一旦上がった生活レベルが下げられない。

公開日: : ミニマルライフ

人間、一旦上がってしまった生活レベルは、なかなか下げられない。

なんてことを、よく言うじゃないですか。

しかし、実際は誰しもその時々の状況に応じたやり方でサバイブしているのではないか。それなりに楽しみながら、現状にアジャストしていくのではないか。

駅の外れにポツンと位置する上等な居酒屋で、友人らとそんな話をしていました。

現状へのアジャスト論をぶち上げたのは、もちろん私。

一旦上がった生活レベルが下げられない。

現役時代同様もしくはそれ以上の贅沢を手放せず、老後のやりくりに困難しているシニアについては、ちょこちょこ話題になるし、実際自分の周りでも問題は起こっているようで。

老後貧困の不安と「持てない」暮らし。

しかし「生活レベルが落とせない」は決して一般論などではなく、本来人は生活レベルというか、生き方や暮らし方を自由自在に操れる生き物なのでは。

ない袖は振れない、という意味でももちろんあるけれど、お金でもものでもなにがしかの条件や環境でも、なけりゃないなりにやっていけるし、クリエイティビティを伴う楽しみを見いだせるものではなかろうか。

少なくとも、気楽な一人身の自分はそうである。

もしもこの先あと数十年生きるのだとしたら、その分年も重ね、時代も変わるのだから、今と同じようにはきっと暮らせない。けれどその時々の状況に合った暮らし方を見出して、粛々と生きていくことでしょう。

一人暮らしの休日、10連休の憂鬱。

というような酔っ払いの与太話に対し、これまた別の酔っ払いがクスクス笑いながらいう。

「いや、アンタ程度の生活レベルの上下なんて、たかがしれてるから。生活レベルが下げられなくて困る人って、本気のセレブだから」

本論は、こうしてまんまと嘲笑われて終了したのでした。

言われてみれば、確かにそうかもしれん。

コの字カウンターで見る夢は

新橋ときそば

なんでこんな話になったかというと、参加メンバーの1人が例のアレの影響で仕事が減ったとか、地元に戻る決心をした友人がいてとか、そんな話が出たから。

不安定な仕事をしていると大なり小なりこういう影響はあるので、明日は我が身、決して他人事ではない。しかしこれから何が起こっても、もう少し先が残っている中年としてはどうにかやっていかねばならぬ云々の話をしていて、冒頭の論にたどり着いたのでした。

確かになあ。自分程度の振り幅なんて、たかがしれてるなあ。

もともと物欲はあまりないし、贅沢といえばたまの旅行くらい(それも今はいけない)。こんなこざっぱりとしたコの字カウンターがある居酒屋で、旬の旨い肴をつまめれば、瞬時に幸せになれる性分だし。

欲しいモノがない時代 生き方が最後の商品になる。

「ここはサ、気楽ないい店だからサ、おねえさんも、またいつでも来たげてヨ」

しょうもない話でああだこうだやっている中年グループに、隣り合わせたえびす顔のご老人が、静かにやさしく話しかけてくれる。

カウンター角の席によく馴染む、飾らない仕草と言葉。そして引き際のさりげなさ。あとで店主に聞けば、もう何年も毎日決まった時間に必ず顔を出す超・常連さんとのこと。

いいなあ。私もあんな大人になりたい。酒飲みとして生まれたからには、ああいう姿を目指したい。

したらばこの先は「居酒屋で毎夜酒が飲める程度に余裕のある生活」あたりを目標にするか。生活レベルを自由自在に操れる庶民ならではの、ささやかで壮大な夢。

ものを持たない暮らし




関連記事

手湿疹ケア1ヶ月

トラブル肌のシンプルケア、例の不正入手問題で考えた。

今年は大きなトラブルもなく逃げ切れそうです。 関連 肌トラブルの原因を探る皮膚科で受け

記事を読む

乗り換え使い捨てが当然の切なさと束縛される恐ろしさ。

By: Steve Snodgrass[/caption] 契約更新時期がやってまいりました

記事を読む

持たない生活と年末大掃除 ’15

By: Christian Haugen[/caption] 師走です。大掃除の季節です。 今

記事を読む

今日捨てたもの 8/7 USB ACアダプタ。

今月は、毎日何かひとつ手放す運動月間です。 いつもなら捨てておしまい、となるところです

記事を読む

家を持たないホテル暮らしで困ること。

家を持たない生活をする人、増えているのでしょうか。 自分もそんな暮らしをしていた経験が

記事を読む

40代のファッション、無難さに逃げない方向で。

手持ちの服を使って今の時期のコーディネイトを複数組む。という仕事をしていて、あれ、こりゃ結構

記事を読む

今日捨てたもの 8/19 一人暮らしのタッパー適正数。

8月は毎日何かひとつづつ手放す月間と決め、毎日実行しています。 月半ばあたりには捨てる

記事を読む

神経質にならずとも普通のものが普通に使える、という喜び。

By: Tracy Hunter[/caption] なんとなくとっておいてしまうものの代表

記事を読む

収納術に興味もなければセンスもない、だから他に選択肢はない。

By: Dave Miller[/caption] 現在の住まいには収納がありません。何度も

記事を読む

旅の荷物、便利な小細工と必需品。

雑誌やサイトで 「女性の海外旅行の必需品は?」 などというお題でいろんなグッズを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

のんびりしたい、もっとやりたい。

奥さん、10月です。どうします?もう毎月のように早い早いいう

非常食の賞味期限を切らしがち問題。

多分やっちゃうだろうなと思っていたら、まんまとやらかしました

多機能とシンプルさの間で揺れる。

先日、以下のメールが届きました。 この度はお役に立てず

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

→もっと見る

PAGE TOP ↑