思い出の品を使い切る。

公開日: : 最終更新日:2017/01/14 ミニマルライフ, 捨てる

CheQinn Bangkok Chic Hostel

今回の旅に持参したものの中には既に処分していても不思議ではないものがいくつか含まれています。

以前ならとっくに処分して新しいものに買い換えていたところですが、今回の旅の準備のコンセプトを「増やさない」と設定していたこともあり、この旅で最後にしようと持参したのです。

参考 旅の準備のコンセプト。

きっちり使い切った感があるので道中で別れるものが出てきました。旅の途中で別れるなんて少々寂しいけれど、これもまたタイミングです。




 

今日捨てたもの

lg150418

  • ボディバッグ

見ての通り、あまりにもボロボロ。
持っているのが少々恥ずかしい程に劣化したこのバッグ、今まで持っていたのはこれが既に「思い出の品」になっていたからです。

モノ自体はさほど思いいれもなくお気に入りのデザインでもなく、特別使い勝手が優れているわけでもないこのバッグ。でも、海外生活中は文字通り肌身離さず使っていたまさに「相棒」でした。

いくらも入らない小さなバッグなので、中身はいつも財布代わりの小さなポーチとハンカチ、ティッシュ、携帯のみ。ローカルな乗り物を使うけれど絶対にスリ被害に合いたくない私はこのバッグの上からパーカーなどを腰巻きしてカバーする、という念の入れようでした。

その甲斐あって一度も被害に遭うことなく過ごせたからか、このバッグにかなり愛着が沸いてしまいました。

とはいえ、もう既にあちこち綻びてるし、ストラップも千切れそうなので防犯面でも心配。この旅で最期を迎えるだろうと思っていたところ、ソンクランに持参したことで完全にその役目を終えました。

うん、華々しい最期と言える。
今までずっと一緒にいてくれて、本当にありがとう。

正直、このバッグを手放すのは想像していたより切ないです。
今まで散々手放してきた「思い出の品」とは違って、このバッグとの思い出は自分の歴史の中ではかなり新しいものだからでしょうか。

参考 これまでに捨てたもの。

40過ぎて新たな決断をした当時のことや、不安でいっぱいだった初めての海外生活、出会った多くの人々。そんな記憶が一気に押し寄せてきます。

じゃあ記念に取っておけば?とも思わなくはないのですが、それも違う。既にモノとしての役割を終えたバッグを保管せずとも、その思い出自体が消え失せることはないのだから。

モノを持たずに身軽に暮らす

手放すのがちょっと切ないような思い出が詰まったモノ。

この年齢になってもまだまだそんな気持ちになれる新たな経験ができるなんて、すごく幸せなことなのだと改めて思うのでした。

この先の人生でも、まだまだ楽しい思い出がたくさんできるかな。
できるといいな。

 






関連記事

By: Tara Angkor Hotel

最小限の旅の持ち物。長期旅行のスキンケア。

By: Tara Angkor Hotel[/caption] 日本を出て約1ヶ月が経過しま

記事を読む

150420

苦しみながら捨てても意味がない。

使わないものはさほど躊躇せずに捨てるタイプではありますが、時々全く使っていないのにも関わらず

記事を読む

By: Moyan Brenn

お金が貯まる人の行動と習慣。

By: Moyan Brenn[/caption] お金が貯まる人ってこうなんだよね、と言わ

記事を読む

By: uros velickovic

オークション代行でトラブルに遭って考えた。

By: Andy Arthur[/caption] 手放したものの中でまだ使える、新しいもの

記事を読む

By: Alan Cleaver

少ない服が新鮮に思えるのは、おばさんだけ。

By: brittgow[/caption] 先日こんなことを書いておいてなんですが。

記事を読む

By: David Goehring

今日捨てたもの 5/10 最後のブラウン系。

By: David Goehring[/caption] 今回の旅を最期の舞台にしよう、と決

記事を読む

By: The Library of Virginia

旅の荷物が少ないことのもうひとつの利点。

By: The Library of Virginia[/caption] 放浪癖があるので

記事を読む

By: Timothy Vollmer

無印は買うな、の本当のところ。

By: Timothy Vollmer[/caption] 若かりし頃勤めていた会社での出来

記事を読む

fallleaves

ミニマリストの部屋着(秋編)

真夏にこんな記事を書いていました。 参考 ミニマリストの部屋着 ここ数日はまた少

記事を読む

By: Clemens v. Vogelsang

目に入るたびに捨てたくなる。

By: Clemens v. Vogelsang[/caption] あーやっと捨てられた!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

dentalcare2
自分でできることがない、委ねるしか術はない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 気

takamatsu_31
ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 JR

カシラ塩焼き
カシラ塩焼き、空心菜のおひたし献立。

ご無沙汰しております、家飲み献立です。 しばらく自宅を離

ツイードジャケットコーデ
ナチュラルシンプルファッションは、10年経っても色褪せない。

「ku:nel」が島田順子さん特集でした。 リニューアル

ワンタフトブラシ
40過ぎた大の大人が歯科でまた泣く。

By: Steve Snodgrass[/caption] 今

→もっと見る

PAGE TOP ↑