にんじんと豚肉のにんにく蒸し焼き、かぼちゃと卵のサラダで家飲み。

公開日: : 最終更新日:2017/04/28 家飯, 食べること

豚肉とにんじんのにんにく蒸し

ゴロッと大きめに切ったにんじんをむしゃむしゃ頬張るのが好きです。

にんじんってそれなりに使われている野菜ではあるのだけどいかんせんメインにはなり難く、花形野菜とは言い切れないところがあるような。

まあ、花形野菜ってなんだって話ですが。

彩り、添え物、じゃがいもの相方として脇に回りがちなにんじんですが、ドカンと大ぶりのまま調理すると立派にメインもはれます。

にんじんと豚肉のにんにく蒸し、かぼちゃと卵のサラダ献立

にんじんと豚肉のにんにく蒸し焼き献立

  • ぬか漬け
  • 炒めなすと葱の味噌汁
  • かぼちゃと卵のサラダ
  • 梅えのき納豆
  • にんじんと豚肉のにんにく蒸し

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはにんじんと蕪コンビ。

炒めなすと葱の味噌汁

炒めなすと葱の味噌汁

皮側に切り込みを入れて炒めたなすと白葱の味噌汁。出汁は昆布で。

かぼちゃと卵のサラダ

かぼちゃと卵のサラダ

かぼちゃの塩煮に半熟卵をのせ粗塩、胡椒、ごま油で味付けしたもの。ごま油の代わりにマヨネーズを使っても。

梅えのき納豆

梅えのき納豆

茹でたえのきと梅肉を合わせた納豆。

にんじんと豚肉のにんにく蒸し

にんじんと豚肉のにんにく蒸し焼き

皮をむいて大きめに切ったにんじん、豚こま肉をフライパンに並べオリーブオイルを回しかけ潰したにんにくをのせて蓋をし火にかけて蒸し焼きにします。にんじんに火が通ったら粗塩と胡椒を振って完成。

フライパンに材料を並べておいたらあとはほったらかしの簡単蒸し焼き。ポイントはにんじんをやや歯ごたえが残る程度に固めに仕上げること。実はちょっと焼きすぎて柔らかくなってしまいました…。簡単、だけどタイミングが肝心。

こうして並べてみると今日は珍しく赤っぽい食卓になってしまった。いつもは青々しているというのに、こういうこともあるんだな。

日本酒にあうおつまみレシピ

野菜をもりもり食べる気持ち良さは肉や炭水化物のそれとはまた違った気持ち良さがありますね。生野菜もいいけれど、温野菜ってホント好きなのでいくらでも食べられてしまう。

大ぶりカットにんじんがメインの料理といえば牛肉と春雨を合わせる塩煮も好き。にんじんって妙に甘いから苦手という意見もあるけれど、肉やにんにくの風味をまとわせて塩味に仕上げれば立派な酒のつまみに。色も華やかで栄養もあって、にんじんって実は結構エライよね。

 




関連記事

鳥豆腐

鳥豆腐で汁飲み晩酌。

今年最後の晩酌献立は、鳥豆腐です。 平素は「鶏豆腐」表記なのですが、今回は本家リスペク

記事を読む

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさは格別です。 高知の酒

記事を読む

家飲み献立 10/28 蒸し野菜とゆで卵の温かいサラダなど。

覚悟していたのにさほど寒くなかった今夜。 まあそれはそれでありがたいのですけど、ちょっと拍

記事を読む

海老とそら豆の塩炒め

海老とそら豆の塩炒め、にらのからし和え献立。

毎度好物が多くで恐縮ですが、そら豆が好きです。 好きだけれどあまり登場しない理由は、量

記事を読む

https://crispy-life.com/tag/%e7%84%bc%e9%85%8e/

鶏もも肉のソース焼き、タアサイのスープ献立。

卵とじやらそぼろあんかけやら、おじいちゃんが好みそうなやさしげメニューがここのところ続いて

記事を読む

とうもろこしごはん献立

とうもろこしごはん、コールスロー献立。

週のはじめは休肝日、ノンアルコール献立...は、もうすっかり定着しているのですが、今週に限っ

記事を読む

塩豚とじゃがいものオイル焼き 献立

塩豚とじゃがいものオイル焼き、キャベツのおかか和え。

微妙な面構えの写真を晒してすみません。 と、いきなり謝罪。 いやあ、春ですね。

記事を読む

豚肉とわかめの冷しゃぶ、しらたき明太子献立。

漬もの在庫がダブついてきたので、豪勢に盛り付けてやりました。 たった5種類で豪勢、は言

記事を読む

秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

40代ともなれば体にガタもこようというもの。頭からつま先まで、あっちもこっちも気になってくる

記事を読む

豚肉と水菜のおろし和え献立

豚肉と水菜のおろし和え、三つ葉豆腐献立。

豚肉と水菜と言えば、はりはり鍋。 材料は2つでもいいけれど、油揚げと春雨を入れるのもま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ミニマリスト主婦の大物ショッピング。

ミニマリスト主婦の2022年秋レポート、続きです。ミニマリス

ミニマリスト主婦、初めての車椅子。

秋の連休を利用して、実家の両親宅に顔を出してきました。

冷麺
冷麺定食と辛さ耐性。

たくさん作ったポッサム活用レシピ、第三弾です。積極的に何もし

サロンドプロ カラーオンリタッチ ブラシ
ファンデーションすら使ったことのないおばさんのメイクマイナーチェンジ。

相変わらずメイクにはこれといったこだわりがないまま過ごしてい

かれいの煮付け献立
かれいの煮付け、もずく納豆で晩酌。

好きな食べ物のジャンルを聞かれたら、野菜と即答します。聞かれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑