いつもの服でつくるこなれた感じのコーディネイト。

公開日: : 最終更新日:2016/02/23 ファッション, ミニマルライフ, 読書

今回の旅は旅用の新しいアイテムを増やさず、かつ必要最小限の荷物だけを持参して出かけました。

当然持って行った洋服もさほど多くはありません。

よって必然的に少ないアイテムを着回すことになったのですが、制限のある中でコーディネイトを考えるのもゲーム感覚でなかなか楽しかったです。

参考 遅い衣替えと今日のコーディネイト。

帰国後にもっとファッションを楽しみたいという気持ちになったのもこのゲームのおかげかも。




必要なのは「こなれ感」

旅の間、自分のコーディネイトを考えたり、センスのいい人にあってその着こなしを観察したり、街行く人をチェックしたりしていて再確認したのは

「今のおしゃれに必要なのはこなれ感だ」

ということ。

現在は大人の女性でも全体的にカジュアルスタイルが定着してきているからということもありますが、いくら高価なアイテムを使ったところでその人やその場の雰囲気に馴染んでないと肩肘張った感じというか、頑張りすぎて努力が空回りしている感じになってしまうもの。

例えば近所のカフェで友達とちょっとおしゃべり、なんていう時にハイブランドの洋服でガチガチに固めて行く必要はないですよね。

まあこれは極端な例としても、力の入れ具合を間違って浮いてしまった、なんていう失敗は誰にでもあるのではないでしょうか。
とはいえただラフな格好をすればよい、というものではないからファッションは奥深いのですが。逆に力の抜き具合を間違って恥ずかしい思いをした、なんてこともありますからね。

いつもの服をそのまま着ているだけなのになぜだかおしゃれに見える

By: THOR

さて、最近気になっていた本「いつもの服をそのまま着ているだけなのに なぜだかおしゃれに見える」をようやく読んでみました。

あなたのクローゼットには、「普通の形」の服がどのくらいありますか?
実はコーディネートは、「フリルやレースなどのついてない、形の変わっていないもの」で組み合わせるのがうまくいきます。考えてみれば当たり前なのですが、やはり組み合わせやすいのはシンプルなもの同士なのです。

近頃はプロのスタイリストによるコーディネイト指南書がたくさん発売されていますが、ファッションのプロの私物を使ったスタイリングは一般人には真似出来ないものも多く、実用向けというより見て楽しむという内容になりがち。でも、この本はかなり実用的な内容です。

それもそのはず、著者の山本あきこさんは一般ユーザー向けのパーソナルスタイリストとしても活躍されているのですが、サービスを開始した当初

「みんな洋服をたくさん持っているのに上手に着こなすちょっとしたテクニックをあまりにも知らない」

ことに驚かれたといいます。

センスのよさは天性のものじゃなく、誰もが身につけられるテクニック

そしてその「ちょっとしたテクニック」を会得すると、今までファッションセンスに自信が持てなかったという一般の人のほうがプロのモデルや芸能人よりもあっという間にこなれた印象に変わるのだとか。

  • どんなに高いヒールでも平気な裏ワザ
  • デニムは「きれいめ」のためのアイテムだと心得る
  • 色気を出すのはピンクではなくネイビー
  • ワンピースやセットアップに頼らない

など、多くの現場体験を積んできたプロだからこそ言語化できる着こなしテクニックが実際のスタイリング例と共に多数掲載されていて読み応えあり。ちなみにこの本にも「こなれたコーディネイト」というキーワードが多数出現します。

これを読むとファッションセンスとは決して天性のものだけではなく、その理論をきちんと学び、実践することで十分身につけられる技術なのだということがわかります。

とはいえ私自身は理論やテクニックありきでスタイリングを考えるのがすごく苦手。
よってパーソナルカラーや骨格診断にも全く興味がない(というか、難しすぎて理解できない)のですが、長年勢いと感覚に頼ってトライアンドエラーを繰り返してきたことにはやはりきちんとした理論的な裏付け、方程式があるのだなと腑に落ちる内容でした。

本書は洋服を減らしましょうといった趣向の本ではないので

  • 普通の服をどれだけもっているかが鍵
  • 鞄の数は多いほどいい

など私自身の目指す方向とは少々異なる部分もありますが、それでも参考になるヒントはたくさんありました。

 

自分が今なりたいイメージを明確に持ち、さらにファッションのルールを理解すれば買い物で失敗することも、使わない洋服をやたらめったら買ってしまうこともなくなるはず。

そう考えれば服を減らしてすっきりと暮らしたい人も読んでおいて損はない1冊と言えそうです。








関連記事

By: Luigi Torreggiani

今日捨てたもの 9/28 洋服にも思い出は宿る。

By: Luigi Torreggiani[/caption] あれ、捨てたんだっけどうだっ

記事を読む

By: Rubbermaid Products

服を買うなら捨てなさい スタイリストが提案する持たないスタイル。

By: Rubbermaid Products[/caption] 先日発売されたばかりの地

記事を読む

water

日本のフリーランサーに「非効率を極める」のススメ、が、辛すぎる。

フリーランサーとしては、耳の痛い話ですね…。 >>参考 日本のフリーラン

記事を読む

hand

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

2年ほど前に話題になっていた「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」を遅

記事を読む

By: uros velickovic

オークション代行でトラブルに遭って考えた。

By: Andy Arthur[/caption] 手放したものの中でまだ使える、新しいもの

記事を読む

track

ブランディア(Brandear)にブランドアイテム買取を依頼してみた。

先日ZOZO USEDの買取額で玉砕した私。 参考 ZOZO USEDの買取査定額が確

記事を読む

nightbuilding

残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「まだロクに仕事も覚えてないのに…社会なめすぎ」 今でもこういう意見あるんですね。

記事を読む

By: Stefano Mortellaro

おもたせ、お土産、お礼に挨拶。さて、何を持っていく?

By: Kumon[/caption] 諸事情で友人にちょっとした品を用意することになりまし

記事を読む

By: greg westfall

ささやか過ぎる平凡な人生は退屈か。

先月バンコクからフィリピンへのフライトの際にマニラ空港で8時間のトランジットがありました。

記事を読む

countrysidegreen

親の視点から考える 「気持よくできる 実家の片付け」

先日書店をうろついていて、たまたま高齢者向け雑誌のコーナーに目が止まりました。 やはり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ぬか漬け 豆腐とえのきの味噌汁 小松菜の海苔塩和え 豚肉の梅照り焼き
豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

少々遅くなった帰り道。何の考えもないままに、とりあえずなんとか

170429lg
本気の冷え性改善計画 ’17。

まさかのまさか、始まってしまいました。 まだ10月だとい

秋刀魚のしょうが煮
秋刀魚のしょうが煮、柿とくるみの白和え献立。

また秋刀魚です。 とりあえずは食べておきたい味付けを全て

suginami_36
今年中に捨てたいもの 先延ばし常習犯の高等技術。

今年も残すところわずか1ヶ月となり、年内に片付けておきたいこと

なべしぎ
なすとピーマンのしょうが味噌炒め、おつまみ奴で晩酌。

先日迷って却下した方のメニューをうっすらとスライド。 関

→もっと見る

PAGE TOP ↑