鍋で家飲み きのこ鍋。

公開日: : 家飯, 食べること ,

きのこ鍋

いやー、こう寒くちゃもう朝から鍋のことしか考えられない。

早々に手を出すと真冬に耐えられん、ということがわかっていたのでエアコンもこれまで使っていなかったのですが昨夜はさすがに解禁しました。

正直なところ、寒さは湯たんぽでしのげるのだけど、何せ外より寒い部屋。

エアコンなしではせっかくの料理も燗酒もあっという間に冷めてしまうものでね。




きのこ鍋で晩酌

きのこ鍋献立

  • 糠漬け
  • 焼き葱
  • きのこ鍋

きのこ鍋

きのこ鍋

手羽先出汁ベースのきのこ鍋、元ネタはいつもお世話になっている「ウー・ウェンの野菜三昧の愉しい日々」。
手羽先は熱湯でさっと茹でて一度洗い、綺麗な鍋に戻し入れ水、酒、生姜の薄切り、粒胡椒と一緒に火にかけ出汁が出るまでコトコトと煮込みます。30分ほど煮てからきのこ類を入れさらに5~6分煮たら完成。食べるときに味付けしながらいただきます。

あとはいつもの糠漬けに味噌を添えた焼き葱。どう転んでも呑む気満々の献立ですね。

さて、メインのきのこ鍋。今回入れたきのこのはしめじ、えのき、エリンギ、きくらげ。きのこの種類は多いほど出汁の味わいが複雑になって美味しくなるようです。干し椎茸があればよかったなー。なめこが入ったらいい感じでとろみがつくのでそれもまたよさそう。
基本は鶏出汁だから大根おろしとポン酢とか酢醤油とか唐辛子とナンプラーとかなんでも合いそうだなあと思ったのだけど、結局は塩と黒七味というシンプルな味付けで最後までぐいぐい食べてしまった。

いやー、きのこ出汁旨い。酒も進みます。

一人暮らしの料理レシピ

きのこってたくさん食べれば食べるほど体を浄化してくれるような錯覚に陥るのはなぜでしょう。実際低カロリーでビタミンミネラル食物繊維豊富とヘルシー食材の代表格みたいな存在ですが、おなかいっぱい食べても胃に重たくないのが嬉しい。

いいなあ、きのこ鍋。
今回は塩味で食べきってしまったけれど、次はちょっと違うバージョンも試してみたいし、この冬はちょくちょく登場させよう。そうしよう。

 






関連記事

141005d2

スパークリングワインのおつまみ 10/5 アボカドとツナのグラタンメインでワンプレート。

昨夜は友人と外食。 参考 鶏のあちこちを串で楽しむ。白金高輪 「酉玉」 焼き鳥を

記事を読む

金目鯛のかぶと煮献立

金目鯛のかぶと煮、水菜ときのこのおひたし献立。

鯛食べ過ぎ問題。 つい先日、鯛あら酒蒸し、潮汁と鯛あら連打したというのにまた鯛。狂った

記事を読む

イカとセロリの和え物

イカとセロリの中華和え、梅紫蘇奴。

毎日のメニューを予めしっかり決めて、材料もきちんと揃えて日々調理する。 これはなかなか難し

記事を読む

141130d3

家飲み献立 豚と小松菜で常夜鍋。

なんだかあっという間に11月も終わりですね。 明日から12月。 ということは、本

記事を読む

生ひじきの卵焼き

生ひじきの卵焼き、肉団子と大根の味噌汁献立。

初めに謝罪をします、すみません。 残っていた生ひじきと卵を混ぜて磯の香りの卵焼きに仕立

記事を読む

白ワイン おつまみ

ワインで家飲み 野菜のロースト、アボカドチーズ。

週末は何故かついついワインを手に取る習慣が。 さて、今夜のおつまみ。フライパンで焼いて

記事を読む

岡山の酒 碧天 純米吟醸 無濾過生原酒

岡山の酒 碧天 純米吟醸 無濾過生原酒で晩酌 鯖と新玉ねぎのサラダ。

岡山までたどり着きました、順調です。 関連 勝手に日本酒全国ツアー 対象地域の酒

記事を読む

海老とそら豆の塩炒め

海老とそら豆の塩炒め、にらのからし和え献立。

毎度好物が多くで恐縮ですが、そら豆が好きです。 好きだけれどあまり登場しない理由は、量

記事を読む

春キャベツとあさりの蒸し煮

春キャベツとあさりの蒸し煮、春菊の胡麻和えで晩ご飯。

夜中に突然目が覚めて、ふとあさりのことが脳裏を過ぎる。 あさり、あさりかあ。春めいてき

記事を読む

ienomi160609_7

家飲み献立 きくらげと卵の炒めもの、焼きなす。

豚肉シリーズラスト。 きくらげと卵の炒めものは結構好きなおかずでよく登場します。卵の炒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

40代ファッション
2017夏コーデ、捨てても捨てなくても大丈夫。

ふと気付けば、この夏やたらめったら多用しているコーデがあります

芳水 純米カップ
徳島の酒 芳水 純米カップで晩酌 鮭とじゃがいものにんにく蒸し、ニラ納豆。

四国地方コンプリートです。 まさかの節酒宣言で雲行きが危ぶま

ワンタフトブラシ
もう歯医者には行きたくない。

By: Steve Snodgrass[/caption] 人

ニラときくらげの卵炒め献立
ニラときくらげの卵炒め、えのきの梅しそおひたしで晩酌。

ガツンとした炒めものにはやっぱりビール、ですね。 密かに

door.min
ドアノブに少しだけ手をかける。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久

→もっと見る

PAGE TOP ↑