牛肉とししとうのしょうゆ炒め、セロリとにんじんのツナサラダ献立。

公開日: : 最終更新日:2017/08/05 家飯, 食べること ,

牛肉とししとうのしょうゆ炒め

2年前に行ったスペインで突然好物となったししとう。

関連 サンミゲル市場とバル・メソン巡り、チュロスにホットチョコレート マドリードで食べたもの。

正確にはししとう、ではないのだけど、さっと揚げて塩を振っただけのシンプルさがなんとも言えず美味で、以降家でも真似して食べるようになりました。

安く出ていたししとうを入手した本日。いつもの塩味でいくかそれとも、としばし思案した結果、牛肉と炒めることにしました。

牛肉とししとうのしょうゆ炒め、セロリとにんじんのツナサラダ献立

牛肉とししとうのしょうゆ炒め、セロリとにんじんのツナサラダ献立

  • 大根と油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • セロリとにんじんのツナサラダ
  • 牛肉とししとうのしょうゆ炒め

大根と油揚げの味噌汁

大根と油揚げの味噌汁

大根、油揚げ、ねぎが入ったいりこ出汁の味噌汁。ザ・定番。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじん、オクラ、大根。そろそろぬか床の塩分が薄くなってきたので水分を抜いて煎りぬかと塩を足しました。

セロリとにんじんのツナサラダ

セロリとにんじんのツナサラダ

薄く切ったセロリとにんじんを塩もみして、レモン汁、オルーブオイル、ツナで和えました。

牛肉とししとうのしょうゆ炒め

牛肉とししとうのしょうゆ炒め

塩で下味をつけた牛肉とししとうを、油を引いたフライパンで炒めます。油が回ったら荒く潰した粒胡椒と酒を入れ、最後にしょうゆをまわしかけ、ざっと炒め合わせたら完成。

材料ふたつのシンプルな炒めもの、粒胡椒の香りがいいアクセントになります。毎度炒めものは手がかかるとプリプリ言っている私でも、これくらいのお手軽さならチャチャッとできてうれしい。

おつまみレシピブログ

炒めものって専用の合わせ調味料なんかもあるし、鶏ガラスープとかオイスターソースとかいろんなものを入れて複雑な味にしたくなるけれど、しょうゆだけ、とか、塩だけ、の炒めものは素材の味が明確にわかるのでまた別の旨さがあるよね、と近頃は思うのです。

もちろん本格的な中華料理にチャレンジ!といった場面ならばそれらしき調味料やスパイスが必要になるけれど、あるもので適当に、だけどしっかり飲めるつまみを作るならば、しょうゆとか塩とか酒あたりがあればまあどうにでもなりますね。

そしてこういう簡単なものばかりを日々食べつけていると、手のかからない味付けがどんどん好きになってきて、料理がぐんぐんラクになるという謎のスパイラル。

いいのか悪いのかはよくわかりませんが、こういうもので飲む酒ってのも案外いけますよ。

 




関連記事

焼き厚揚げ

晩酌献立 焼き厚揚げ、白菜のサラダ。

先日油揚げの魅力について熱く語りましたが同様に厚揚げも大好きです。豆腐周りはヘルシー志向の味

記事を読む

ピーマンとじゃこの酒煎り

ピーマンとしらすの酒煎り、葱のナムル。 

カフェや電車の中でスマートフォンを凝視している人の姿が全く珍しくなくなった今日。 みん

記事を読む

澤乃井純米大辛口

東京の酒 澤乃井 純米大辛口で晩酌 しめじと春雨の甘辛炒め、さつまいものチーズ和え。

酒は好きですが、あれこれ飲み比べたり、銘柄にこだわったりするタイプではありません。 ま

記事を読む

トリュフソルトを使ったサラダ、アッシパルマンティエで赤ワイン。

先日焼いたアッシパルマンティエの「種」がもう1回分残っているのでさっさと食べてしまおう。

記事を読む

一人暮らしの夜ご飯 8/6 夏に嬉しい、火を使わないメニュー。

ふう。 全然降りませんねえ、東京。 各位、熱中症には十分お気をつけくださいませ。 今夜のメニュ

記事を読む

切り昆布と豚肉の炒め煮献立

切り昆布と豚肉の炒め煮献立、キャベツの梅和え献立。

ここしばらく、お久しぶり食材が続いているような気がする晩酌献立。 えびとかぼちゃのタル

記事を読む

キャベツと肉団子のスープ煮

キャベツと肉団子のスープ煮、にんじんの白和え献立。

立冬も過ぎ、そろそろ汁飲みの季節ですね。 汁飲み。それは、スープや鍋物など汁気の多い料

記事を読む

なすの葱ソース

蒸しなすの葱ソース、セロリ卵で晩酌。

なすって美味いですよねえ。 シーズン中は必ずといっていいほどぬか床にいれているので毎日

記事を読む

アンチョビブロッコリー献立

アンチョビブロッコリー、具沢山納豆献立。

ブロッコリーにアンチョビの組み合わせは白ワインの鉄板つまみですね。 が、今日は日本酒で

記事を読む

蕪のミルク煮

蕪と鮭のミルク煮と白ワインで家飲み。

好きなのでついつい手出しするけれど一束5つとかになると消費しきるまで結構手強い存在である蕪。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑