ミニマリストの部屋着(2015春の結論)

公開日: : 最終更新日:2020/05/14 ファッション, ミニマルライフ

もうすぐ春ですね。

あまりの寒さに怯えて暮らしていましたが、どうやら無事越冬できたようです。
というわけで、夏から秋、冬と再三話題にしてきた部屋着に関して答えが出ました。

参考 ミニマリストの部屋着(夏編)

参考 ミニマリストの部屋着(秋編)

参考 ミニマリストの部屋着(冬編)

結論。部屋着は通年同じもので事足りる

と、3つも過去記事のリンクを貼るまでもなく、私の場合部屋着は1年通して1着で大丈夫なようです。

ちなみにここで言う「部屋着」とは就寝時に着用する衣類のこと。パジャマ、寝巻ですね。

夏はワンピース一着。寒い時期は、プルオーバーをプラスで、1年間過ごすことができました。

寒がりで冷え性のクセに真冬もワンピースってどうなの?と思っていたのですが、今年は湯たんぽを導入。風呂上りに湯たんぽと共にベッドに入ればワンピースでも十分ぬくぬくできるので全く問題ナシ。

参考 本気の冷え性改善記録 湯たんぽの意外だけど効果的な使い方。

真冬も全く同じ組み合わせで過ごせたので、1年間これでOK!と立証できました。

パジャマであって、部屋着じゃない

By: Karen

ちなみにパジャマ代わりのワンピースを着用しているのは就寝時のみ。それ以外に部屋で過ごす時にはそのまま外出できるカジュアルなスタイルでいることが多いです。ちなみに今はざっくりとしたタートルのニットにデニムの組み合わせでこの記事を書いています。

以前は部屋着とパジャマの境界線を曖昧にしていて結果として「外に来ていけない部屋着」を多く所有していましたが、寝巻で長時間過ごさないと決めたことによって中途半端な部屋着を処分することができました。

通年このスタイルで過ごしてあれこれ持たずとも大丈夫とわかったことも大きいですが、私の場合は何よりパジャマのままでだらだら過ごさないというスタイルを確立できたことのほうが収穫かも。

寝巻とも部屋着ともつかない服をいろいろ使っていた頃はすぐに出かける予定のない時は起きたままの格好で過ごしていたものです。下手したらそのまま夜まで同じ格好のままだったり。
今は起きて洗顔と歯磨きを済ませたらすぐに外に出られる格好に着替えています。すぐに出かける予定がなくても、そのほうが俄然気持ちいいということがようやくわかりました(遅)。

モノを減らす方法はひとつじゃない

モノを減らすというと汎用性の高いアイテムを残して一定の場面でしか使えない専用品を手放すのがコツ、と思いがちなのですが、こんな風に専用のものを決めてしまったほうがモノが減るケースもあるんですね。

いやいや、奥深い。

モノを持たずに身軽に暮らす

もちろんこれは今の私だからこその選択。部屋着や寝巻をあれこれ数多く持っていたほうがいいことも当然あります。素敵なパートナーと一緒に暮らしている方なら就寝時だって毎晩違うアイテムを身に着けたいと思うだろうし、そのほうが豊かな気持ちになれるはず。

必要なものの数は人それぞれ、そして時期によっても変わって当然。

この1年の私にはたった1着の部屋着しか必要じゃなかったけれど、状況や心境が変わればまた部屋着に対する考え方も変わるのかも知れません。
でも、持ち物が少なくても快適に過ごせたという経験は大きい。

部屋着が1着しかなくても何ら困ることはないと立証できたことは、今後の人生に大いに役に立つ気がしています。




関連記事

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

By: Vincepal[/caption] 「とにかく逃げ切り世代のやり方についていけなかった

記事を読む

NY ホテルエジソン ツインルーム

荷物を持たない都会のホテル暮らし。

引っ越したという知人の話をよくよく聞いてみると、現在はホテルを拠点として生活していると言う。

記事を読む

年間ランキングを眺めて2014年を振り返る。

12月もそろそろ中盤戦、ということで年末っぽい話題をシェア。 Amazonの年間売上ラ

記事を読む

40代女性のファッションが難しい理由。

40代ともなれば生活や体の変化、体力の衰え、今後の仕事のやり方などなど、考えなければならないこと

記事を読む

いい年をした大人がフラフラすべきではない論。

前回引っ越してから1年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

記事を読む

Dr.マーチンサイドゴア

40代でドクターマーチンを履くのはイタい。

By: RubyGoes[/caption] ドクターマーチンのブーツを買いました。 今回購入

記事を読む

持たない暮らしともしもの備え。災害時の備蓄を考える。

By: Robert Benner[/caption] 台風が猛威を振るっています。

記事を読む

価格大暴落にうろたえてメルカリ。

今更ですが、先日メルカリデビューしてみました。大昔はオークションへやマーケットプレイスをよ

記事を読む

掃除機はいるのかいらないのか

片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、いざ実行してみると一種ストレス

記事を読む

今日捨てたもの 8/26 一度も履かなかったchloeのサンダル。

今月行ってきた 「毎日一捨キャンペーン(?)」 も残り1週間を切りました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。
焼きじゃがいも、豚の粕汁献立。

粕汁の具材といえば、鮭が王道ではないでしょうか。次点で、ぶり

白髪用カラートリートメント、2年愛用してもやっぱり不満

白髪ケアのためのカラートリートメントジプシー状態を脱却してか

ごぼうのひき肉炒め
ごぼうとひき肉の甘辛煮、菜の花の柚子味噌和え献立。

半世紀近く生きていれば調理機会も自動的に多くなるもの。自分一

自力で治療した手湿疹、次の一手は。

ときどきちいさなぷつぷつができて、びくびくしたりはするけれど

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

→もっと見る

PAGE TOP ↑