高知の酒 酔鯨 純米吟醸 なつくじら 原酒で晩酌 鰤とふだん草の酒蒸し、つけもの奴献立。

公開日: : 最終更新日:2017/07/23 家飯, 食べること ,

なつくじら

四国地方へやってまいりました。
と言っても既に愛媛は済んでいるので残るは3県。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

実は定休日だったご近所酒屋。試飲会イベントの準備をされていたからかそうとは気付かず入店してしまい恐縮しきり。途中で気がついたのだけれど迷惑をかけた上に手ぶらで出るよりはいくらかマシか、と、目当ての1本をいただいてそそくさと帰ったのでした。

不注意&厚かましくてすみません。以後気をつけます。

高知の酒 酔鯨 純米吟醸 なつくじら 原酒

酔鯨なつくじら純米吟醸

さっさと選んでさっさと帰らねば、と、高知の酒ですっきり辛口のヤツが欲しい、とお聞きすると

「高知の酒は比較的そういったタイプが多いですね」

とのお返事。ならばジャケ買いってことで酔鯨・なつくじらを選んだのですが。

参考 桂浜の風土が育んだ想いを込めて(Enjoy SAKE Life)

皿鉢料理とは海、山の素材を使い作ったお料理を一つのお皿に盛り付ける宴会料理の一つです。お刺身から天ぷらまで、大きなお皿に盛られたお料理に合わせてお酒を楽しみ、会話を楽しむというのが土佐の宴会です。こんな食文化、宴会文化がある土佐では、お酒の味わいは、自然と「お料理に合わせた味わい」、「お料理を引き立てる味わい」が求められます。

そうか、皿鉢料理ね。
確かに高知の酒が皿鉢料理を囲んでワイワイやるためのもの。となれば、料理の味を引き立てる主張しすぎないすっきりとした味わいの酒が多くなるのかもしれません。

実はわたくし、高知に親戚があるもので、幼少の頃から皿鉢料理にチャレンジする機会が多かったのです。が、当時は当然酒など飲まなかったし、生魚にもさほど興味がなかったので、大して嬉しいご馳走ではありませんでした。

ああもったいない。タイムスリップして代わりに食べたい。まあ今でも行こうと思えばいくらでもいけますけどね、高知くらい。次回はたらふく食べてやる。待ってろ皿鉢。

皿鉢料理にリベンジを誓いつつ一口。おっと、これはすぐ旨い。
日本酒っていろんな味わいがあるのは当然のこととして、口に含んだ途端にパアッと香りが広がるものとかファーストインプレッションは控えめだけど後からじんわり膨らんでくるものなどその個性はさまざま。このなつくじらは一口飲んですぐあ、旨い、と感じる素早さがありました。なんでだろう、香りのせいかしら?
主張し過ぎるでもなく、でもついつい進んでしまう厄介な味わい。こりゃいいね、結構気に入りました。

高知の酒 酔鯨 純米吟醸 なつくじら 原酒データ

蔵元  酔鯨酒造株式会社(高知県・高知市)
種類  純米吟醸
精米歩合  50% (吟風)
日本酒度  +6.5
酸度  1.7
アルコール度  17度

 

鰤とふだん草の酒蒸し、つけもの奴献立

ぶりとふだん草の酒蒸し献立

  • きのこの味噌汁
  • にんじんしりしり
  • つけもの奴
  • 鰤とふだん草の酒蒸し

きのこの味噌汁

きのこの味噌汁

本日の味噌汁はしめじと大根葉。味噌汁というよりきのこの味噌煮込みという感じの具の多さですね。出汁はいりこ出汁。

にんじんしりしり

にんじんしりしり

フライパンに油を引き、千切りにんじんを炒めて塩で味付け。しんなりしたところに塩ひとつまみ入れた溶き卵を流し入れふんわり混ぜて蓋をして酒を回し入れたら火を止め蓋をします。余熱で蒸らして卵が固まったら完成。

つけもの奴

つけもの奴

崩した木綿豆腐に古漬けの大根とねぎを乗せごま油をまわしかけます。いつもはぬか漬けを使うこの冷奴、今日は粕漬けで。

鰤とふだん草の酒蒸し

鰤とふだん草の酒蒸し

鰤のあらは霜降りしてから塩を振りフライパンに入れ、酒をまわしかけ蓋をして蒸し煮にします。鰤に火が通ったところでふだん草を入れさっと煮てうつわに盛り、大根おろしを添えます。

鰤のあら、適度なサイズのものがあるとついつい手にとってしまうのだけれど毎度美味しそうな写真が撮れないのはどうしたものでしょう。せっかく色鮮やかなふだん草を使ったにも関わらずその威力を発揮できず残念。

日本酒にあうおつまみレシピ

写真ではいまいちよくわかりませんが、このふだん草、茎が赤と黄色で、葉が濃い緑でかなり鮮やか。見慣れない野菜だけどまあほうれん草の一種でしょうか。検索してみたらめはりずしみたいなレシピがたくさん出てきたのもこの色合いを生かすためなんでしょうね。

この色を保つためにはさっと火を通して使いたい、けど、アクがあったら嫌だな、などと迷った挙句下茹でナシで調理。結果アクはさほどなく問題なくいただけましたが、色は飛んでしまいました。やっぱり茹でて色止めして使うような料理に向いているのかな。

扱い慣れない食材は難しいねえ、といいつつ、わりと面白がって使っているところもあります。

 




関連記事

ひいかと里芋の煮つけ

ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか。 などと考えつつも、イ

記事を読む

手羽元のレモン煮献立

手羽元のレモン煮、水菜とにんじんのサラダで白ワイン。

近頃、ワインを飲む日のメインはめっきりサラダです。 生ハムとマッシュルームのバケットグ

記事を読む

たらこ豆腐 レシピ

たらこ豆腐、菜の花のおひたし。

なんだかんだでスライド食材が多かった今週は、いつも以上に調理に時間をかけない1週間でした。

記事を読む

目玉焼き丼献立

休肝日ごはん 目玉焼き丼、にんじん葉のナムル献立。

炊きたてのごはんをどんぶりによそって、上手に焼いた目玉焼きをのせるだけ。 簡単、旨い、

記事を読む

豚しゃぶ香味ダレ

豚しゃぶ香味ダレ、切り昆布の煮物。

今日は少し遠くにある安くて品揃え豊富なスーパーに寄れたので、珍しく食材をまとめ買い。

記事を読む

豚ロースの梅蒸し献立

豚肉の梅しそ蒸し、菜の花おろし和え献立。

本日のメインは梅と大葉をたっぷり使った蒸し料理。 梅に大葉。どちらかといえば夏向きの料

記事を読む

鶏のくわ焼き献立 日本酒に合う

鶏のくわ焼き、豆腐と三つ葉のサラダ。

眠い...。 なんだか久しぶりに眠いです。 昨夜早寝して今朝かなり早い時間に目覚めてしまった

記事を読む

家飲み献立 きくらげと卵の炒めもの、焼きなす。

豚肉シリーズラスト。 きくらげと卵の炒めものは結構好きなおかずでよく登場します。卵の炒

記事を読む

さんまの酒蒸し献立

さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立。

家具やらインテリア製品やらを購入するにあたって、店でチェックしたときにはそうでもなかったのに

記事を読む

台湾女一人旅 桃園空港から台北駅 寧夏夜市で晩ご飯。

本来は4月ごろを予定していた台湾の旅。 午前便がいいなあ、お、羽田発もあるのか、などと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑