肉団子鍋で家飲み。

公開日: : 家飯, 食べること ,

肉団子鍋

この冬の家晩酌は鍋もの率がやや低めだったような気がします。おそらく、理由はふたつ。帰省時の鍋もの連打と、葉野菜の価格高騰問題。

天然淡路島の漁師のおさかなしゃぶしゃぶで贅沢晩酌。

複数人数で食べるならともかく、一人鍋に高級食材(白菜)を使うのにためらってしまうこの小者感が切ない。

切ないながらにそろそろ価格も落ち着いてきたようなので、ここらで鍋納めでもしときましょうかね。寒いしね。

肉団子鍋で晩酌

肉団子鍋

  • しめじと三つ葉の和えもの
  • 肉団子鍋

しめじと三つ葉の和えもの

しめじと三つ葉のおひたし

鍋の箸休めは茹でたしめじと三つ葉をポン酢で和えたもの。

肉団子鍋

肉団子鍋

豚ひき肉に塩と胡椒を入れよく練り、ねぎのみじん切り、酒、片栗粉を加え混ぜて団子状にまとめます。塩、みりん、しょうゆで味付けした出汁で肉団子と油揚げを煮たら、白菜、ねぎを順に入れ、最後に戻しておいた春雨を加えたら完成。

肉団子鍋は通常鶏ひき肉を使うのだけど、たまたま手に入らず、しかし肉団子欲は収まらず。で、珍しく豚ひき肉で肉団子と相成りました。薄味に仕上げた出汁をぐいぐい飲みつつの熱燗に小者も大満足、春雨も入ってお腹にもたまります。

家飲みブログ

しかしなんという鍋料理らしからぬ写真でしょうか。

かれこれ15年くらい使っているこの土鍋。小さめサイズではあるけれど、決して一人鍋向けのサイズではない。と、気付いたのは、晩酌記録をつけるようになってからでした。この鍋に見合う分量を作ったら、多すぎて、腹にちょうどいい量で作ったらご覧の通り、なんか貧相。

次に買い換えるならばもうちょい小さいサイズにするかな。土鍋ってのも選び方がなかなか難しいもんですな。

そういや以前土楽の黒鍋を使っていたことがあって、すごくいい鍋だけど用途によってはちょっと浅さが気になるなあ、なんて思っていた。でも、今となってはあれくらい浅いほうがいいのかもしれない。

などと言いながらも、割れない限りは今の鍋に頑張ってもらうつもりです。

 




関連記事

鶏レバーのしっとり煮。

人間、歳を取ると食の好みが変わるといいます。確かに幼少の頃に好んだ料理を40歳過ぎても食べ続

記事を読む

新橋 花れん

新橋「花れん」で1人焼肉。1人飲みに適した店の特徴は。

By: Wagner T. Cassimiro "Aranha"[/caption] 新潟で

記事を読む

ねぎ卵丼献立

休肝日ごはん 玉ねぎとじゃがいもとわかめの味噌汁、ねぎ卵丼献立。

味噌汁とごはんメインの晩ご飯「普通においしい」献立シリーズ。 早いもので今回で最後です

記事を読む

晩酌 おつまみ

1人暮らしの家飲みメニュー オクラ豆腐、青梗菜のオイル蒸し。

豚とか鶏とか肉料理の割合が多い我が家の家飲み献立。 肉好きだから、ということもあるので

記事を読む

生ラディッシュ

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関す

記事を読む

白菜とツナの煮もの

かぶの酒粕味噌汁、白菜とツナの煮もの

この冬は、白菜を食べまくってますなあ。柚子手羽白菜、もずく納豆献立白菜が驚きのお買い得価格

記事を読む

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め献立

ホタルイカと新じゃがの蒸し炒め、春キャベツのおひたし献立。

そうそう、ホタルイカも早いとこ食べておかなくては間に合わなくなるね、ということで、捕獲。

記事を読む

家飲み献立

キャベツとささみのしょうがダレ、きくらげと白葱の和え物。

あれ? 2日間殆ど同じ献立になってる...。 と、作っている最中に気付きました。

記事を読む

青菜と豚肉のからし和え

豚肉と青菜のからし和え、焼きししとう献立。

はいみなさん、お写真撮りますから並んで並んで。 という段階になって、ああまた緑だらけの

記事を読む

きのことぬか漬けのパスタ

きのことぬか漬けのスパゲティ、白菜のサラダ献立。

久しぶりにパスタで夕食。そして珍しく、ノンアルコールです。 普段夜ご飯としてパスタ系を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

一人暮らしのしょうもない夏休み

そりゃそういう時期ですけど何も本気で毎日降らなくてもいいんじ

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑