熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花で晩酌 茹でえび和風タルタルソース。

熊本の酒 花の香

またどこかで行き詰まるかしら、と考えつつ南下しています。何しろ、残る地域が少なくなってきたもので。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

そして九州はどうにも焼酎のイメージが強く、日本酒より焼酎のほうが見つかりやすいのではという予感もあったのです。鹿児島とか。

焼酎を混ぜてもいいような気もするけれど、せっかくここまできたら日本酒縛りで最後まで参りましょう。

熊本の酒 花の香 菊花

花の香 純米吟醸 菊花

九州地方は焼酎の印象が強い、という非常にぼんやりした意見をいつもの酒屋の店主に伝えてみたところ、そんなことはないと一喝される。

できれば四合瓶が欲しいとお願いしたところ勧められたのは熊本の酒、花の香。ピンク色のラベルの純米大吟醸・桜花と黄色のラベルの純米吟醸・菊花が揃っており、悩んだ末に菊を選択。

ところでこのやり取りの時に私は四合瓶のことを「よんごうびん」店主は「しごうびん」とそれぞれ呼んでおりました。今まであまり気にしたことがなかったけれど、調べてみるとどちらも普通に使われているようです。店内にいたメーカー営業らしき人物も「しごうびん」と言っていたので、業界では「しごうびん」呼びがメジャーなのかも。ただし「シゴ」という音の響きがアレなので、この呼び方を控える場面もあるようです。

話を熊本の酒に戻して。

関連 花の香酒造の歴史(花の香酒造)

「花の香」ってブランド名かと思っていたら、会社名だった。元は神田酒造としてスタートしたこの蔵、平成に入ってからブランド名である「花の香」を社名としたようです。花の香ってまたえらくストレートなネーミングですが、春になると近隣で咲き誇る梅の花の香りが蔵の中まで入ってくるゆえに生まれた名前なんですって。あら素敵。

早速冷やしたところを一口。ふわっと香り、やや甘い。
九州に入ってなんだか甘め路線が続いておりますが、最後のキレの良さはいい感じ。そしてこれを飲んではっきり気付いたのは、前より吟醸酒が好きになっている自分がいること。食事しながら飲むならば吟醸香は邪魔になりかねないわ、などと思っていた頃もあったのだけど、最近はあってもいい、むしろあるほうが、などと感じる時もある。

冷えた状態が旨い、今の季節だから余計かな。

1本飲み切ってから次に進むルールを厳守しているゆえに酒の個性と料理を合わせるところまではなかなか到達できないけれど、ツアー終了後も好んで吟醸酒を飲みそうだなあ。

3年でなんと製造量10倍という驚異のスピードで急成長している花の香。大きな投資に恐怖で足が震えたと話す6代目社長のインタビューを読み、見知らぬ私もなぜか震えました。なんという決断力、今後も目が離せませんね。

熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花

蔵元  株式会社 花の香(熊本県・玉名郡和泉町)
種類  純米吟醸
精米歩合  60% (レイホウ)
日本酒度  –
酸度  –
アルコール度  16度

茹でえび和風タルタルソース、ゴーヤの塩昆布和え献立

茹でえび和風タルタルソース、ゴーヤの塩昆布和え献立

  • 焼きなすの味噌汁
  • きゅうりの梅和え
  • 三つ葉奴
  • ゴーヤの塩昆布和え
  • 茹でえびの和風タルタルソース

焼きなすの味噌汁

焼きなすの味噌汁

かつおと昆布の出汁に焼きなすを入れたシンプルな味噌汁。

きゅうりの梅和え

きゅうりの梅和え

叩き割ったきゅうりを刻んで酒で伸ばした梅肉で和えたもの。

三つ葉奴

三つ葉奴

木綿豆腐に刻んだ三つ葉をどっさりのせて、粗塩とごま油で味付け。

ゴーヤの塩昆布和え

ゴーヤの塩昆布和え

ワタを除いて薄切りにしたゴーヤを塩もみしてよく絞り、すりゴマ、塩昆布、酢、ごま油で和えたもの。

茹でえびの和風タルタルソース

茹でえび和風タルタルソース

えびは片栗粉でもみ洗いし酒を加えた湯が沸騰したところに投入、火を止めそのまま放置し余熱で火を通します。ぬか漬け、玉ねぎ、ゆで卵を大葉をそれぞれみじん切りにし、マヨネーズ、辛子、塩、胡椒と合わせてざっくり混ぜたタルタルソースを添えます。使ったぬか漬けはきゅうり、なす、にんじん。

きゅうりなんてすぐにいい具合に漬かるのだけど、わざと放置していたのはタルタルソースにしたかったから。なんちゃってタルタルソースといえども、キュウリが入ればぐっとそれらしさが増す気がするのです。ぬか漬けの塩気、酸味によってベストな調味料割合は代わりますが、個人的にはマヨネーズ少なめの、あくまでも漬ものの酸味を主体とした食べるソース、みたいなイメージが良いかと思います。

おつまみレシピブログ

和風タルタルソースは狙い通りに旨かった。しかしフライならまだしも、茹でたえびとあわせるならばブロッコリーかなんかも入れてサラダにしてもよかったかと考える。本当は鮭を狙っていたんだけど、時期がね。もうちょっとしたらいい秋鮭が出てくるだろうし、その頃にまたタルタルしようかな。

 




関連記事

ネギ入り卵焼き献立

ねぎ入り卵焼き、かぶのゆず風味サラダ献立

サイズいろいろミックス卵を買ったんです。その中に、明らかに小さいサイズのものが2つ入ってお

記事を読む

豚肉と水菜のはりはり煮献立

豚肉と水菜のはりはり煮、たたきれんこんの酒粕味噌汁献立。

寒くなってきたので、そろそろ汁っぽいものが恋しくなってまいりました。 味噌汁とか、鍋も

記事を読む

蓮根と豚肉を使って一品

蓮根と豚肉の塩焼き、茹でキャベツの生姜だれ。

昨日は眠い眠いと散々言っていましたが、昨夜から今朝にかけてたっぷり眠ったので昨日の眠気をよう

記事を読む

じゃがいもとゆで卵の温サラダ

じゃがいもとゆで卵のサラダ、蒸しなすの梅和え献立。

先日赤ワインのお共にしようと珍しく袋入りのじゃがいもを購入。 よって、しばらくはじゃが

記事を読む

せせりの葱塩ダレ、もやしのからし和え。

あれ、なんか日が長くなってる...? 夕方外を歩いていてふと気がつきました。 そうい

記事を読む

焼きカラーにんじん

焼きカラーにんじん、あやめ雪のツナサラダ献立。

にんじん葉の話をしようと思っていたのに、つい脇道に逸れてしまった先日。 休肝日ごはん

記事を読む

砂ずりのガーリックソテー

砂肝のにんにく炒め、蕪の煮浸し。

いやー、春っぽい。 出掛けに上着はいらないかな、と思ったものの帰り寒いのがイヤで結局着

記事を読む

ヤムカイダーオ(目玉焼きのタイ風サラダ)

休肝日の晩御飯 ヤムカイダーオ。

順調に週一ペースで実施中の休肝日。 早めにご飯を食べて早めに寝たらお腹が空いて早朝目が

記事を読む

手羽元黒酢煮

手羽元黒酢煮、ピーマンの塩昆布和え献立。

先日久しぶりに黒酢を導入しまして。 関連 トマト黒酢酢豚、三つ葉ときのこのおひたし献立

記事を読む

魚に鶏に麺に芋 徳島で食べたもの 高速バスで行く徳島の旅 その5

神戸から高速バスで出かけた徳島の旅記録。最後は滞在中に行ったお店、食べたものをまとめます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑