ワインで家飲み 9/29 アッシパルマンティエ、パプリカのマリネ。

公開日: : 最終更新日:2015/09/28 シェアハウスで料理, 家飯, 食べること




140929d47

いやあ、いい天気でしたね。

暦の上ではもう秋。

とはわかっているんですが、青空と陽気に誘われたふりをして、今日もギョサンを履いてしまいました…。

というわけで、今夜は泡をプシュっと。

 

今夜の家飲みメニュー

140929d5

  • パプリカのマリネ
  • フレッシュオリーブ
  • 生ハム
  • 塩キノコとフレッシュバジルの和え物
  • アッシパルマンティエ

アンティパスト3品

140929d3

先日の作りおきのパプリカマリネと生ハム、生オリーブ。
ハムとオリーブは箱買いしたワインに付いてきたもの。本来おまけの品は好きじゃないんだけど、酒肴は別腹ということで、美味しく頂きました。生ハムはしっかり熟成されたものではないですが、泡のお供になる味わい。

塩キノコとフレッシュバジルの和え物

140929d6

鍋に洗ったシメジを入れて柔らかく蒸したものを塩、バジル、レモン汁で和えました。ホントはトマトサラダにしようと思ってたんだけど、もうすっかり秋。トマトはあまりにも高かった…。

アッシパルマンティエ

140929d2

前回の残りを器に盛って焼いただけ。今回のほうがミートソース多めかも。

タネを作っておけばあとは盛るだけ焼くだけで楽しめるアッシパルマンティエはワイン好きにおすすめのメニュー。これから寒くなると、こんなほっくり温かいグラタンが恋ししくなりますね。この冬の定番として何回も作りたいお気に入りメニューになりました。あ、泡の後に当然赤も飲みましたよ、ふふふ。

…アンティパストに、泡はカヴァ、メインとワインがフランス、と国籍バラバラな感じですが、まあざっくりヨーロッパ方面ということで何卒。

 




関連記事

東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

さて、またまた移動です。 行き先はまたまた関西方面です。 なんだかんだと言いながらも

記事を読む

塩つくねと生ピーマン

塩つくねと生ピーマン、三つ葉とえのきの梅おひたし献立。

焼いてよし、炒めてよし、和えてよし。苦くてニクいピーマン。 本日は、生で食べます。

記事を読む

家飲み献立 10/30 半干しキャベツの煮込みとワインで晩ごはん。

夜、外から帰って来た時が一番寒く感じるこの部屋。 外気より室内が寒いって、何が原因なんでし

記事を読む

休肝日のメニュー

抜歯で休肝日の晩ご飯 餃子入り野菜スープとぬか漬け。

以前も何度か休肝日のメニューについて書いたことがありました。 関連 休肝日の鶏出汁こん

記事を読む

小松菜の煮浸し、セロリの卵炒め献立。

週末はワインを呑んでいました。 が、今日は通常モードの和食体制です。 なんか野菜

記事を読む

トマトの卵炒め献立

トマトと卵の炒めもの、青梗菜のしょうがスープ献立。

霧雨が降っているし、なんとなく肌寒いからスープでも投入しますかね。 そんな風に感じた火曜日

記事を読む

鶏もも肉のパリパリ焼き献立

鶏もも肉のパリパリ焼き、ほうれん草ときのこのゆずびたし献立。

鶏肉の皮って美味しいけどちょっと避けたいパーツでもあります。 茹でた時の皮ってぶるんと

記事を読む

こんにゃく麺レシピ 肌寒い日の鶏塩そば。

なんということでしょう。 まだ8月だというのにこの寒さ。 ここ数年、残暑ギラギラ

記事を読む

水菜のレシピと献立

水菜と油揚げの煮びたし、新玉ねぎとツナの塩昆布和え。

こいつらに任せておけば、必ずなんとかしてくれるだろう。 上司からの期待を一身に担う黄金

記事を読む

秋刀魚のしょうが蒸し

秋刀魚のしょうが蒸し、キャベツと蒸し鶏の梅わさび和え献立。

さんま、サンマ、秋刀魚の季節になりました。 今年は豊漁という耳寄りなニュースがあった途

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ヤーコンとにんじん、こんにゃくのきんぴら献立
ヤーコンとこんにゃくのきんぴら、ちぢみほうれん草のおろし和え献立。

茶色いさつまいも、といったビジュアルの野菜、ヤーコン。この度初めて入

自らの手で変化を起こすのが、ひどく怖い。

かねてより気になりつつも放置状態であった、本ブログのWordPre

春の大試着会、インナー1枚で広がる着こなしの可能性。

先日のクローゼット一掃であれこれ処分したこともあり、インナーと

小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。
小松菜オイル蒸し、梅えのき納豆献立。

納豆が品薄状態になった時期があったとかなかったとか聞きました。

苦手意識がある方が、結局上手くなる理由。

自分の中に専門的な知識が溜まっていない分野について書かねばなら

→もっと見る

PAGE TOP ↑