シチュー用とかカレー用とされるようなやつですね。

昆布と牛肉から出る出汁に塩味をつけただけなので、限りなくシンプルではあるけれど、ホッとする味。白濁していないなんちゃってソルロンタンってところでしょうか。ねぎたっぷりが絶対美味しい。

焼酎でもよさそうな気がするけれど、このしいたけがどうにもねえ。ぷりっとねえ。

181108_ienomi_2

きのこ+柑橘って、なんでこんなにかわいいのかよ。焼きしいたけかわいさに引っ張られて熱燗を選択しました。

日本酒にあうおつまみレシピ

はて、本式ソルロンタンのレシピとは、と気になって調べてみると、さすがは白濁スープ。材料からして牛骨牛タン牛筋と大変ですね。これはなかなか家で作ろうとは思えない。その点、このスープは多少時間はかかるものの手間いらずで簡単です。

このまま薄味のスープをぐいぐい飲みながら食べるのはもちろん、キムチを入れたり、ご飯や麺を入れてしっかりお腹にたまる主菜にするのもよさそうです。

 




関連記事

青梗菜塩炒め

青梗菜の塩炒め、にら納豆献立。

ずいぶん昔に、青梗菜に凝ったことがありました。 おそらく中華料理店で食べた青梗菜炒めが

記事を読む

さつまいものにんにく焼き

さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活を送っているもので、季節の変わ

記事を読む

栃木の酒 益子高館山 権現で晩酌 秋鮭の蒸し焼きおろしポン酢、水戸納豆。

順調に歩を進めている酒の旅。 旅、と言っても毎回いろんな土地の酒を選んで呑む、というだ

記事を読む

鯛のかぶと煮晩酌

鯛のかぶと煮、手羽味噌汁献立。

魚のあらを見つけると手に取らずにはいられない癖、健在です。しかもこの日はご立派な鯛のお頭が

記事を読む

卵ときくらげの炒めもの

きくらげと卵のしょうゆ炒め、うるいとツナの和えもの献立。

ここ数年できくらげと親密になりました。 昔は殆ど使ったことがなかったきくらげ、乾物で賞

記事を読む

一人暮らしの夜ご飯 8/9 塩豚のソテー。

あれっ?なんで?というような涼しい1日でしたね。 エアコンが苦手なので助かります。 が、西側

記事を読む

塩漬け手羽焼き、水出し煮干し出汁のわかめ煮で晩酌。

とても好きな和食の店があるのですが、住まいから遠いので近頃はなかなか行けていません。

記事を読む

かぼちゃのすっぱいスープ

蕪の葉のしらす炒め、かぼちゃと豆腐のスープ。

酷い雨です。 みなさま十分にお気をつけくださいませ。 こちらはといえば大きな被害

記事を読む

蕎麦に銘酒野饗

石神井公園 野饗でひとり昼酒、蕎麦屋酒。東京散歩・練馬区

練馬散歩の続きです。 関連 石神井公園 照姫にスワンボートとラクウショウ 関連 飲食店での撮

記事を読む

40代1人暮らしの晩ご飯 カラフルな食卓。

葉野菜が好きなもので、普段はどうしても緑の多い食卓になってしまいます。 が、今夜は違う

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑