ダウンシフトは「降りる」こと?減速して自由に生きる。

公開日: : 最終更新日:2019/02/09 ミニマルライフ, 読書

downstair

読もうと思って手元に置いている本がたまり始めたので、週末はおとなしく読書。
まず読んだのはこちらです。

 

システムから降りて好きなことをしても大丈夫!そこには楽しい人生が開けている。経済成長を追い求める企業でストレスを抱え自分の時間もなく働く人生よりも、小さく自営し、人と交流し、やりたいことをしたい。そう考えた著者の、開業までの道のりと、開業の様々な具体的なコツと考え方、生き方を伝える。文庫化にあたり15の方法を1章分追記。

2010年に出版され、その後2014年に文庫化されたもの。私は文庫版で読みました。

ダウンシフトは「降りる」こと?減速して自由に生きる

バブル崩壊後の就職難1期生として社会人デビューし、大手小売企業にて販売職に従事していた著者の高坂氏は、会社の業績悪化による労働環境の変化をきっかけに自らの働き方に疑問を感じ退職。その後ピースボートでの世界一周など「自分探しの旅」を経て友人の店で飲食店経営の修行を積み、2004年にセルフビルドによる自身のバーを開店します。

この本にはこれらの経緯や頑張り過ぎない働き方、多くを持たずに自力で出来ることを増やしていく生き方について記されています。

途中、Tシャツとパンツのみで旅を続けるような場面もありますが、ミニマルライフや持たない暮らしに関する本というよりは、生き方、働き方に重点が置かれた一冊。以前取り上げたグーグル共同創業者のラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏の公開インタビューの内容にもどこか通じるものがあります。

「もう十分豊かな時代なのだから、必死に働かなくてもいいのでは」

目指すはヒマな働き方?

高坂氏は「忙しくなりずぎるのは嫌だから」と派手な宣伝など一切せずにいましたが、現在も池袋でバーを経営されています。

個人経営の小さな飲食店が東京で10年生き残るのは大変なこと。しかも、この本がきっかけで多くのメディアに彼の生き方が取り上げられ「ダウンシフターズ」に興味を持った人たちが店に殺到したことから意に反して忙しくなってしまい、儲け過ぎないポリシーを貫くために今では驚きの「週休3日」に切り替えたとのこと。

とはいえ、3日間の休みでダラダラしているわけではなく、米作りや(家族3人の米は全て自給でまかなっているとのこと)、NGO活動などで精力的に活躍されているようです。

ダウンシフトで幸せになれるのか

本書では就職や昇進、高級品を身につけることや住宅の購入など、大人として一般的とされる「システム」から降りて、自分で人生をコントロールすることの素晴らしさが描かれています。

しかし、ご本人も言われているように、誰もが働く時間や収入を減らして「ダウンシフト」する必要もないし、みんながそれで幸せになれるわけでもない。会社員でもやりがいをもって活き活きと働いている人はたくさんいるのだし、長時間働いても空いた時間を上手に使って自分のやりたいことを実現している人もいます。

本書を参考に、なまけものが単に「楽がしたい」ためにダウンシフトを選択すると少々厄介なことになるだろうなと感じます。なぜなら、彼の仕事ぶりは一見「ゆるい働き方」のようですが、意識してか否かはわかりませんが、かなり緻密な計算に基くものなので。

お金は少々でも、食べるものを始め、自分でなんでも「do」できれば、買うものが少なくても豊かに暮らせます。すると、お金は単なる物々交換手段という役割に落ち着きます。やっと、お金に支配されることから脱し、お金の上に立てたのです。お金に左右されなくなったとき、どう生きたらいいかという永久に続くと思っていた「自分探し」がいつのまにか消えていました。

お金に自分の人生が振り回されているように感じる人、いつまでたっても自分探しが終わらない人は読んでみるとヒントが見つかるかもしれません。

持たない暮らしでも生活レベルは下がらない

非常に共感できる部分も多い本でしたが、私はこのような生き方を「降りる」と表現することには少々疑問を感じます。

そんなものはただの印象でしかないのでどうでもいいかもしれませんが、多くを持たず、自分にとって必要なものだけで生活する、また、それに伴って働き方や生き方を変えることは決して暮らしのレベルを「ダウン」させるのでも、全うな生き方から「降りる」ことでもないと思うからです。

「降りる」という表現にどこか人生を諦めたような匂いを感じ取ってしまうのは私だけでしょうか。ってなんか揚げ足取りみたいですかね。言葉の文ってやつですかね。

個人的には多くを持たない暮らしでも、十分に人生「上げて」いくことができると思っています。

 




関連記事

少ない服でおしゃれ、は可能なのかを探る新しい挑戦。

何度もファッションに関する記事を書いています。 関連 ファッションに関するあれこれ

記事を読む

残業手当が出ないなら残業したくない若者は「社会をなめている」?

「まだロクに仕事も覚えてないのに…社会なめすぎ」 今でもこういう意見あるんですね。

記事を読む

部屋に姿見を置かない理由、使うきっかけ。

今更ですが、姿見を導入しました。 ドライヤーとか姿見ってあったほうが便利だけど、ないな

記事を読む

今日捨てたもの 8/5 ティファールの鍋セット。

「これ、もういらないかも」 それまでは全く捨てるつもりがなかったものでも、突然そんな風に感じる

記事を読む

減らす技術で、もっと小さく価値あることを。

30代の頃はよく、仕事の効率化や時間管理術の本を読んでいました。 仕事はもちろん、人生のあ

記事を読む

11月 1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’15

By: 246-You[/caption] 定例ポストをもういっちょ。 毎月月初に1ヶ

記事を読む

今日捨てたもの 10/13 高価はいつでも正解か。

最近になってようやく気付いたことがありまして。前にもちらっと書いた気がしますが、私、なぜか七

記事を読む

40代の働き方、ないないづくしのメリットを活かす。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久しいですね。 2017年

記事を読む

大人のシンプルコーディネイト。一番活躍したアイテムは何だ?

By: Jose Losada[/caption] 暑さが盛り返しても空はすっかり秋のそれ。

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑