40も過ぎれば、トレンドが恥ずかしくなる。

公開日: : 最終更新日:2018/10/07 ファッション

clothes

そろそろ湯たんぽも不要かという気候になってまいりました。
3月に入ってから凍えるほど寒い日も意地になって春だ春だと言い続けてきましたが、もうその必要もなさそうで嬉しいです。

さて季節が変われば着るものも変わる。一年中同じスタイルで通せればそれはそれで潔くていいけれど、何しろ寒さが怖いわたくし、冬場は防寒第一なものでね。

関連 思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

ワンパターン冬コーデとは一旦おさらばです。

春に向けて欲しいもの

そろそろお花見宴会のお誘いなども入り始めた今日この頃。はて昨年はどうしていたかしらと検索してみれば、同じような時期に春の準備について書いておりました。

関連 着るものがない、を抜け出すために 春に向けて買ったもの。

そうそう、Tシャツを買ったんだった。

今年は先日ダメになってしまったデニムの後継入手からスタートしました。

関連 デニムを履かずに暮らせるか。

結局型番は違うけれどほぼ同じシルエットのものが手に入ったのでよかったよかった。なんて別にものすごいこだわりのブランドとかではなく、EDWINのお手頃なストレートなのだけど、やはりサイズ感が合うので探し当ててよかったです。

デニムの他にもいくつか新しいものの投入を考えていますが、基本的には手持ちのアイテムを活用する方向は変わらず。けれどどうにも物持ちが良くうっかり引退時期を逃してしまいがちな癖があるので、生地の傷みや劣化などのチェックは入念にやっておこうと考えています。

ハイライズデニムの手強さ

150831lg

デニムといえば、ユニクロ×イネスのセルビッジが結構いいよ、と友人に教えられたので見に行ってみました。で、イネスのコーナーにあったデニムを広げてみたら、フレアタイプも出ていておおぅ、と思う。

去年あたりから?フレアとかハイライズがまた勢力を伸ばしているのをひしひしと感じます。自分の体型の問題もあるのだけれど、フレアはともかくハイライズってヤツはなかなかに手強い存在でして。

ローライズ旋風が上陸する以前はなかなかぴったりくるデニムが見つからず、かなりオーバーサイズのストレートをウエスト絞って履くといういかにも80年代らしい履き方をしていたものです。パンツ丸見えローライズはさすがに手出ししないまでも股上浅めのタイプがスタンダートになったのは私のような扁平尻女には嬉しい流れだった。のだけど、時代は容赦なく移りゆく。

関連 1週間着まわしページ担当スタイリストがいちばん大切にしていること。

といっても今は昔ほど大きなトレンドはなく、世の中の全てのデニムがハイライズ化、なんてこともないので今後もデニム偏愛者としてやっていけそうなのはありがたい限り。トレンド云々より体型に合うものを着たい欲が強いからね。

ちなみに件のセルビッジデニムはサイズが合わず、でした。

フレアデニムへの複雑な感情

170314lg

体型のことはどうにもならないけれど、自分の記憶に残っている「昔」に流行ったものについてもちょっと手出ししにくいところはありませんかね。

私にとってはそれがフレアデニムでしょうか。フレア、というかブーツカットがメインストリームだったのって90年代初めくらい?当時はブーツカットにヒールを合わせて足長に見せる手法が巷に溢れていて、でもその様子を当時の中高年はああベルボトム、と懐かしくそしてやや恥ずかしく見つめていたことでしょう。

その気持ちわかるわあ、とフレアに対峙する度思う。

厳密に言えばここ最近出ているフレアと当時のブーツカットは別モノではあるけれど、この懐かしくも恥ずかしい気持ちは過ぎ去りし日に好んだファッションに対する複雑な感情。カーディガンを肩がけするスタイルはどうがんばっても石田純一の笑顔がチラついて手が出せない、という人の気持ちもわからなくはありません。

関連 「あの頃の私症候群」が今の自分をダメにする。

そしてこういうのもひとつの世代間断絶で、昔を引きずりトレンドに疎いおばさんファッション云々と揶揄される原因になるのだろうな、とこれも懐かしくそして恥ずかしく思い出す。

その「恥ずかしさ」は最新のトレンドに乗り切れない自分へ向けられるものでなはく、今自分の眼の前にあるものこそが正解だと信じて疑わなかった若かりし日の己の未熟さに対してだけれど、だからといって今の若者へとその思いをスライドさせるつもりもなく。なるほどこういうことだったか、とただ静かに新たなステージに立った事実をを咀嚼するのみであります。

そうなのね。ここまできたらやはり自分のスタイルを作り上げる以外に道はないってことなのねと。

ミニマリストの持たない暮らし

あとはややオーバーサイズのトップスが欲しいところ。ここしばらくトップスはゆったりしたものばかりに目がいってしまいます。シャツなりプルオーバーなり、よい出会いがあればと望んでおります。そしてしつこいですが必ずや長袖を選ぶことでしょう。

 




関連記事

ジャケットの着こなし

ビジネス仕様のジャケット、着こなしをあらためて考える。

By: Robert Couse-Baker[/caption] 近頃わりとジャケットが好きです

記事を読む

少ない服で事足りる地味で孤独な引きこもり生活。

Vネックのニットの上から、まだライナーを取り付ける前のコートを羽織る。秋ですね。 男性

記事を読む

あたたかそうであたたかくないアイテムで秋の隙間を埋める。

15度ですって。 このまま一気に冬に向かうのでしょうか。私はとても悲しいです。

記事を読む

捨てられない洋服にハサミを入れる勇気。

By: THOR[/caption] 今日は久しぶりにタイパンツを着用。夏らしい麻素材のパン

記事を読む

買わない日々を経て、おっかなびっくり前進中。

By: momo[/caption] 7月は何かと物入りでした。 何事もいつまでもぐず

記事を読む

気になる部屋の匂いを消す方法。

By: Diego Torres Silvestre[/caption] 今の季節は在宅時に

記事を読む

雰囲気イケメン最強説。

雰囲気イケメン、っていつ頃から使われるようになった言葉でしょうか。 顔の造作自体が飛び

記事を読む

夏のスカートコーディネイト、旅のお供の優秀アイテム。

By: Jane Rahman[/caption] 本日は久しぶりにスカートで外出です。

記事を読む

ストール

シンプルファッションにプラスするおすすめアイテム。

好きなものに関してはしつこい私。 ずっとこのブログで推し続けているブランドのセールがき

記事を読む

つらい巻き爪、足底の角質化が改善する簡単な方法。

By: Mark Evans[/caption] ヒールのある靴が好きで、長年7cm~10c

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑