家飲み献立 12/10 干しキャベツで簡単ロールキャベツ。

公開日: : 最終更新日:2020/05/28 シェアハウスで料理, 家飯, 食べること ,

141210d

今朝出掛ける時に近所の八百屋の前を通ったら、かごに山盛りのみかんが100円で売られていました。

みかん、大好きなんです。

家にまだいくつか残ってるけど、あの美味しそうなみかんが山盛り100円って相当お買い得。でも、基本的に食材はあまりストックしない主義だし、いや、でもみかんって日持ちするし…。

と日中ぐるぐる考えた末、帰りに再び件の八百屋をのぞいてみると、かごのみかんはきれいさっぱり売り切れていました。

うーん、残念なような、ほっとしたような。

今夜の家飲みメニュー

141210d2

  • 葱とベーコンのナンプラー炒め
  • 柚子白菜
  • しめじと三つ葉のおかかポン酢
  • ザーサイ納豆
  • ロールキャベツ

しめじと三つ葉のおかかポン酢

141210d3

さっと塩茹でしたしめじと三つ葉を鰹節とポン酢で和えて、柚子を添えました。

ザーサイ納豆

141210d4

いつもは醤油味で食べることが多い納豆を塩味で。
葱のみじん切りとザーサイを塩、胡椒、ごま油で和えたものを水切りしてざっと崩した豆腐、納豆と合わせます。こういう和え物には引き割り納豆がよく馴染みますね。

ロールキャベツ

141210d5

干しキャベツを使って1品。
葱のみじん切りに塩、胡椒、醤油、おろししょうが、ごま油、片栗粉を合わせたものを鶏ひき肉、水切りした豆腐に加えて粘りが出るまで混ぜ合わせてタネを作ります。
干しキャベツでタネを包んで、弱火にかけたシメジの茹で汁でコトコト煮込んだら完成。

あとは箸休めの葱とベーコンのナンプラー炒め柚子白菜で全5品の晩酌メニュー、うん、ぬる燗が進みます。

簡単料理レシピ
… あれ、よく考えたらロールキャベツ作ったの生まれてはじめてかも。

子供の頃に母親が作ってくれたものを喜んで食べていた記憶はありますが、自分で作った記憶がない。
思うにずぼらな私のこと、キャベツの外葉をきれいに剥がして破らないように気を付けながら茹でたもので肉を巻く、という作業がめんどくさすぎて無理と判断していたのでしょう。

それなのに何故突然作ったかというと、何も考えずにキャベツの外葉を剥がして天日に干していたからです。

いつもキャベツはくし型に切って干すのに、どういうわけかまるっと剥がして干してしまった今回。
しんなり半干しになったキャベツを手に、これ、何に使えばいいんだ…?と考えてふとロールキャベツを思い出しました。干したキャベツは既にしんなりしているので、茹でずにそのままタネを巻けるのがいいですね。

最初は鶏ガラスープで煮るつもりだったのですが、しめじを茹でた汁を使ってみたら素材の旨みだけで十分、スープの素なんて全く必要ありませんでした。ロールキャベツの本体はもちろん、干したからこそのキャベツの甘味と鶏肉の旨みが溶け出したスープがかなり美味。

いやあ、とっても美味しい。これはおすすめです。(自画自賛)

みかんがある暮らし

mikan

さて、話はみかんに戻ります。

子供の頃は毎冬ダンボールいっぱいのみかんが和歌山の親戚から届いていたものです。よって、幼少の私は冬場はみかんを好きなだけ食べていました。

長持ちさせるためにことさら冷える台所の隅に置かれたみかん箱からせっせと1つづつ取り出しては食べ、取り出しては食べ、と、果たして1日何個食べたことでしょうか。

「いいかげんにしないと顔が黄色くなるよ!」

と母親に叱られるまで食べた記憶があります。

美味しいみかんが常にある。
子供の頃は山盛りのみかんがある生活がどれだけ幸せなことかなんてわからなかったけれど、いやいや、今考えてみれば、それは贅沢極まりないことだったのですね。

みかんといえば、私に負けず劣らずみかんフリークの友人がせとかみかんの旨さは異常。これを食べたら他のみかんは食べられない!と力説していました。

年明けに出回るのかなあ。一度試してみなければ。




関連記事

切り昆布のネギ炒め

切り昆布のねぎ炒め、アボカド納豆献立。

海藻モリモリ。 八百屋の軒先にはこれまでは存在しなかった水煮コーナーが登場。たけのこと

記事を読む

ゴーヤチャンプルー

ゴーヤチャンプルー、小松菜の梅和え献立。

夏だ夏だ、夏野菜だ! 先日のとうもろこしに引き続き、こちら今季初となるゴーヤの登場です

記事を読む

まぐろ納豆献立

まぐろ納豆、小松菜の梅和えで晩酌。

外食が続いて胃が少々お疲れ目の週末。 あっさりした献立で軽めに家飲みしましょうねと考え

記事を読む

オムレツ献立

具だくさんオムレツ、おつまみやっこ献立。

つい先日も懐かしのオムレツで飲みました。見た目貧相になっちゃったけど。ボロボロ加減に感じる

記事を読む

家飲みあるある。湘南いそいそ家飲み日記。

そうそう、こういうことやっちゃうよね!というあるあるが満載過ぎて首もげそうなくらい縦に振りま

記事を読む

じゃがいもと白ネギのアンチョビグラタンで白ワイン。

焼酎をあんまり飲まなくなったので、ここのところの晩酌はほとんどが日本酒。たまにワイン、夏にな

記事を読む

白菜漬け えのきと豆苗の味噌汁 蕪とツナのサラダ 手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き

手羽先とキャベツのにんにく蒸し焼き、蕪とツナのサラダ献立。

調理していて気がついたのですが、最近粒胡椒の存在を忘れておりました。 摩訶不思議なレア

記事を読む

家飲みメニュー 8/4 酒肴ちょこちょこ盛り。

先ほど器に関する記事を書きましたが、今使っている揃いの器は思いっきり酒呑み仕様の肴サイズだという

記事を読む

葱の肉巻き献立

晩酌献立 白葱の豚肉巻き、にんじんと卵の炒めもの。

遅くなる夜は潔く外食を選ぶかか出来合いのもので済ませることが多いです。が、先日は後は盛るだけ

記事を読む

バケットグラタンとサラダ

生ハムとマッシュルームのバケットグラタン、ナッツサラダで白ワイン。

グラタンとサラダでワイン。 となれば当然グラタンがメインのように見えるけれど本日に限っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

あの世にものは、持っていけないから。

銀座で酒を飲みながら、友人の現役引退後、つまり、定年退職後の

1人で飲むなら、定食で。韓国・ソウル一人旅で食べたもの その1。

昨年11月に出かけた韓国・ソウル。思いのほか高くついた韓国旅

おねだりした矢先の、老親の入院。

自分自身の老後計画のために、老親におねだりをかました私。正月

友達がいない中年の暮らしぶり。

たのしいたのしい年末年始休暇も本日で終了。明日から私の202

→もっと見る

PAGE TOP ↑