ミニマリストの部屋着(2015春の結論)

公開日: : 最終更新日:2020/05/14 ファッション, ミニマルライフ

もうすぐ春ですね。

あまりの寒さに怯えて暮らしていましたが、どうやら無事越冬できたようです。
というわけで、夏から秋、冬と再三話題にしてきた部屋着に関して答えが出ました。

参考 ミニマリストの部屋着(夏編)

参考 ミニマリストの部屋着(秋編)

参考 ミニマリストの部屋着(冬編)

結論。部屋着は通年同じもので事足りる

と、3つも過去記事のリンクを貼るまでもなく、私の場合部屋着は1年通して1着で大丈夫なようです。

ちなみにここで言う「部屋着」とは就寝時に着用する衣類のこと。パジャマ、寝巻ですね。

夏はワンピース一着。寒い時期は、プルオーバーをプラスで、1年間過ごすことができました。

寒がりで冷え性のクセに真冬もワンピースってどうなの?と思っていたのですが、今年は湯たんぽを導入。風呂上りに湯たんぽと共にベッドに入ればワンピースでも十分ぬくぬくできるので全く問題ナシ。

参考 本気の冷え性改善記録 湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

真冬も全く同じ組み合わせで過ごせたので、1年間これでOK!と立証できました。

パジャマであって、部屋着じゃない

By: Karen

ちなみにパジャマ代わりのワンピースを着用しているのは就寝時のみ。それ以外に部屋で過ごす時にはそのまま外出できるカジュアルなスタイルでいることが多いです。ちなみに今はざっくりとしたタートルのニットにデニムの組み合わせでこの記事を書いています。

以前は部屋着とパジャマの境界線を曖昧にしていて結果として「外に来ていけない部屋着」を多く所有していましたが、寝巻で長時間過ごさないと決めたことによって中途半端な部屋着を処分することができました。

通年このスタイルで過ごしてあれこれ持たずとも大丈夫とわかったことも大きいですが、私の場合は何よりパジャマのままでだらだら過ごさないというスタイルを確立できたことのほうが収穫かも。

寝巻とも部屋着ともつかない服をいろいろ使っていた頃はすぐに出かける予定のない時は起きたままの格好で過ごしていたものです。下手したらそのまま夜まで同じ格好のままだったり。
今は起きて洗顔と歯磨きを済ませたらすぐに外に出られる格好に着替えています。すぐに出かける予定がなくても、そのほうが俄然気持ちいいということがようやくわかりました(遅)。

モノを減らす方法はひとつじゃない

モノを減らすというと汎用性の高いアイテムを残して一定の場面でしか使えない専用品を手放すのがコツ、と思いがちなのですが、こんな風に専用のものを決めてしまったほうがモノが減るケースもあるんですね。

いやいや、奥深い。

モノを持たずに身軽に暮らす

もちろんこれは今の私だからこその選択。部屋着や寝巻をあれこれ数多く持っていたほうがいいことも当然あります。素敵なパートナーと一緒に暮らしている方なら就寝時だって毎晩違うアイテムを身に着けたいと思うだろうし、そのほうが豊かな気持ちになれるはず。

必要なものの数は人それぞれ、そして時期によっても変わって当然。

この1年の私にはたった1着の部屋着しか必要じゃなかったけれど、状況や心境が変わればまた部屋着に対する考え方も変わるのかも知れません。
でも、持ち物が少なくても快適に過ごせたという経験は大きい。

部屋着が1着しかなくても何ら困ることはないと立証できたことは、今後の人生に大いに役に立つ気がしています。




関連記事

40代のメガネは、中途半端でちょうどいい。

100年ぶりにメガネを新調しました。 遠距離中距離近距離。何を取るかで判断が変わって

記事を読む

スーツケースの重量と関西国際空港第一ターミナルの電源カフェ。

関空から出発するのは3年ぶりくらいでしょうか。 今回は同時期に関西方面にも用があったの

記事を読む

あなたの願いをひとつだけ叶えてあげます。ただし…

By: Nishanth Jois[/caption] クリスマスイブですね。 子供た

記事を読む

持たない暮らし、長く使えばいいというものでもない。

By: Steven S.[/caption] 毎日暑いので、ここのところ基本的に足元はギョ

記事を読む

寝坊した日に選ぶ服。

うっかり寝坊してしまった朝。 ほんの数分で最低限の身支度を整え、眉毛だけ書いて、食パン

記事を読む

20年ものの靴下、靴下の捨てどき。

師走といえば大掃除ですね奥さん、ということで先日引き出しの整理をしました。 関連 持た

記事を読む

思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

使わないものはありませんでした、が理想的だなあと常々思っております。 関連 旅の荷物を

記事を読む

履かない靴

捨てる日々、履けない履かない靴の行方。

By: RubyGoes[/caption] 無駄なものはそう多く所有していないのですが、も

記事を読む

40代独身女性の生き方、失うモノがない人生。

40代、独身。自分と似た境遇の人の暮らしぶりや考え方を知ることができるのでがブログの存在です。

記事を読む

少ない服のコーディネイトと衣替え。

By: Rubbermaid Products[/caption] 3月から4月をすっ飛ばし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

10年保てば、いいほうです。

ようやくカメラを修理に出しました。カメラが(多分)故障する不

→もっと見る

PAGE TOP ↑