エンサイの香味しょうゆ炒め、キャベツとえびの白和え献立

公開日: : 最終更新日:2019/08/07 家飯, 食べること

エンサイのしょうが炒め

空芯菜とかつるむらさきとかモロヘイヤとか、熱を入れたらねばりが出る系の青菜全般、好きです。

これらはゆでておひたしにして食べるもよしなのですが、少々気難しいところがあり悩ましい。

この手の青菜の気難しさとは、色。色ですよ。

迷った挙句に炒めにしたというのに、今日もいまいちパッとしない色合いになってしまいました。

エンサイの香味しょうゆ炒め、キャベツとえびのわさび白和え献立

エンサイのしょうが炒め献立

  • トマトとわかめの味噌汁
  • レッドキャベツの浅漬け
  • キャベツとえびのわさび白和え
  • エンサイの香味しょうゆ炒め

トマトとわかめの味噌汁

トマトとわかめの味噌汁

たっぷりのわかめと半割りにしたプチトマトを入れた味噌汁。出汁はいりこ。

レッドキャベツの浅漬け

レッドキャベツの浅漬け

千切りにして塩もみしたレッドキャベツとこれまた千切りにした大葉とすりごまで和えたもの。

キャベツとえびのわさび白和え

キャベツとえびのわさび白和え

こちらは普通のキャベツを使用。水気を切った木綿豆腐を崩してわさびを加え、千切りにして塩もみし水分を絞ったキャベツと釜揚げえびをごま油で和えたものと合わせます。

エンサイの香味しょうゆ炒め

エンサイのしょうが炒め

フライパンに油をひき、千切りのしょうがを炒めます。香りがたったところにエンサイの茎部分を入れざっと炒めてから葉部分を投入。手早く炒め合わせてにんにくしょうゆで味付けします。

ゆでるよりも油を使って炒めたほうが変色しにくいのだけど、それでもちょっと時間が経つと黒ずんできてしまう。もっと油を多めに使ってしっかりコーティングしてやればいいのかな。小心者ゆえに油を大量に使うことができないのがもどかしいところ。そして一体何を飲めばいいのかよくわからない献立になってしまったのももどかしい。そういうときはとりあえず、日本酒で。

日本酒にあうおつまみレシピ

味噌汁にトマトが入っているし、レッドキャベツの妖艶な紫もあるし、メインは緑だしで、地味な献立の割りには色合い華やか。それはいいけども、白和えが謎物体すぎて笑えます。

濃い緑のキャベツと真っ赤な桜えびで作ったならば出来上がりは全然違うのだろうけど、いずれも白っぽく、そして白和え。材料には罪はなく、うつわも素敵。このあたりは私の撮影技術及び室内光量の限界といったところでしょうか。

家飯記録も5年も経てば、盛り付け、撮影共に多少の技術向上が見られます。しかし未だに今日みたいな白っぽいものとか、のり、わかめあたりの黒っぽいものを撮るのが苦手。難しいねえ。

 




関連記事

此君純米無濾過生原酒

鳥取の酒 此君 純米 無濾過生原酒で晩酌 鯛あらとわかめの酒蒸し献立。

鳥取にやってまいりました。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 今回は初訪問の酒屋にて

記事を読む

鰤カマと白ネギの昆布蒸し

ぶりと白ネギの昆布蒸し、生ひじきの梅サラダ献立。

帰省中にぶりしゃぶを食べたんですよ。 美味しいよねえ、ぶりしゃぶ。 脂の乗ったぶ

記事を読む

一人暮らしの夜ご飯 8/9 塩豚のソテー。

あれっ?なんで?というような涼しい1日でしたね。 エアコンが苦手なので助かります。 が、西側

記事を読む

鶏もも肉と白菜のうま煮献立

鶏もも肉と白菜のうま煮、えのきの味噌汁献立。

うま煮。 もうネーミングがずるい。「うま」って言っちゃってるもんね。出落ち。 ク

記事を読む

移動のお供に最適、ジャンボンクリュ・コルニッション。

いやー、びっくりした。 東京駅、激混み。 在来線のラッシュにすら縁のない私、こん

記事を読む

黒酢酢豚

はちみつ黒酢酢豚、きゅうりの梅肉和え献立。

酢豚。それは、よく知っているのに食べる機会はなかなか訪れない料理です。 好きは好き。で

記事を読む

アボカド豆腐丼献立

休肝日ごはん アボカド豆腐丼献立。

週の初めは休肝日。 普段の夕食は炭水化物抜きで酒のつまみのみですが、今年から休肝日を増

記事を読む

ごぼうのしぐれ煮

ごぼうのしぐれ煮、水菜の煮びたし献立。

水菜が、安い...! 冬の間満足に食べられなかったものだから、お手頃価格の葉野菜を発見

記事を読む

鶏レバーソース漬け。

今日も夜ご飯の時間が遅くなってしまいました。 最近ちょっと生活がずれ込んでいますね。基本的に朝型

記事を読む

海老とセロリのタイ風サラダ他全5品。

妙に蒸し暑い1日だな…。 と思ったら、やっぱり夕方ザッと降りましたね。 蒸し暑い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

→もっと見る

PAGE TOP ↑