きのこの卵とじ、こんにゃくと水菜のゆず味噌和え献立

公開日: : 最終更新日:2020/12/12 家飯

きのこの卵とじ、こんにゃくと水菜のゆず味噌和え献立

引き続き、例のきのこを使って晩酌です。

前回はシンプルに焼いて食べたはなびらたけ。

焼ききのこ、おかわかめと納豆の梅和え献立

何やらよい出汁が出るとの情報を得たので、今回は汁だくの卵とじにてご機嫌を伺います。

きのこの卵とじ、こんにゃくと水菜のゆず味噌和え献立

きのこの卵とじ、こんにゃくと水菜のゆず味噌和え献立
  • おかわかめの味噌汁
  • 大根のぬか漬け
  • こんにゃくと水菜のゆず味噌和え
  • きのこの卵とじ

おかわかめの味噌汁

おかわかめの味噌汁 大根のぬか漬け こんにゃくと水菜のゆず味噌和え きのこの卵とじ

おかわかめと油揚げの味噌汁。おかわかめは変色が早いので、味噌をとき入れてから加えてさっと煮るにとどめます。出汁は昆布といりこ。

大根のぬか漬け

大根のぬか漬け

本日の漬ものは大根のぬか漬けを薄切りにしていりごまとごま油で和えたもの。

こんにゃくと水菜のゆず味噌和え

こんにゃくと水菜のゆず味噌和え

白味噌とみりんを鍋に入れて火にかけ、ぽってりするまで練ったら火を止め、ゆずの果汁とすりおろした皮を加えます。できあがったゆず味噌を、下ゆでしたこんにゃくと水菜に添えました。

きのこの卵とじ

きのこの卵とじ

フライパンに昆布出汁、みりん、塩を煮立て、適当な大きさに切ったはなびらたけとしいたけを加えて火を通します。香りづけ程度のしょうゆを加えたら溶き卵を流し入れ、しっかり火を入れて完成。

きのこの旨味がたっぷり染み出た出汁を卵で閉じ込める。いいなあ、美味いなあ、熱燗の友、冬のご馳走とにやにや食べ進めておったのですが、ゆず味噌和えを食べて気づいてしまった。

食感が、まるかぶりじゃないかと。

日本酒にあうおつまみレシピ

先日はなびらたけを食べた時に、何かに似た食感だなあと思っていたのですが、そうだ、こんにゃくにも似てるわと気づいたのです。つまり、くにゅくにゅしこしこするものばかりが並ぶ食卓となってしまったわけです。

卵とじはしみじみ美味いし、ゆず味噌は香り高く高貴な味わい。それぞれの品には問題はないのだけれど、この2品を組み合わせたのはちょっともったいなかったなと反省する晩酌献立となりました。

せっかく品数揃えるんだったら、味はもちろんのこと調理方法や食感にバリエーションを持たせたいじゃないですか。趣の異なるつまみをちょこちょこつまめるのが一人晩酌の醍醐味じゃないですか。

いやあ、何年続けても晩酌道ってのは奥深く、極めがいがありますね。引き続き精進いたします。




関連記事

幻のエビ・ガサエビ

秋田県八森漁港直送 幻のガサエビづくしで贅沢晩酌。

突然ですがみなさま「ガサエビ」って食べたことありますか? 日本海側でしか水揚げされない

記事を読む

ぶりの酒蒸し

ぶりの酒蒸し、わかめの梅煮で家飲み。

先日書いた千葉の酒・五人娘。 関連 千葉の酒 五人娘 純米で晩酌 うるいのおひたし、生

記事を読む

焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし

焼き紫大根ねぎ塩のせ、つるむらさきと豆腐の煮びたし献立。

妖艶。 そんな言葉が浮かんでくるビジュアルではありませんか。 厚めに切った大根を

記事を読む

一人暮らしの家飲みメニュー 8/7 きくらげときゅうりの酢の物。

暑いときには体を冷やす食材を積極的に採って体内コントロールするとか、不便な時代を生きた方の知恵っ

記事を読む

オイルサーディン 食べ方

野菜スープ、缶ごとオイルサーディン、レトロドール。

3月らしい暖かい日だったので、なんだか白ワインが呑みたくなりました。 最近ずっと熱燗ば

記事を読む

蒸し鶏となすのしょうが和え献立

蒸し鶏となすのしょうが和え、切り昆布のきんぴら献立

本日のメイン、正しくは「蒸し鶏と蒸しなすの香味野菜タレ和え」です。しかしあまりにも長ったら

記事を読む

焼きさつまいも

さつまいものにんにく焼き、柿と小松菜のごま酢和え献立

塩辛いものが好きです。酒飲みってのはだいたい酒が進みそうな塩っけのあるものを好むものですが

記事を読む

塩鶏献立

塩鶏とキャベツのしょうが蒸し、とうもろこしのしょうゆ炒めで家飲み。

塩漬けというのは偉いもんですね。 そもそもは保存を目的として発達した調理法なんでしょう

記事を読む

豆腐とニラの塩炒め献立

豆腐とにらの塩炒め、しらたきとわかめのサラダ献立。

にらを炒めて食べたいなあと考えながら八百屋に行ったら、にらが安売りされていました。 食

記事を読む

葱キャベツ油揚げ、定番食材使い回し。

毎週のことですが、金曜日のシェアハウスはひっそりとしています。 外は雨。それでも若い人たちは街

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑