青梗菜の塩炒め、にら納豆献立。

公開日: : 家飯, 食べること

青梗菜の塩炒め献立

ずいぶん昔に、青梗菜に凝ったことがありました。

おそらく中華料理店で食べた青梗菜炒めが旨かったとかそんな理由でハマったのでしょう。シャキッと色よく、素材のよさが前面に出た、しかし味付けはぼやけない青梗菜炒めはどう作るのだろうかと、試行錯誤した記憶があります。

で、結局どこにたどり着いたんだっけかなあ。

肝心なところが思い出せないあたり、究極の青梗菜炒めにたどり着くことなくブームは終焉したのだと思われます。なんて浅いブームなんだ。

青梗菜の塩炒め、にら納豆で晩酌

青梗菜の塩炒め献立

  • 三つ葉と揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • にら納豆
  • 青梗菜塩炒め

三つ葉と揚げの味噌汁

三つ葉と揚げの味噌汁

油揚げと三つ葉の味噌汁、出汁はいりこ。三つ葉は味噌を溶き入れてから加え、すぐにうつわに盛ります。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはピーマン、大根、にんじんの三色トリオ。

にら納豆

にら納豆

付属のタレで和えた納豆とゆでてめんつゆにひたしたにらをうつわに盛り、からしをのせます。

青梗菜塩炒め

青梗菜塩炒め

フライパンに油と千切りのしょうが、塩をひとつまみ入れ、四つ割にして長さを半分に切った青梗菜の茎部分を加えて炒めます。火が通ったら葉部分も加えてざっと炒め合わせから少量の鶏がらスープを加え、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけたら完成。

塩味でただ炒めるだけの料理だけれど、シャキッと仕上げた葉野菜の炒めものは十分メインを張れる存在感。中国野菜の代表格みたいな青梗菜に日本酒を合わせるとはこれいかに、ですが、単に日本酒しかストックがなかったのです。

日本酒にあうおつまみレシピ

なんらかの技術を取得するには日々の反復練習が効果的ですが、家庭料理に関しては毎日同じものを作り続けるのは難しい。いや、作るのは問題ないんだけど、食べるのがね。ステーキを上手に焼けるようになりたいからって毎日毎日ステーキ焼いて食べ続けるのは苦しいのであまり現実的ではない。

これだけ何年も料理を作り続けていても、メニュー特化の調理技術が上がらないのは、短期間の繰り返しによる試行錯誤が足りないせいなのでしょう。毎度スパイスの調合を変えながらマイカレーを極めるとか、毎日卵焼きを焼き続けてベストタイミングを見極める目を養う、みたいなトレーニング全然してないし。

その点、今日みたいな野菜一品炒めとか、蒸しものあたりなら、毎日続けてもそう負担にならない気はするが、やってもやりっぱなしでは忘れてしまうので意味がないんだった。と、遠い昔の青梗菜ブームを思うのであった。

 




関連記事

豚肉の肉吸い

肉吸い、おかひじきと干しえびの和えもので晩酌。

肉吸い、という食べものをご存知でしょうか。平たく言えば肉うどんのうどんぬきスープ。蕎麦屋にお

記事を読む

豚とごぼうの柳川煮

豚とごぼうの柳川煮、蕪の梅和えで晩酌。

最近ごぼうを食べてなかったなあ。 ごぼう、好きなんだけどキャベツやら白菜やら大根やらと

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 7/31 暑い日。辛いヤムウンセンとビール。

今って真夏?真夏なの?   久しぶりに迎える日本の夏。 東南アジア各国のほうが過ご

記事を読む

手羽元のレモン煮献立

手羽元のレモン煮、水菜とにんじんのサラダで白ワイン。

近頃、ワインを飲む日のメインはめっきりサラダです。 生ハムとマッシュルームのバケットグ

記事を読む

喜楽長辛口純米吟醸

滋賀の酒 喜楽長辛口純米吟醸で家飲み 油揚げの甘辛煮、豚肉の梅しそ和え。

愛知が飛んでしまっていますが、滋賀の酒があったのでとりあえず近畿へ突入。 関連 勝手に

記事を読む

トマトと牛肉のしょうゆ炒め

トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和え献立。

美味しいトマトはそのまま食べればいいじゃない。 そう思いつつ、炒めてしまいました。ただ

記事を読む

蒸ししゃぶ献立

蒸ししゃぶ、焼き甘長献立。

引越しして以前より調理環境が良くなりました。冷蔵庫も大きくなったので、冷凍だってできちゃうん

記事を読む

焼き蕪の柚子胡椒和え

一人家飲みつまみ 蒸し鶏のねぎソース、焼き蕪柚子胡椒和えで晩酌。

先週は肉抜きウィークだったので、休肝日明けは肉です。 肉、といっても鶏むね肉ですが。

記事を読む

茄子とトマトのバジル炒め

茄子とトマトのバジル炒め、キャベツの生姜醤油和え。

絶賛粗食生活満喫中、及び必要最低限の調味料しか持たない、さらに普通の食材を使う、がモットーの

記事を読む

澤乃井純米大辛口

東京の酒 澤乃井 純米大辛口で晩酌 しめじと春雨の甘辛炒め、さつまいものチーズ和え。

酒は好きですが、あれこれ飲み比べたり、銘柄にこだわったりするタイプではありません。 ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

干しキャベツのロールキャベツ
寒空に野菜を干す。

久しぶりに、ベランダでキャベツを干しました。以前はちょくちょ

80代ミニマリスト主婦の幸せのかたち。

昭和10年代生まれの老夫婦にしては珍しく、ものの少ないすっき

→もっと見る

PAGE TOP ↑