50過ぎ、ようやく自分の強みを理解する(遅い)。

公開日: : 最終更新日:2023/02/12 これからの働きかた

確定申告の準備をしながら、2022年を振り返っています。

いやあ、ハードだった。ここ数年で一番ハードな1年だったよ。

純粋な仕事量の増加や苦手な業務が降り注いできたことへのキツさというよりも、精神的なキツさがすごかった。自分の精神状態含め全方向に鈍すぎる私が「こりゃちょっとヤバいかもな」と自覚する程度にはキツかった。

当時のことを思い出すといまなおガクブルしますが、止まない雨はないじゃない、を再確認した1年でもありました。

余裕がなかった時期を振り返る

それではキツかった頃の様子を確認してみましょう。

私なんて信用されなくて当たり前。

しんどそうですね。しかし、しんどい中でもなんとか自分を騙しつつ前を向こうとしている様子が伺えます。年の功ってやつですね。

この頃は余裕がなさ過ぎて、酒さえ飲めていない有様でした。

キツい時こそ、好きなことをする。

今では平日もぐっびぐびですけど、当時の方がむしろ健康的でよかったのではと思わなくはありません。

いや、寝ても覚めても仕事のことを考えて、明日が来るのが怖いとかほざいてたから、ぜんぜん健康的じゃないですね。

あれから早10ヶ月余り。今では件の案件も、すっかり「遊び場」のひとつとなりました。

遊んで暮らせるなら、中身はどうでもいい。

いやあ、でかした。でかしたぞ自分!と、珍しく褒美を使わしたい気分です。

50過ぎ、ようやく自分の強みを理解する(遅い)

とはいえ、状況は大きく変わってはいません。別に目に見える成果を上げたわけじゃないし、関係各位の信頼を得るべく付け届けに勤しんだわけでもない。仕事量だって、確実に増えている。

しかし私は気づいたのですよ。これといって秀でた能力や才能のない自分の、唯一の強みに。

自分が健康体以外に誇れるものがあるとするならば、それはおそらく「自走力」だ。

誰に管理されずとも、放っておいても、コミュニケーション不足でも、褒めたり讃えたりしなくても、特に気に留めず勝手にゴリゴリ仕事をする力が、おそらく人一倍強いのではないかと。

外部人材を活用する側にしてみれば、管理工数に多大な時間を取られるのはかなり痛手。せっかく外注したのに、なんでこんなに手間かかるの?本末転倒じゃない?てなもんでしょう。パフォーマンスどうこうより、もっと手前で解決せねばならない課題は、確かに存在するのだ。

簡単に見つかる副業、複業、週末起業 。

そんなことにぼんやりと気づき始めた昨年末頃、例のなかなか信用してもらえなかったクライアントに

「みなさんお忙しいと思うので、都度細かい確認入れずに、自分が勝手に進めちゃっていいですか?」

と打診してみたところ

「そのほうが助かります、もし方向性違ってたらチェック入れるので」

とあっさり快諾され、やはりそうか、こりゃ数少ない長所である自走力と孤独力を活用して貢献するしかないわな。と確信したのでした。

逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

思えば遥か昔は、手のかからない子として有名な幼児でした。あまりの手のかからなさに自宅内で放置され、外を歩き出すくらいの大きさになるまで、お隣さんすら誕生に気づかなかったという逸話も残っているほどです(母談なので信憑性薄)。

ありのままの自分で生きるって、こういうことでしょうか。個性を活かすって、多様性って、こういうことでしょうか。多分違いますが、これがよしとされるのなら、全然一人孤独に淡々と走り続けますよ、あたしゃ。

そんなこんなでどうにか乗り越えられた昨年。今年はさらに実りあるお遊びをしたいわね、と思える程度には意欲があります。だって、ほら。なんたって「大幸運期」なんだし。

大人一人暮らしのヒント




関連記事

フリーランス、はじめてのオンライン新規営業。

先日、生まれて初めて「オンライン新規営業」を経験しました。 どんな業界も営業の縮小や自粛傾向にある

記事を読む

休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩。

たのしいたのしい年末年始休暇も終了し、世間はすっかり通常モードに戻りましたね。もちろん私も戻

記事を読む

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

モノを所有しない時代の稼ぎ方。

By: Rob Ellis[/caption] 最近は映画やテレビドラマ、音楽、書籍や雑誌に

記事を読む

40代残りの20年、その先の20年。

ざっと残りは20年、ってとこか。 その言葉に、思わず顔を見合わせる。 「まあまあ、長

記事を読む

お金の「見えない不安」を取り除くには。

感情の見える化にはまんまと失敗しましたが、家計の見える化は、なぜか継続しています。 人生初の「

記事を読む

遊んで暮らせるなら、中身はどうでもいい。

「お互い割といい感じの流れになっていた」と書きました。 寿司をつまみながら、いよいよ食

記事を読む

50代で起業、異業種への転身。

そういえば、あの人は今どうしているのだろう。 ふとそんなことが頭を過って名前を検索して

記事を読む

終わった後に、捨てるご褒美が待っている。

準備だけ整えて、最終段階には至らず放置すること数日。 「ハア?準備だけ終わった? 書い

記事を読む

携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています。 携帯電話を持たない平

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50代一人暮らしの1ヶ月の支出。老後に備え、いかにして小さく暮らすか。

現役世代のゴールがちらりちらりと見えてきた50代。友人知人と

腰痛改善に向けて始めたこと2つ。

今年こそは腰痛改善に取り組むぞ!と宣言して早1ヶ月が経過。や

ご近所感覚の酒場を求めて。韓国ソウル一人旅で食べたもの・その2

韓国・ソウル食記録の続きです。1人で飲むなら、定食で。韓国・

やりたいことリスト’24「ちゃかし倒してゲームする」

毎年恒例の儀式・その2「やりたいことリスト」のお時間がやって

2023年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返る恒例行事、今年もいってみましょう。

→もっと見る

PAGE TOP ↑