熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花で晩酌 茹でえび和風タルタルソース。

熊本の酒 花の香

またどこかで行き詰まるかしら、と考えつつ南下しています。何しろ、残る地域が少なくなってきたもので。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

そして九州はどうにも焼酎のイメージが強く、日本酒より焼酎のほうが見つかりやすいのではという予感もあったのです。鹿児島とか。

焼酎を混ぜてもいいような気もするけれど、せっかくここまできたら日本酒縛りで最後まで参りましょう。

熊本の酒 花の香 菊花

花の香 純米吟醸 菊花

九州地方は焼酎の印象が強い、という非常にぼんやりした意見をいつもの酒屋の店主に伝えてみたところ、そんなことはないと一喝される。

できれば四合瓶が欲しいとお願いしたところ勧められたのは熊本の酒、花の香。ピンク色のラベルの純米大吟醸・桜花と黄色のラベルの純米吟醸・菊花が揃っており、悩んだ末に菊を選択。

ところでこのやり取りの時に私は四合瓶のことを「よんごうびん」店主は「しごうびん」とそれぞれ呼んでおりました。今まであまり気にしたことがなかったけれど、調べてみるとどちらも普通に使われているようです。店内にいたメーカー営業らしき人物も「しごうびん」と言っていたので、業界では「しごうびん」呼びがメジャーなのかも。ただし「シゴ」という音の響きがアレなので、この呼び方を控える場面もあるようです。

話を熊本の酒に戻して。

関連 花の香酒造の歴史(花の香酒造)

「花の香」ってブランド名かと思っていたら、会社名だった。元は神田酒造としてスタートしたこの蔵、平成に入ってからブランド名である「花の香」を社名としたようです。花の香ってまたえらくストレートなネーミングですが、春になると近隣で咲き誇る梅の花の香りが蔵の中まで入ってくるゆえに生まれた名前なんですって。あら素敵。

早速冷やしたところを一口。ふわっと香り、やや甘い。
九州に入ってなんだか甘め路線が続いておりますが、最後のキレの良さはいい感じ。そしてこれを飲んではっきり気付いたのは、前より吟醸酒が好きになっている自分がいること。食事しながら飲むならば吟醸香は邪魔になりかねないわ、などと思っていた頃もあったのだけど、最近はあってもいい、むしろあるほうが、などと感じる時もある。

冷えた状態が旨い、今の季節だから余計かな。

1本飲み切ってから次に進むルールを厳守しているゆえに酒の個性と料理を合わせるところまではなかなか到達できないけれど、ツアー終了後も好んで吟醸酒を飲みそうだなあ。

3年でなんと製造量10倍という驚異のスピードで急成長している花の香。大きな投資に恐怖で足が震えたと話す6代目社長のインタビューを読み、見知らぬ私もなぜか震えました。なんという決断力、今後も目が離せませんね。

熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花

蔵元  株式会社 花の香(熊本県・玉名郡和泉町)
種類  純米吟醸
精米歩合  60% (レイホウ)
日本酒度  –
酸度  –
アルコール度  16度

茹でえび和風タルタルソース、ゴーヤの塩昆布和え献立

茹でえび和風タルタルソース、ゴーヤの塩昆布和え献立

  • 焼きなすの味噌汁
  • きゅうりの梅和え
  • 三つ葉奴
  • ゴーヤの塩昆布和え
  • 茹でえびの和風タルタルソース

焼きなすの味噌汁

焼きなすの味噌汁

かつおと昆布の出汁に焼きなすを入れたシンプルな味噌汁。

きゅうりの梅和え

きゅうりの梅和え

叩き割ったきゅうりを刻んで酒で伸ばした梅肉で和えたもの。

三つ葉奴

三つ葉奴

木綿豆腐に刻んだ三つ葉をどっさりのせて、粗塩とごま油で味付け。

ゴーヤの塩昆布和え

ゴーヤの塩昆布和え

ワタを除いて薄切りにしたゴーヤを塩もみしてよく絞り、すりゴマ、塩昆布、酢、ごま油で和えたもの。

茹でえびの和風タルタルソース

茹でえび和風タルタルソース

えびは片栗粉でもみ洗いし酒を加えた湯が沸騰したところに投入、火を止めそのまま放置し余熱で火を通します。ぬか漬け、玉ねぎ、ゆで卵を大葉をそれぞれみじん切りにし、マヨネーズ、辛子、塩、胡椒と合わせてざっくり混ぜたタルタルソースを添えます。使ったぬか漬けはきゅうり、なす、にんじん。

きゅうりなんてすぐにいい具合に漬かるのだけど、わざと放置していたのはタルタルソースにしたかったから。なんちゃってタルタルソースといえども、キュウリが入ればぐっとそれらしさが増す気がするのです。ぬか漬けの塩気、酸味によってベストな調味料割合は代わりますが、個人的にはマヨネーズ少なめの、あくまでも漬ものの酸味を主体とした食べるソース、みたいなイメージが良いかと思います。

おつまみレシピブログ

和風タルタルソースは狙い通りに旨かった。しかしフライならまだしも、茹でたえびとあわせるならばブロッコリーかなんかも入れてサラダにしてもよかったかと考える。本当は鮭を狙っていたんだけど、時期がね。もうちょっとしたらいい秋鮭が出てくるだろうし、その頃にまたタルタルしようかな。

 




関連記事

ステーキ献立

牛ロースおろしステーキ、レタスと海苔のサラダ献立

ステーキといえば肉を焼いたものを指す。しかし私のステーキとは肉に限らずなにがしかの素材をフ

記事を読む

かぼちゃの塩煮、牛肉とレンコンのきんぴら他全5品。

TGIF! と言っても私はあまり曜日とは関係ない毎日を過ごしています。 が、それ

記事を読む

焼き白菜

焼き白菜、切り昆布の煮物で家飲み。

昨日白菜を買い求めたのは鍋にしようと思ったから、というのもありますが、漬物を仕込んでおきたか

記事を読む

鯛のかぶと煮献立

鯛のかぶと煮、きのこと梅のすまし汁献立。

習慣で日々の晩酌献立を撮影し、ちまちまと記録し続けております。 暮らしの定点観測のすす

記事を読む

芳水 純米カップ

徳島の酒 芳水 純米カップで晩酌 鮭とじゃがいものにんにく蒸し、ニラ納豆。

四国地方コンプリートです。 まさかの節酒宣言で雲行きが危ぶまれた日本酒ツアー、無事再開であ

記事を読む

大根だけレシピ 12/15 鯖とキャベツのしょうが蒸し、焼き大根。

誰かが風邪を引いている。 廊下を歩くとどこからか苦しそうに咳き込む声が聞こえてきます。

記事を読む

食べることは生きること。

とにかく、食い意地が張っています。 何故こんな風になったのか、今となっては原因を思い出せないの

記事を読む

静岡の酒 花の舞しぼりたて純米吟醸

静岡の酒 花の舞 特別純米しぼりたてで晩酌 豚肉のはりはり鍋。

日本各地の酒を家で飲むだけというお手軽でたのしいお遊びの時間がやってまいりました。 勝手に日本

記事を読む

にんじんしりしり献立

にんじんしりしり、豆苗の煮浸し献立。

麗しき粕汁週間。 粕汁さえあれば満足に飲めることが確実なので、毎度副菜が頼りなげになり

記事を読む

きくらげと豆苗の卵炒め

きくらげと豆苗の卵炒め、レタスと海苔のサラダで晩酌。

久しぶりに焼き海苔を買いました。 普通に好きな食材ではあるものの、近頃は白米をあまり食

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑