カレイの煮付け、トマトのおろし和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

カレイの煮付け献立

大量に摂取している食材はといえばダントツで野菜なのですが、最近魚の割合も増えてきたような。

理由はなんだろうか。やっぱり、酒か。

魚は煮るか蒸すかで食すことが多いので、そうなるとやっぱり日本酒を添えたくなる。メインが和味の魚料理と決まればサブの面々も大体つられて和系になる。

すっかり日本酒党となったこの頃、ついつい魚に手が伸びるのは自然な流れなのでしょう。

カレイの煮付け、トマトのおろし和えで晩酌

カレイの煮付け、トマトのおろし和え

  • 小松菜と油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • トマトのおろし和え
  • カレイの煮付け

小松菜と油揚げの味噌汁

小松菜と油揚げの味噌汁

ゆでた小松菜をたっぷり入れた味噌汁。出汁はいつものいりこ出汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはなすとにんじん。

トマトのおろし和え

トマトのおろし和え

くし型に切ったトマトを大根おろしで和え、かつおぶしをのせただけ。ポン酢で。

カレイの煮付け

カレイの煮付け

しょうゆ、みりん、酒、水、薄切りしょうがをフライパンに煮立て、かれいの切り身を入れます。落し蓋をして煮て、途中ねぎとわかめを投入。最後に軽く煮汁を煮詰めたら完成。

切り身の向きがおかしくて皿を眺めているとなんだか不安にならなくもないですが、それは後の祭りというもの。せっかく魚の出汁が出ている煮汁を有効活用したくてついつい具を追加してしまいがちなこの頃、今日も煮汁に便乗したねぎとわかめが旨くて満足です。

煮魚をほじりながら、冷やした純米酒をクピリといく。この神聖な儀式を執り行えばおおよその憂うつは解消されます。最近なんだか気が晴れない、調子がよくないという紳士淑女のみなさまは、ぜひお試しを。上手くいかない時でもヤケ酒はダメですよ、あくまでも、酒は楽しくが基本です。

日本酒にあうおつまみレシピ

昔から魚は好きだったけれど、肉に比べて扱いが面倒だなあとは思っておりました。別にまぐろ解体しようってんじゃないけど、例え切り身でもこう、血とか臭いがつくじゃないですか。いわんや処理前の状態においてをや。

ではなぜ、近頃は率先して生魚を手に取るようになったのか。答えは簡単、魚を扱う面倒な気持ちを、食べたい欲が上回ったからです。多少手指を血生臭くしてでも魚(と酒)が食べたいという想いに素直になった結果です。

いくつになっても、己の欲望には忠実にいたいものです。

 




関連記事

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手出しできる状態で並んでいますね

記事を読む

紅芯大根と貝割れのサラダ

紅芯大根と貝割れのサラダ、粕汁献立。

昨日と内容はほとんど変わらない晩酌献立ですが、せっかく写真があるので書いておきましょう。

記事を読む

豚肉とごぼうの柳川

豚肉とごぼうの柳川風、かぼちゃとわかめの味噌汁献立。

ごぼうって、面倒な野菜だと思っていました。 他の野菜と比較すれば一目瞭然、相当量の泥が

記事を読む

レッドキャベツとチーズの和えるだけパスタ

レッドキャベツとチーズの和えるだけパスタ。

しつこくも塩もみ野菜の話。レッドキャベツの使い道をいろいろ試しています。 休肝日ごはん

記事を読む

海老とセロリの卵炒め献立

海老とセロリの卵炒め、トマトと豚肉のしょうがスープ献立。

野菜ひとつと卵を炒める。というシンプルな手法が結構好きです。 卵のお相手となるのは白ね

記事を読む

岩手の酒あさ開純米吟醸

岩手の酒 あさ開 純米吟醸ひやおろしで晩酌 タアサイと豚肉のしょうが炒め、かぼちゃの塩煮。

勝手に日本酒全国ツアー、順調に進んでおります。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 自宅で全

記事を読む

ハリハリ鍋

家飲み献立 3/10 ハリハリ鍋。

東京はカラリと晴れています。 早朝から洗濯物を干して、ああ、今日も生きているなあと。

記事を読む

幻のエビ・ガサエビ

秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢晩酌。

突然ですがみなさま「ガサエビ」って食べたことありますか? 日本海側でしか水揚げされない

記事を読む

秋刀魚の梅煮

秋刀魚の梅煮、里芋の味噌汁献立。

好物の秋刀魚ではありますが、自分の中に一応買い価格目安ラインを設けています。 が、今年

記事を読む

さば納豆献立

さば納豆、トマトのナムル献立。

春のそよ風を感じる、大草原のようなつまみです。見た目が。納豆に合わせる薬味といえば、やはり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

酒を飲まない時代をどう生きる。

「解除」を心待ちにしていたのですが、酒類提供の制限は継続する

焼きじゃがいも大葉和え
毎日続く作業、ちょうどいい「型」のはなし。

まーた焼き野菜?育ち盛り食べ盛りの中学生男子に提供したらばク

なるべく仕事の時間を減らし、最低限の生活をする。

本業(?)でお手伝いしている先との打ち合わせ最中に、まあいろ

ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。
ピーマンの味噌炒め、三つ葉と豆腐のサラダ献立。

自分の料理は、とにかく玉ねぎをフライパンでジュージュー炒める

独身一人暮らしが「ファミリー会員」とはこれいかに。

アレクサ怖い。いや、Amazon怖い、と思いました。先日メー

→もっと見る

PAGE TOP ↑