旅行の荷物は準備不足で増えていく。

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 ミニマルライフ, 旅人への道

バンコク バス

そんなわけでバンコクに入りました。

タイも約1年ぶりでしょうか。
まあこの1年は珍しくほぼずっと東京にいたわけですから、どこに行っても1年以上の開きはありますね。

タイはフィリピンと違って食べたいものがあれこれあるのが嬉しい。自炊ではあまり食べない麺とかご飯とかついつい食べてしまうので、増量すること間違いナシでしょう。

ところで今回はセブからバンコクに移動したので、バンコクの都会っぷりを感じずにはいられません。東京から直で来るとそんな風には思わないかもしれないけど。




やっぱり荷物は重かった

bkc3

さて、バンコクに来る前にそれまで使っていたスーツケースを手放しました。

参考 旅行鞄をスーツケースからトートバッグにチェンジ。

エアーを機内持ち込み荷物のみで手配していたこともあってトートバッグに切り替えたわけですが、数はさほど多くないとはいえ、洋服が詰まった鞄を暑い中持ち歩くのはどうにもキツイ。特にバンコクは電車や地下鉄、バスなどの公共交通機関が整っていてあまりタクシーに乗らずに済むおかげで、鞄を抱えている時間が妙に長く感じてしまうのでした。

うん、もっと減らすべきだった。

今回の荷物を重くしている犯人はラップトップと一眼レフであることは間違いないのですが、これらは必需品。となると洋服類をさらに減らすしか方法はないのです。

準備不足がモノを増やす

タイ バンコク

バンコク移動に持参した持ち物の中で既に不要だったと発覚したものがあります。

それは、ラッシュガード。

バンコクで泳ぐ予定もないのにわざわざ水着を持ってきたのはもちろんタイの旧正月ソンクラン対策。濡れても大丈夫で日焼けも防げる、ということで水着とラッシュガードを着用するつもりだったのですが、結局この考えは間違っていました。

参考 ソンクランの準備と服装。ソンクラン参戦記 2015。

事前にきちんと調べたり、現地の友人に教えを乞うなどしていたら絶対に持っていかなかった荷物。しかも結構重量があるので失敗したなあ、という感じです。

完全なる準備不足。まだまだ甘いね。

実はもっと少なくてもいいのかもしれない

bkc2

このラッシュガード事件によって感じたことは

「まだまだ減らせる可能性はあるんだ」

ということ。

私の場合はモノを減らすこと自体が目的ではありませんが、モノを減らす理由のひとつである「身軽に旅したい」を叶えるにはもっと工夫ができるはずだし、面倒がらずに頭を使わないといけないなと思います。

モノを持たずに身軽に暮らす

って、めちゃくちゃストイックに減らすつもりはないのですが、とにかく単に嫌なんですよ、重いものを持って移動するのが。

どうにもずぼらな私ですが、嫌なことを回避するためなら努力もできるというものですね。






関連記事

By: H. Michael Karshis

パソコンを手放す準備。

By: Mingo Hagen[/caption] 先日パソコンについて書いたから、という訳

記事を読む

By: Luis Villa del Campo

ブランドアイテムは、いつもやさしい。

By: Luis Villa del Campo[/caption] 季節外れにブーツを捨て

記事を読む

By: Thomas Beck

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

zara-st

思考停止ワンパターンコーデはおしゃれじゃない。

使わないものはありませんでした、が理想的だなあと常々思っております。 関連 旅の荷物を

記事を読む

whitecloset

収納がない部屋の収納を考える。

現在、毎日何かひとつづつモノを捨てるというキャンペーン(?)を実施しています。 参考

記事を読む

By: Leland Francisco

フィルム時代の写真、整理する?しない?

By: Powerhouse Museum[/caption] 先日「フィルム時代の写真はど

記事を読む

takamatsu_31

ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 深夜便を利用したおかげで、JR高松

記事を読む

naia1

マニラニノイアキノ空港ターミナル移動で疲労困憊。

眠いです。 ただ今マニラでトランジット中。 セブパシフィック使って珍しくオンタイムに

記事を読む

By: IvanWalsh.com

機嫌よく過ごす方法、リストアップで逆算する。

By: Andrey[/caption] 突然ですが、私の人生の大テーマに 「常に機嫌

記事を読む

By: Joe Shlabotnik

ブランド靴、新品未使用・箱アリの査定額、買取相場はおいくら?

By: Joe Shlabotnik[/caption] この秋冬ファッションのメインテーマ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

cebu-text-1
フィリピンにいながら日本の教材で英語を学ぶ理由 大人の短期留学ライブ記録 3週目を終えて。

社会人の短期語学留学。3週目が終了しました。 関連 セブ

ひとりぜいたく晩酌帖
ブログ書籍化の経緯、本当のテーマは何だ。

当ブログ、カリッとした毎日。がきっかけとなり、この度1冊の本が

171115ienomi_7
こんにゃくステーキ、さつま揚げと白菜の煮もので晩酌。

まだまだ南国にて酒なし生活継続中ですが、書ききれていなかった晩

cebu-diary10_2
自信はないのに諦めない。

まさかまさかの4連チャン。 過去こんなに連日降り続けるよ

cebu-diary-06-2
今見えている現実は真実ではない。

3日連続の雨。 この島のいいところはスカッと抜けるように

→もっと見る

PAGE TOP ↑