キャベツ入り卵焼き、なすとねぎのサラダ献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

キャベツ入り卵焼き献立

関西人らしくお好み焼きが好きなのですが、家では作りません。

春日野道 お好み焼き「えみちゃん」暫定1位店は神戸にあり。

作りません、というか、作ったことがないかもしれない。お好み焼きは外で食べる料理。もちろんお店では自分で焼いたりはせず、お店の人に焼いてもらう。

私の中でのお好み焼きは、プロの料理であって、家庭料理ではないのです。

キャベツ入り卵焼き、なすとねぎのサラダで晩酌

キャベツ入り卵焼き、なすとねぎのサラダ

  • マッシュルームとベーコンのスープ
  • ぬか漬け
  • なすとねぎのサラダ
  • キャベツ入り卵焼き

マッシュルームとベーコンのスープ

マッシュルームとベーコンのスープ

鍋にオリーブオイルをひいてベーコンと玉ねぎを炒め、半分に切ったホワイトマッシュルームを加えて水を注ぎ煮込みます。塩、故障で味を整えてパセリのみじん切りを散らします。

なすとねぎのサラダ

なすとねぎのサラダ

細切りにして蒸したなすとねぎをナンプラー、レモン汁、唐辛子で和えたサラダ。

キャベツ入り卵焼き

キャベツ入り卵焼き

千切りのキャベツと割りほぐした卵、塩を混ぜ合わせます。油を引いたフライパンに流し入れ、軽くかき混ぜてから弱めの火で両面軽く焼き目がつく程度に焼いたら完成。

卵にキャベツを入れるというよりは、キャベツの千切りに卵がなんとなく絡んでいるという割合、つまりキャベツたっぷり配合です。こんなのでまとまるのかしらと思うけど、案外まとまるものなのです。このまま食べてもよし、ソースやマヨネーズでお好み焼き的アプローチにて楽しむもよし。そして今日もまたビール買い忘れにつき焼酎ソーダ割りを添えたのでした。

おつまみレシピブログ

キャベツと卵。これほど庶民の生活に馴染むペアもそうそうあるまい、と言いたくなる組み合わせであります。同じくフライパンを使う調理でも卵炒めとなるとまた意味合いが違ってくるし、卵とじという手もあるし、それぞれゆでるという選択肢だって残されている。

この組み合わせじゃなくても、野菜1つとか2つ程度の少ない材料でできる料理ってシンプルなようで奥深く、無限の可能性を秘めているようなところがいいですね。もちろん普段からこんなことを考えて作っているわけではなくて、今思いつきで書いてるだけですし、今日は単純明快な残りもの一掃献立なわけですが、まあいいじゃないですか。

なんちゃってお好み焼き風卵焼きじゃなくて、ちゃんと美味しいお好み焼きが食べたい時には、外食します。

 




関連記事

鹿児島の酒 薩州 正宗 純米吟醸で晩酌 ぶりの粕汁、焼きさつま揚げ献立。

本体は現在常夏の島にて軟禁状態にありますが、まだUPしていなかった晩酌記録をこの辺りで投下し

記事を読む

ピーマンの塩きんぴら

ピーマンの塩きんぴら、空芯菜納豆で家飲み。

なんということでしょう。 本日はカレイの煮付けを中心に残り物ばかりで構築した食卓。ゆえ

記事を読む

鶏むね肉の梅おろし和え

鶏むね肉の梅おろし和え、ピーマンの焼きびたし献立。

食欲の落ちる夏にぴったりの、さっぱりとした鶏肉料理。 などとそれっぽい書き出しでスター

記事を読む

ジューシーきのこ 7/28 マッシュルームのガーリックソテー。

なーんか拍子抜けってくらい涼しい1日でしたね。 連日暑いと体が持たないので、束の間の休

記事を読む

野菜の黒酢炒め

野菜の黒酢炒め、オクラ納豆で晩酌。

この手の野菜炒めを作るのは珍しいかも。 野菜炒めは野菜がちょこちょこあまりがちな一人暮

記事を読む

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、ほうれん草のからし和え献立。

鶏肉とごぼうで、鶏ごぼう。ごぼうみたいな無骨な野菜と合わせるならばジューシーなもも肉のほうが

記事を読む

焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。

焼ききのこ、たことセロリのサラダ献立。

先日さんま用に調達したすだちが余っている。 さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立

記事を読む

サバ缶のトマト煮

鯖のトマト煮とバケットで白ワイン。

先日使ったサバ缶の残りをワインのお供にしました。 鯖水煮缶とスライス玉ねぎにオリーブオ

記事を読む

家飲み献立 10/6 さんまのワイン蒸しワタソース。

台風一過。 午後にはカラッと晴れた東京ですが、夜にはまた風が強くなりました。 明日は

記事を読む

家飲み献立 12/18 鯖のおろし和え、白菜の豆乳煮込み。

夕方、公共料金支払いのためにコンビニに寄りました。 以前はなんとなく毎日のように立ち寄

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ラード使用チャーハン
背徳感が、脂の魅力。

休肝日メニューは、炒めごはん率が高いですね。 ハムライ

一人暮らしのしょうもない夏休み

そりゃそういう時期ですけど何も本気で毎日降らなくてもいいんじ

ぶりと青菜の酒蒸し献立
たくさんあるよろこびと、持つことへの恐れ

実はこの日、売り場にはぶりカマもあったのです。 しかも

プロになれなかった私のプロフェッショナル。

学生時代のアルバイトを含めれば、すでに30年以上も働いている

オムレツ
ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。

→もっと見る

PAGE TOP ↑