ワインで家飲み きのこのオムレツ。

公開日: : 最終更新日:2016/09/23 家飯, 食べること ,

白ワイン

ちょっと久しぶり?
な感じの週末ワイン。

ちょこちょこ残っていた食材を使い切りたいばかりに出鱈目なメニューになってしまいました。

でたらめでもおいしいバケットがあればどうにかなるのがワインの嬉しいところ。

夏の夕方には冷えた白ワインがあいますね。

きのこのオムレツで白ワイン

きのこのオムレツ

  • にんじんの糠漬け
  • 小松菜のサラダ
  • きのこのオムレツ
  • バケット

きのこのオムレツ

150815d2

粉チーズと塩胡椒で味付けした溶き卵をオリーブオイルで焼いて、残り物のきのこマリネを添えました。

後は茹でた小松菜をオリーブオイル、塩、レモン汁で和えたサラダとピクルス代わりのにんじんの糠漬け、バケットで簡単な晩ご飯。

残り物消費したかったとはいえ糠漬けまで動員のこの取り合わせはどうなんでしょう。せめてものつぐないとして珍しくワイングラスを用意しました。

それでも美味しいバケットがあればワインが進むというものです。

卵は消費期限の関係でとろとろっとした半熟ではなくしっかり火を通して固めたタイプ。きのこのマリネはにんにくがきいているのでスパニッシュオムレツ的な感じといいましょうか。これはこれでいいんだけど、久しぶりのオムレツ、とろっとしたのが食べたかったなあ。

ワインを飲む日のおつまみ

最近はすっかり白ワイン派。赤ワインを手に取る機会がめっきり減っているような気がします。
でも、美容と健康に効果あり、と言われるのは断然赤ワインだよね…と調べてみると、ポリフェノール効果でアンチエイジングが期待できるのは赤ワインだけど、便秘解消やデトックス効果が期待できるのは白ワインなんだそう。さらにはカルシウムも採れるとな。

へー、知らなかった。白ワインもなかなかやるね。
もちろんこれらの効果を享受するには「適量」を飲むことが大事ですが。

赤も好きなんですが、ついつい白に手が出るのは料理の関係でしょう。ワインが飲みたい!となったときに思い浮かぶおつまみは何故か白寄りのものばっかり。

冬になったらこっくりとした肉料理やチーズたっぷりのアッシパルマンティエで赤ワイン、もいいけれど、暑い時期はやっぱり軽く冷やした辛口の白ワイン、が気分です。

 




関連記事

キャベツとしらすのアーリオオーリオ

休肝日ごはん キャベツとしらすのアーリオオーリオ。

週の初めは休肝日。日・月と2日連続ノンアルコールで過ごしています。 基本はごはんものが

記事を読む

家飲み献立 鶏豆腐でぬる燗を。

雨の土曜日。 部屋でじっとしていると昼間でも寒いので、2駅隣まで歩いて駅前のコーヒーシ

記事を読む

ぬか漬けの卵炒め献立

ぬか漬けの卵炒め、ピーマンとツナの和えもの献立。

今年もぬか漬けの季節がやってまいりました。 毎年5月6月あたりにシーズン開幕となるので

記事を読む

生ひじきの卵焼き

生ひじきの卵焼き、肉団子と大根の味噌汁献立。

初めに謝罪をします、すみません。 残っていた生ひじきと卵を混ぜて磯の香りの卵焼きに仕立

記事を読む

キャベツ入り卵焼き献立

キャベツ入り卵焼き、トマト納豆献立。

キャベツ、卵、納豆、トマト。今週は同じ食材で似たようなものばかり食べてますね。 理由は

記事を読む

さば水煮缶レシピ

鯖納豆、さつまいもと半熟卵の温サラダ献立。

最近、書店に行くと魚の水煮缶レシピ本をよく見かけます。 水煮缶、流行っているのでしょう

記事を読む

伊東へ日帰りドライブ旅 日本散歩・静岡県

東京から静岡県・伊東市まで、日帰りドライブに行ってきました。 日本国内、各地で散歩

記事を読む

塩豚とれんこんの蒸し焼き、キャベツの塩昆布和え。

なんだか久しぶりの家飯な気がしたけど、そうでもなかった。 週末は家を空けることが多く、

記事を読む

家飲み献立 11/17 すき煮、キャベツの生姜蒸し、そして一升瓶。

さて、突然ですが、久しぶりに一升瓶を買いました。 わーい。 いやあ、酒飲みとしては、

記事を読む

半熟茹で卵の上手な作り方 8/20 半熟煮卵の晩酌おつまみ。

今日は朝一で健康診断。 よって、昨夜は早めに夕食を済ませ、当然今朝は朝食抜き。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

腰痛改善に向けて始めたこと2つ。

今年こそは腰痛改善に取り組むぞ!と宣言して早1ヶ月が経過。や

ご近所感覚の酒場を求めて。韓国ソウル一人旅で食べたもの・その2

韓国・ソウル食記録の続きです。1人で飲むなら、定食で。韓国・

やりたいことリスト’24「ちゃかし倒してゲームする」

毎年恒例の儀式・その2「やりたいことリスト」のお時間がやって

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

→もっと見る

PAGE TOP ↑