続けた先に、何かいいことあるかもしれない。

公開日: : 最終更新日:2017/11/21 ブログ運営, 読書, 食べること

tokyotower36

そんなにずっと続けてるんだったら、もっと何か別のことを考えればいいのに。

毎日飽きもせずブログを書き続ける私に向かって友人はそう言う。

ブログでこまめに情報発信するのって、何か仕事に繋げるとか、自分を売り込むとか、商品を紹介するとか、そういう目的があって初めて成立することでしょう。何もないのにただなんとなくやってるのはもったいなくない?と。

おっしゃるとおりでございます。



続けなければ、おもしろさはわからない

note16

例えばストレッチとか、シワとりエクササイズとか、語学の勉強とか。明確な目標を掲げ、正しい方法で30分でも、1時間でも毎日継続していけば確実に変化が起こせて、目標に着々と近づくことができる。巻きつけて普通に生活するだけでウエスト-10cm!なんて怪しいベルトを筋肉隆々アメリカンナイスカップルのベタな小芝居につられてポチッとやってしまうより、日々の努力を地味に継続したほうが目標達成の可能性は高まるというものでしょう。

わかりません。世の中には魔法のベルトが本当に存在するのかもしれないし、プラシーボ効果という便利なものもあるらしいし。

それでもやはり継続は力なり、急がば回れ的思考の強さを、この年になるとひしひしと感じるのであります。即効性とか今すぐ変わる、なんて言葉にグラグラしてばっかりで、あたしゃ何ひとつ続けてこなかったよ、と。

そんな私が40を過ぎて始めたブログはいつのまにか書くのが当たり前のものとなり、まさに習慣化し、あれよあれよと3年が経過していました。この年になって新たな習慣が作れるとは思わなかった。なんでもやってみるもんだな、そして、ある程度続けてみないと本当のおもしろさってのはわからないものなのかもしれないな。などと実感している今日この頃です。

続けていれば、何かいいことあるかもしれない

香川の酒 川鶴

コツコツ続けるのって、いかにも単調で面白みのない作業だと思っていたけれど、実はそう退屈なことでもないのかも。

そんなことに気づくといろいろいいことが起こったり、新しい扉がパカリと開いたりもするようで、この度初めてのエッセイ「ひとりぜいたく晩酌帖」を発売することになりました。

旬の食材や自分好みの食材を使って、自分のためだけの食卓を自分で用意し、ひとりで食べ、ゆるゆると酒を飲む……それは、化粧を落とす瞬間のようにホッとするひと時。本書は、そんなひとり晩酌の魅力が余すところなく詰め込まれた、大人の家飲みエッセイです。

無名の弱小ブロガーが、それなりに需要のありそうな食べ歩きお店紹介でもなく、料理レシピ本でもなく、まさかの家飲みエッセイを出版。なんぞそのジャンル。セブン&アイって結構攻める出版社だったのですね。世話になっておいてこの言い草はどうなのかと思うけれど、こんなの出して大丈夫なのだろうか。

いや、ふざけてませんよ。必死で書きましたから。毎晩めそめそ泣きながら書きましたから。

一人暮らしの中年が自宅で寡黙に酒を飲む様子を綴った奇妙なエッセイ本。発売予定日は1ヶ月後の12月18日、ただいま絶賛予約受付中です。今宵も晩酌でほろ酔い気分のそこのアナタ、酔った勢いでレッツご予約。大切なお友達へのクリスマスプレゼントに、帰省時のご両親への手土産に、お世話になったあの人への贈り物に、今年も1年頑張ったご自身へのご褒美に、そして冥土の土産に一冊いかがでしょう。

友人にもったいないと指摘されていた習慣がこうしてひとつの形になるのはうれしい限り。しかし当ブログ最多にして最弱コンテンツである家飲みネタで本を出すとは我ながらなんたる大胆チャレンジでありましょう。もう書いてしまったのだからびくびくしていても仕方ない、ここは腹をくくって発売日を待とうではありませんか。

本の内容についてもおいおいご紹介しますが、全ページ本書のための書き下ろしです。みなさま、何卒よろしくお願いいたします(土下座)。

 




関連記事

chiyoda_sanpo_9

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

141028d2

家飲み献立 10/28 蒸し野菜とゆで卵の温かいサラダなど。

覚悟していたのにさほど寒くなかった今夜。 まあそれはそれでありがたいのですけど、ちょっと拍

記事を読む

taopei2016_30

台湾女一人旅 桃園空港から台北駅 寧夏夜市で晩ご飯。

本来は4月ごろを予定していた台湾の旅。 午前便がいいなあ、お、羽田発もあるのか、などと

記事を読む

なすとピーマンの鍋しぎ、豆腐のきのこおろし和え献立

なすとピーマンの鍋しぎ、豆腐のきのこおろし和え献立。

残りものを使って塩味のスープを作ると決めていたので、メインに味噌味を持ってきたいなと。

記事を読む

kinoko_soup_19011

新年に考える今年の食計画。

1週間ぶりに自宅に戻ったので、毎度おなじみきのこスープで体内のご機嫌を伺いました。 旅

記事を読む

moalboal-restaurant_1

モアルボアルのおすすめレストラン 2016。

セブ島・モアルボアルのパナグサマビーチあたりには小さなローカルレストランやバーが点在していま

記事を読む

里芋のねぎ油炒め

里芋のねぎ油炒め、春菊の白和え献立。

あらかじめ仕込んだねぎ油と野菜の組み合わせ、特にいも類のうまさは格別です。 高知の酒

記事を読む

イカゲソ黒七味炒め

イカゲソ黒七味炒め、キャベツと人参の温サラダ献立。

珍しく食べたいものがわからないという感覚に陥る。 朝起きた瞬間から今宵の晩酌について考

記事を読む

肉団子と白菜の蒸し鍋

肉団子と白菜の蒸し鍋で家飲み。

3/3は桃の節句。 小さい女の子がいる家庭以外は特別なことはしないでしょうが、スーパー

記事を読む

トマトと牛肉のしょうゆ炒め

トマトと牛肉のしょうゆ炒め、小松菜のわさび白和え献立。

美味しいトマトはそのまま食べればいいじゃない。 そう思いつつ、炒めてしまいました。ただ

記事を読む

Comment

  1. ぴよこ より:

    出版おめでとうございます!
    拝見するのが楽しみです。

    ブログ、是非とも続けてください。折に触れ色々参考にさせていただいてまし、すごく共感できることが多いです。
    最近、以前紹介されていたステイン除去の歯磨きペーストを購入しました。墨汁?と思えるくらいの濃い赤ワインを飲んだ後どうしてもとれなかった着色が、ホントに一回で取れちゃってビックリしてます。
    お体に気を付けて、これからもますます良い晩酌を!

    • crispy-life より:

      ぴよこさん

      ありがとうございます!発売は少し先になりますが、お手にとっていただけるとうれしいです。

      確かに赤ワインは歯に残りますよねえ。先日歯科で最後のクリーニングをしてもらった際、例の歯磨きペーストが仕上げに登場しましたよ。おお、歯科でも使ってるのかと妙に安心できました。味、というか香りも爽やかでいいですよね。

  2. くー より:

    再度、すみません。
    レシピ本ではなくて、エッセイですね!
    もちろん、エッセイでも大歓迎です。
    先ほどのコメントは承認しないでください!
    早とちりが多くて、ごめんなさい。

    • crispy-life より:

      くーさん

      ありがとうございます!予約して下さるとは感謝感激でございます。紛らわしくてすみません、そうなんです、レシピ本ではなくてエッセイなのですが、楽しんでいただければとてもうれしいです。

  3. ちゅーなー より:

    crispy様

    書籍化おめでとうございます!
    酒の力を借りなくてもガチ予約致します!

    記事二度見しましたよww
    書籍…ふーん…んんん!!!ちょ!マジ!?
    こんな具合でしたw

    継続は力なり、ですね。
    楽しみにしてます!
    良い年の瀬を過ごせそうです。

    • crispy-life より:

      ちゅーなーさん

      人気薄の晩酌ネタにいつも反応して下さるちゅーなーさんには本当に感謝しております。シラフでもご予約いただけるとは、ありがとうございます!年末の慌ただしい時期の発売となりますが、冬休みの友としていただければ幸いです。寝正月の読み物あたりにぴったりかと。いや、寝正月を送られるのかどうかわかりませんけども、どうぞよろしくお願いいたします。

  4. Yosh より:

    出版、おめでとうございます!
    書き下ろしだなんて、なんと贅沢!
    さっそくポチりました。
    ああ、楽しみ。

    • crispy-life より:

      Yoshさん

      おお、早速のご予約ありがとうございます!そしてブログ初期からお読みいただいていることも本当に感謝しております。まるっと1冊書き下ろし、それはそれは恐ろしい作業でしたがなんとか形になりそうです。

  5. あき より:

    祝・書籍化
    おめでとうございます~

    紙媒体は持たない派で
    酒は呑めないのでシラフで
    AMAZONでkindle化希望をポチっとしました。

    あぁ、ご対面が楽しみ…♪

    • crispy-life より:

      あきさん

      ありがとうございます!確かに、当ブログ読者さんは紙は持たない派の方も多いのではないかと思います。kindle化希望リクエストってのがあったのですね。今まで知りませんでした、勉強になりました。

      あきさん同様kindle派のみなさまも、ぜひリクエストお送りくださいませ(便乗)。

  6. バジル より:

    書籍の出版おめでとうございます!!サラリと書いてあったので、私も大変驚きました。

    好きなことを続けていると知らない間に夢が叶うってことを(crispyさんの夢かどうかはわからないけれど)、体現されたのだなって思いました。

    私も最近会社勤めを辞めてフリーになりました。分野は違えど、crispyさんのようになりたいな〜!

    これからもブログ楽しみにしています!

    • crispy-life より:

      バジルさん

      ありがとうございます!なんか変なテンションで出版のお知らせを書いてしまったものでトンチンカンな感じになり恐縮ですが、今回の件は本人もとてもよろこんでおります。

      書籍化を目標としてブログを書いてきた訳ではありませんが、夢と言えばそうだったのかもしれません。そのあたりの経緯もおいおい書いていけたらと思います。

      ところでバジルさんもフリー仲間になったのですね!台湾で活動されているのですか? いろんな人の働き方に興味があるのでとても気になります〜。

      これからもどうぞよろしくお願いします!

  7. より:

    遅ればせながら、御出版おめでとうございます。ミニマリストジャンルにありながらも「家のみエッセイ」っていうのが! 面白いものと言うのは、いつも常にジャンルを超えているものなんですよね。それが先駆者というものなのかなあと。
    旅バージョンの方の出版も、楽しみです。

    • crispy-life より:

      ぴさん

      ありがとうございます!そうなんですよ、当ブログでも人気の薄いコンテンツを本にするという暴挙です。ぴさんのご指摘は結構するどくて、実は今回の企画、最初から家飲みエッセイを出しましょうという話でスタートした訳ではないのです。そのあたりもまたいずれ書いていきますね。あああ今回のセブ滞在中にも書きたいことがいろいろ溜まってくる〜。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

nishinomiya_41
お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだと

さんまの酒蒸し献立
さんまの酒蒸し、きのこと小松菜の梅和え献立。

家具やらインテリア製品やらを購入するにあたって、店でチェックし

moooncafe
開かない扉、脂汗、咄嗟の判断。

カフェなど飲食店のトイレ、男女別になっているところが多いじゃな

豚ロースの梅照り焼き定食
豚ロースの梅照り焼き、小松菜とひらたけのおひたし献立。

生野菜をむしゃむしゃ頬張る快感は白ごはんのそれとも通じるものが

ota_68
普通のことができない人がやらかさないために。

「想像を絶するだらしなさ」 と表現していたけれど、このま

→もっと見る

PAGE TOP ↑