カレイの煮付け、トマトのおろし和え献立。

公開日: : 家飯, 食べること ,

カレイの煮付け献立

大量に摂取している食材はといえばダントツで野菜なのですが、最近魚の割合も増えてきたような。

理由はなんだろうか。やっぱり、酒か。

魚は煮るか蒸すかで食すことが多いので、そうなるとやっぱり日本酒を添えたくなる。メインが和味の魚料理と決まればサブの面々も大体つられて和系になる。

すっかり日本酒党となったこの頃、ついつい魚に手が伸びるのは自然な流れなのでしょう。

カレイの煮付け、トマトのおろし和えで晩酌

カレイの煮付け、トマトのおろし和え

  • 小松菜と油揚げの味噌汁
  • ぬか漬け
  • トマトのおろし和え
  • カレイの煮付け

小松菜と油揚げの味噌汁

小松菜と油揚げの味噌汁

ゆでた小松菜をたっぷり入れた味噌汁。出汁はいつものいりこ出汁。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けはなすとにんじん。

トマトのおろし和え

トマトのおろし和え

くし型に切ったトマトを大根おろしで和え、かつおぶしをのせただけ。ポン酢で。

カレイの煮付け

カレイの煮付け

しょうゆ、みりん、酒、水、薄切りしょうがをフライパンに煮立て、かれいの切り身を入れます。落し蓋をして煮て、途中ねぎとわかめを投入。最後に軽く煮汁を煮詰めたら完成。

切り身の向きがおかしくて皿を眺めているとなんだか不安にならなくもないですが、それは後の祭りというもの。せっかく魚の出汁が出ている煮汁を有効活用したくてついつい具を追加してしまいがちなこの頃、今日も煮汁に便乗したねぎとわかめが旨くて満足です。

煮魚をほじりながら、冷やした純米酒をクピリといく。この神聖な儀式を執り行えばおおよその憂うつは解消されます。最近なんだか気が晴れない、調子がよくないという紳士淑女のみなさまは、ぜひお試しを。上手くいかない時でもヤケ酒はダメですよ、あくまでも、酒は楽しくが基本です。

日本酒にあうおつまみレシピ

昔から魚は好きだったけれど、肉に比べて扱いが面倒だなあとは思っておりました。別にまぐろ解体しようってんじゃないけど、例え切り身でもこう、血とか臭いがつくじゃないですか。いわんや処理前の状態においてをや。

ではなぜ、近頃は率先して生魚を手に取るようになったのか。答えは簡単、魚を扱う面倒な気持ちを、食べたい欲が上回ったからです。多少手指を血生臭くしてでも魚(と酒)が食べたいという想いに素直になった結果です。

いくつになっても、己の欲望には忠実にいたいものです。

 




関連記事

鯛のあら炊き

鯛のあらだき、かきたま汁で晩酌。

鮮魚コーナーパトロール中に鯛と目が合いました。 鯛のお頭、というとなんだか贅沢な感じが

記事を読む

なすの葱ソース

蒸しなすの葱ソース、セロリ卵で晩酌。

なすって美味いですよねえ。 シーズン中は必ずといっていいほどぬか床にいれているので毎日

記事を読む

鶏団子鍋

鶏団子鍋で晩酌。

久しぶりに鍋にするか、と具材を考える。 寒い間は毎日鍋でもいいくらいの鍋好きなんですが

記事を読む

大分の酒 西の関 手作り純米

大分の酒 西の関 手造り純米酒で晩酌 にんじんと牛肉の塩煮、梅わかめ奴献立。

手持ちの札(酒屋)を何軒か見回って、ようやく大分の酒を発見しました。 残すターゲット県

記事を読む

蒸し鶏とキャベツのしょうがタレ献立

蒸し鶏とキャベツのしょうがソース、トマトと卵のスープ献立。

引き続き蒸し鶏メニューです。 蒸し鶏は淡白なむね肉をしっとり仕上げて汁共々保存しつつ使

記事を読む

佐賀の酒 天吹

佐賀の酒 天吹 純米吟醸 ひまわり 生で晩酌、いわしの梅蒲焼き。

こんにちは九州、どうぞよろしくお願いします。 牛歩に次ぐ牛歩でのろのろと駒を進めてきた

記事を読む

材料2つの鍋料理 11/6 キャベツと豚肉の鍋。

スーパーの品揃えもすっかり衣替え。そろそろ葉物が充実してきましたね。 寒いのはめっぽう

記事を読む

わかめ炒め、茄子とししとうのしょうゆ煮で冷酒。

煮干し出汁欲がすっかり満たされた、などと言っていたのですが。やっぱりまだまだ収まらぬ煮干しへ

記事を読む

伊藤若冲展

東京日帰り弾丸ツアー 東京散歩・番外編

By: miragechopin[/caption] 先日東京日帰り弾丸ツアーを実施しました

記事を読む

英勲秋上がり

京都の酒 英勲 秋上がりで家飲み。まぐろあら塩焼き、キャベツの塩昆布和え。

夏からストップしていた日本酒全国ツアー。 家飲み環境が変わって新たな気持ちで再開です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

→もっと見る

PAGE TOP ↑