熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花で晩酌 茹でえび和風タルタルソース。

熊本の酒 花の香

またどこかで行き詰まるかしら、と考えつつ南下しています。何しろ、残る地域が少なくなってきたもので。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

そして九州はどうにも焼酎のイメージが強く、日本酒より焼酎のほうが見つかりやすいのではという予感もあったのです。鹿児島とか。

焼酎を混ぜてもいいような気もするけれど、せっかくここまできたら日本酒縛りで最後まで参りましょう。




熊本の酒 花の香 菊花

花の香 純米吟醸 菊花

九州地方は焼酎の印象が強い、という非常にぼんやりした意見をいつもの酒屋の店主に伝えてみたところ、そんなことはないと一喝される。

できれば四合瓶が欲しいとお願いしたところ勧められたのは熊本の酒、花の香。ピンク色のラベルの純米大吟醸・桜花と黄色のラベルの純米吟醸・菊花が揃っており、悩んだ末に菊を選択。

ところでこのやり取りの時に私は四合瓶のことを「よんごうびん」店主は「しごうびん」とそれぞれ呼んでおりました。今まであまり気にしたことがなかったけれど、調べてみるとどちらも普通に使われているようです。店内にいたメーカー営業らしき人物も「しごうびん」と言っていたので、業界では「しごうびん」呼びがメジャーなのかも。ただし「シゴ」という音の響きがアレなので、この呼び方を控える場面もあるようです。

話を熊本の酒に戻して。

関連 花の香酒造の歴史(花の香酒造)

「花の香」ってブランド名かと思っていたら、会社名だった。元は神田酒造としてスタートしたこの蔵、平成に入ってからブランド名である「花の香」を社名としたようです。花の香ってまたえらくストレートなネーミングですが、春になると近隣で咲き誇る梅の花の香りが蔵の中まで入ってくるゆえに生まれた名前なんですって。あら素敵。

早速冷やしたところを一口。ふわっと香り、やや甘い。
九州に入ってなんだか甘め路線が続いておりますが、最後のキレの良さはいい感じ。そしてこれを飲んではっきり気付いたのは、前より吟醸酒が好きになっている自分がいること。食事しながら飲むならば吟醸香は邪魔になりかねないわ、などと思っていた頃もあったのだけど、最近はあってもいい、むしろあるほうが、などと感じる時もある。

冷えた状態が旨い、今の季節だから余計かな。

1本飲み切ってから次に進むルールを厳守しているゆえに酒の個性と料理を合わせるところまではなかなか到達できないけれど、ツアー終了後も好んで吟醸酒を飲みそうだなあ。

3年でなんと製造量10倍という驚異のスピードで急成長している花の香。大きな投資に恐怖で足が震えたと話す6代目社長のインタビューを読み、見知らぬ私もなぜか震えました。なんという決断力、今後も目が離せませんね。

熊本の酒 花の香 純米吟醸 菊花

蔵元  株式会社 花の香(熊本県・玉名郡和泉町)
種類  純米吟醸
精米歩合  60% (レイホウ)
日本酒度  -
酸度  -
アルコール度  16度

茹でえび和風タルタルソース、ゴーヤの塩昆布和え献立

茹でえび和風タルタルソース、ゴーヤの塩昆布和え献立

  • 焼きなすの味噌汁
  • きゅうりの梅和え
  • 三つ葉奴
  • ゴーヤの塩昆布和え
  • 茹でえびの和風タルタルソース

焼きなすの味噌汁

焼きなすの味噌汁

かつおと昆布の出汁に焼きなすを入れたシンプルな味噌汁。

きゅうりの梅和え

きゅうりの梅和え

叩き割ったきゅうりを刻んで酒で伸ばした梅肉で和えたもの。

三つ葉奴

三つ葉奴

木綿豆腐に刻んだ三つ葉をどっさりのせて、粗塩とごま油で味付け。

ゴーヤの塩昆布和え

ゴーヤの塩昆布和え

ワタを除いて薄切りにしたゴーヤを塩もみしてよく絞り、すりゴマ、塩昆布、酢、ごま油で和えたもの。

茹でえびの和風タルタルソース

茹でえび和風タルタルソース

えびは片栗粉でもみ洗いし酒を加えた湯が沸騰したところに投入、火を止めそのまま放置し余熱で火を通します。ぬか漬け、玉ねぎ、ゆで卵を大葉をそれぞれみじん切りにし、マヨネーズ、辛子、塩、胡椒と合わせてざっくり混ぜたタルタルソースを添えます。使ったぬか漬けはきゅうり、なす、にんじん。

きゅうりなんてすぐにいい具合に漬かるのだけど、わざと放置していたのはタルタルソースにしたかったから。なんちゃってタルタルソースといえども、キュウリが入ればぐっとそれらしさが増す気がするのです。ぬか漬けの塩気、酸味によってベストな調味料割合は代わりますが、個人的にはマヨネーズ少なめの、あくまでも漬ものの酸味を主体とした食べるソース、みたいなイメージが良いかと思います。

おつまみレシピブログ

和風タルタルソースは狙い通りに旨かった。しかしフライならまだしも、茹でたえびとあわせるならばブロッコリーかなんかも入れてサラダにしてもよかったかと考える。本当は鮭を狙っていたんだけど、時期がね。もうちょっとしたらいい秋鮭が出てくるだろうし、その頃にまたタルタルしようかな。

 






関連記事

煮こごり

焼き油揚げの納豆のせ、煮こごり献立。

油揚げに納豆を詰め込むきつね納豆。ここではちょくちょく登場する定番つまみです。 きつね

記事を読む

160713ienomi_9

豚肉と大根の甘辛炒め煮、絹さや卵とじで晩酌。

和食といえば醤油と砂糖を使った甘辛いおかず、じゃないですか。 煮魚とか肉じゃがとか筑前

記事を読む

焼きなすとツナのおろし和え

焼きなすとツナのおろし和え、ゆでとうきび献立。

夏野菜連打の夏祭りです。 本日はなすをメインに据えました。 大きななすをたっぷり

記事を読む

きくらげと豆苗の卵炒め

きくらげと豆苗の卵炒め、レタスと海苔のサラダで晩酌。

久しぶりに焼き海苔を買いました。 普通に好きな食材ではあるものの、近頃は白米をあまり食

記事を読む

ikegami_lunchbox_22

台湾一周鉄道駅弁一人旅 その6. 池上駅 全美行 池上鐵路月台便當。

台湾を鉄道でぐるっと一周しながら各地の駅弁を堪能する旅もそろそろ終盤。 これまでは出発

記事を読む

160616ienomi_7

塩漬け手羽焼き、水出し煮干し出汁のわかめ煮で晩酌。

とても好きな和食の店があるのですが、住まいから遠いので近頃はなかなか行けていません。

記事を読む

sobamiso

上野藪そばにてひとり蕎麦屋酒を楽しむ。

蕎麦屋で呑むのが大好きで、いろんな店に出向きます。 そして基本的には昼間に行くのが好き。(写真

記事を読む

手羽先とキャベツのにんにく蒸し

家飲みメニュー 手羽先と春キャベツのにんにく蒸し、自家製切り干し大根。

ビールを呑もうかな、と思いました。 だってねえ、あんな陽気を持ってこられちゃうっかり気

記事を読む

いり焼き豆腐

いり焼き豆腐、蒸し鶏ネギだれ。

さて、夕食の準備でもするか。 という段階になってから急遽メニューを変更しました。

記事を読む

わかめと卵の炒めもの

わかめと卵の炒めもの、にら納豆献立。

本日反省すべきは、うつわの見極めが甘かった点。 メインを大皿に盛ったところ、予測より量

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

kobe_18aw
70代ミニマリスト主婦のファッション。

みんなのアイドル、70代ミニマリスト主婦。約8ヶ月ぶりの登場で

→もっと見る

PAGE TOP ↑