出汁巻染めおろし、きのこと小松菜のおひたしで晩酌。

公開日: : 最終更新日:2022/12/01 家飯

出汁巻染めおろし晩酌

ここのところ、目玉焼き愛を熱く語っておりましたが、卵焼きだって食べます。

もちろん、つまみとして。

出汁巻を作るときはいつも、さていくつ割ってやろうかと思案します。毎度毎度一人前の食事を作っているものですから、卵1個だけの出汁巻を作ることなど、さほど難しくはありません。

しかし、せっかくの出汁巻デイ。たっぷり卵液を用意して、豪快に巻こうじゃないか!ということで、本日は3個使用しました。

なんという贅沢でしょうか。

出汁巻染めおろし、きのこと小松菜のおひたしで晩酌。

出汁巻染めおろし晩酌
  • キャベツとねぎの味噌汁
  • ぬか漬け
  • 大根と油揚げの煮もの
  • きのこと小松菜のおひたし
  • 出汁巻染めおろし

キャベツとねぎの味噌汁

キャベツとねぎの味噌汁

キャベツと白ねぎをくたっと煮た味噌汁。出汁は昆布といりこ。

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは、なすと大根皮。

大根と油揚げの煮もの

大根と油揚げの煮もの

半月型に切った大根と短冊に切った油揚げを鍋に入れ、ひたひたの出汁、みりん、しょうゆを加えて煮ます。弱めの火で煮汁が少なくなるまでコトコトやったら完成。こちらは前日の残り物です。

きのこと小松菜のおひたし

きのこと小松菜のおひたし

小松菜としめじをゆでてしっかり水を切り、ポン酢で和えるだけ。

出汁巻染めおろし

出汁巻染めおろし

卵を割りほぐして出汁、塩、酒を加えてよく混ぜます。水分が多くて形作りにくいので、焼き上がりをラップで包み落ち着かせてから切りわけうつわに盛り、大量の大根おろしを添えます。

出汁巻のときには毎回書いているけれど、このメニューのメインはむしろ大根おろし。大根おろしを美味しく食べるためのツールが出汁巻なのだ。といっても過言ではないほどに、おろしが旨い。旨すぎる。

こんな正しい和の献立には、熱燗がぴったりきすぎて泣けてきますね。

日本酒にあうおつまみレシピ

出汁巻染めおろし

せっかく卵3個も使ったというのに、いまいち仕上がりが美しくないですが、今卵焼き器がなくてですね。いつもの丸フライパンで焼いてるのでこんなものでしょう。

要領が悪い人の料理。

ちなみに、卵3個を一度に食べる勇気(?)はないので、切り落とした両端は翌日のおかずにスライドさせました。いや、たまには卵3個いくくらいの贅沢はしてもいいだろうし、もちろんその気になればペロリといける。大きなサイズのオムレツなんて1人前でそれくらい普通に使うでしょう。なのに少しだけ(おそらく、卵1個分)よけてしまうあたり、ヘタレ感がにじみ出ていますね。

しかし出汁巻メインの晩酌献立が楽しみ過ぎて、昼からワクワクそわそわしていた私は、本当に幸せ者だと思います。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

サバ缶と新玉ねぎのサラダ

鯖と新玉ねぎのサラダ、鶏出汁トマト春雨スープで晩酌。

新玉ねぎがあまりにも旨くて連打。 と言っても最初に購入したものを毎日少しづつ食べている

記事を読む

秋鮭とキャベツのしょうが蒸し、なめこ豆腐 一人晩酌 12/8。

ネットで注文していて本日到着する予定だった日本酒が届いていない。 うう、一旦帰宅してか

記事を読む

きぬかつぎ

白菜と蒸し鶏の梅和え、きぬかつぎ献立。

白菜が幅をきかせてまいりました。 白菜愛好家としては何かと捗るこの季節。どかんと大きい

記事を読む

ガサエビの紹興酒漬け

秋田の酒 うまからまんさく特別純米酒で贅沢晩酌 トマトと卵の炒めもの、ガサエビの紹興酒漬け。

酒のつまみを自分で作る際はあまり手をかけ過ぎず、素材そのものをシンプルに味わいたい派です。

記事を読む

愛知の酒 奥

愛知の酒 夢山水十割 奥 旬 季節限定 純米吟醸原酒で晩酌 まぐろ納豆。

来た、来ましたよ。 ぽっかりと穴が空いたままで後ろ髪を引かれていた日本酒全国ツアー、愛知県

記事を読む

牛肉とししとうのしょうゆ炒め

牛肉とししとうのしょうゆ炒め、セロリとにんじんのツナサラダ献立。

2年前に行ったスペインで突然好物となったししとう。 関連 サンミゲル市場とバル・メソン

記事を読む

家飲み献立 10/11 パンにぶどう酒。

今日は昼が遅かったので夜は抜こうかな…と思ったのですが、遅くになって小腹が減ったし、何か呑み

記事を読む

塩手羽大根献立

塩手羽大根、ピーマンの卵炒め献立。

寒くなったりマシになったりの気候に惑わされているうちに、もうそろそろ10月も終わり。

記事を読む

トマト豚しゃぶ

トマト豚しゃぶ、にんじんとツナのサラダ献立。

肉をさっとゆでて野菜とあわせる冷しゃぶは、夏のつまみにうれしいですね。 しかし7月前半

記事を読む

大分の酒 西の関 手作り純米

大分の酒 西の関 手造り純米酒で晩酌 にんじんと牛肉の塩煮、梅わかめ奴献立。

手持ちの札(酒屋)を何軒か見回って、ようやく大分の酒を発見しました。 残すターゲット県

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑