豚バラともやしの蒸ししゃぶ、小松菜のナムル献立。

公開日: : 家飯, 食べること

豚バラともやしの蒸ししゃぶ

大きな口を開けて、もやしをわしわしかき込みたい。

そんな抑えがたい欲望が湧き上がった日のおかずにぴったりなのが蒸ししゃぶですね。

簡単に出来るし、もやし1袋も使えばその嵩高さから見た目の満足度も高くなる。さらに、経済的でもある。

ああ、かわいいもやし。できることなら一生に一度くらいは、ひげ根を取って調理してやりたいものです。

豚バラともやしの蒸ししゃぶ、小松菜のナムルで晩酌

180816_ienomi_8

  • えのきの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 小松菜のナムル
  • 豚バラともやしの蒸ししゃぶ

えのきの味噌汁

えのきの味噌汁

えのきと油揚げの入った白い味噌汁。出汁はえのきのゆで汁と昆布のダブル出汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは大根とにんじんの紅白コンビ。

小松菜のナムル

小松菜のナムル

ゆでた小松菜を適当な長さに切り、ねぎのみじん切り、ごま、塩、胡椒、ごま油で和えます。

豚バラともやしの蒸ししゃぶ

豚バラともやしの蒸ししゃぶ

もやしをフライパンに入れた上に塩で下味をつけた豚バラ薄切り肉を広げて並べ、酒をまわしかけたら蓋をして火にかけます。豚肉の色が変わったら細切りにした白ねぎを加えさっと蒸して完成。黒七味を振って、ポン酢でいただきます。

もやしをモリモリと食べる健康的かつ経済的な晩酌。山盛りもやしに豚バラちょびっとだから、腹一杯になってもまるで罪悪感のないこの清々しさはどうでしょう。この手のおかずは日本酒でも、ビールでも、そしてご飯のお供にもよいですね。

日本酒にあうおつまみレシピ

ひげ根、取ったほうが美味しいんですよね、きっと。

炒めものほどではないかもしれないけれど、この蒸ししゃぶだって、ひげ根がないほうがすっきりした味わいになるに決まってる。でもなあ、取れないんだよなあ。

だって、もやしはひげ根にこそ栄養価があるんでしょう?それを見た目のよさと美味しさのために取り除いてしまうなんて野菜を摂取する目的が達成されないような気が…というのはもちろん大嘘で、単に面倒だからです。何度かひげ根除去にチャレンジしかけたことはありますが、最初の数本で確実に諦めます。1袋なんて、無理です。

少々もやし臭さが際立ちますが、十分旨いしね、ひげありもやしもね。

 




関連記事

あじの煮付け献立とレシピ

あじの梅煮、ごぼうとにんじんの塩きんぴら献立。

鰺、あじ、アジ。 鮮魚売り場にて鯵と遭遇し、そういや以外と使用頻度が低いなと考える。過

記事を読む

ニラの卵炒め献立

にらの卵炒め、蕗味噌献立。

どちらかといえば苦手な部類に入ると思い込んでいたふきのとう。2年前、久しぶりに作った蕗味噌が

記事を読む

蕪のミルク煮

蕪と鮭のミルク煮と白ワインで家飲み。

好きなのでついつい手出しするけれど一束5つとかになると消費しきるまで結構手強い存在である蕪。

記事を読む

さばの味噌汁、ピーマンと卵の炒めもの献立

さばの味噌汁、ピーマンと卵の炒めもの献立

残りもののあいこちゃんを、味噌汁にしていただきます。味噌汁に鯖...。うへぇ、と一瞬怯みそ

記事を読む

蒸し鶏のねぎソース

蒸し鶏のねぎソース、蒸し白菜おろし和え献立。

古より受け継がれし論争といえば、一人暮らしで自炊をする意味があるのか問題。 十数年前ま

記事を読む

家飲み献立 11/24 白菜と豚の重ね蒸し、南瓜の塩煮他全5品で晩酌。

3連休最終日ですね。みなさん秋の休日を満喫されましたか? フリーランスの私はあまりカレ

記事を読む

こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩酌ネタをここらで投下します。

記事を読む

油揚げと葱のしょうが炒め

家飲み献立 2/3 春雨入り白菜とツナのあっさり煮、油揚げと葱のしょうが炒め。

  2月3日は節分でしたね。 帰りにいつものスーパーに寄ってびっくり。

記事を読む

鯖水煮缶 献立

家飲み献立 5/27 鯖と玉ねぎのサラダ、小松菜のオイル蒸し。

毎晩食事の時にはさー、ビールだ!と冷たく冷やしたヤツをぷしゅっと開けるのが日課なのですが、こ

記事を読む

家飲み献立 10/12 秋刀魚のアヒージョと白ワイン。

昨夜はやや肌寒く、そして帰りが遅くなってしまったので簡単にスープでも…と思ったのですがいい材

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑