ベトナム一人旅、ホーチミンで暮らすアパートメントホテル。

公開日: : 最終更新日:2019/05/12 旅人への道

saigon_q_apartment_32

ホーチミンではアパートメントタイプのホテルに滞在しました。

本当に危ない、ベトナム・ホーチミン一人旅。

バックパッカーが集まるブイビエン通り近く、細い路地を入ったところにある、小さな小さなホテル。

特別なことは何もない、シンプルな部屋ではあったけれど、ロケーションのよさもあってかなり気に入りました。ホーチミンで長期滞在するならおすすめです。

サイゴンQアパートメント

滞在したのはサイゴンQアパートメント

saigon_q_apartment_33

ホテルの看板はかかっているけど、

saigon_q_apartment_36

1Fはどうみても鞄店。店のカウンターにいた店員さんに尋ねると、このショップの上階部分がホテルになっているとのことでした。そういや台北でもそんなパターンあったな。

宿泊したのはエグゼクティブスタジオというタイプで50㎡くらいのやや広めの部屋。

saigon_q_apartment_18

広めといっても、この簡易キッチンのスペース含む、です。キッチンはシンクとIHコンロに湯沸かしケトル、あとはフライパンと包丁、平皿くらいしか用意されていないので数日間の滞在でがっつり料理することは難しいけれど、長期滞在なら使えそう。歩いてすぐのところに食材を買える店もあります。

saigon_q_apartment_21

室内の設備は必要最低限でごくシンプル。

saigon_q_apartment_19

バスルームもシャワーとトイレ一体型のシンプルな作りで、アメニティは歯ブラシ、シャンプー、ボディーソープ。タオルはあるけど部屋着などはなし。

saigon_q_apartment_20

クローゼットがものすごく大きいけど、ハンガーはなぜか少なめ。

saigon_q_apartment_17

寝室は天井が高く、大きな窓があって日当たりよしがうれしい。

saigon_q_apartment_23

ベランダの正面がお向かいのお家?なんだけど、こちらがやたらと風情のある建物かつ緑たっぷりで良い感じなのです。

saigon_q_apartment_24

ベランダからの風景。この路地にはコンビニや、こじんまりしたカフェが数軒ありました。かわいいおねえさんのいるカフェで飲んだマンゴースムージーが美味かった。

saigon_q_apartment_25

路地を出た突き当たりの通りは美味しい麺の店やベトナム風のっけめしのコムタム屋さん、野菜や果物を売る屋台などが並んでいて、なかなか賑やかでした。

saigon_q_apartment_29

このベランダにある風鈴(と呼んでいいのかわからないけど)の音が気持ちよくて

saigon_q_apartment_30

自動的にこんな状態になったり。この脱力感、旅というより、ただの週末。溢れ出る自宅感。

saigon_q_apartment_27

いやいや、もちろんちゃんと仕事もしておりましたよ。

昼間は工事の作業音などが聞こえていましたが、大通りから1本入った路地裏だからか、夜はとても静かでした。

よかったところ、悪かったところ

saigon_q_apartment_35

カメラのレンズの都合で局部的な写真ばかりになってしまいましたが、ご覧の通りすっきりシンプルではあるものの、愛想なしというか、部屋自体に特別個性はありません。おまけに2泊だし、キッチン付きにする必要などまるでない。けれど、この辺りで滞在したことがなかったし、なんとなく惹かれるものがあり予約した次第です。結果は大正解!で、オーナーと思しき若い女性にも、また次もここ泊まりたいわ〜と宣言しちゃったほどでした。

よかったところ

  • ロケーションがいい
  • 路地裏感がたのしい
  • 暮らすような感覚で滞在できる
  • 内装がシンプル
  • 広めのテラスが気持ちいい
  • 天井が高い

ホテルの前の道はおそらくタクシーは入れないけど、路地を出ればすぐ大通り。バス停も近くて移動にはそこそこ便利です。路地の片側には門扉がついており、深夜は施錠されていました。私道扱いなのか?ホテルそのものというか、ロケーション含めて高ポイントといったところです。住まい同様、宿泊先もハコだけじゃなくて、周辺環境込みでの評価になるもんね。

悪かったところ

  • 時間帯によっては温水シャワーの出が悪い
  • バストイレ一体型でやや使いにくい
  • レースカーテンがない
  • お向かいさんとこんにちはする

設備自体のクオリティが高いわけではないので、使い勝手がイマイチなポイントもいくつか。私の部屋の正面は例の素敵ハウスなので見る分にはいいんだけど、1回だけおじさんがテラスでタバコを吸っている場面に遭遇しました。道幅狭いから割と目線近いのが気になるといえば気になるかも。レースの目隠しカーテンとかあればいいんだけどなあ。4~5階あたりなら正面の建物は目線に入らないかもしれません。

こうして書き出してみても、さして気にいるポイントのなさそうな宿ではあるのですが、実は私がここを推す最大の理由が

saigon_q_apartment_38

犬。
このアパートメント、1Fのショップスペースに、看板犬のプードルくんがいるのですよ。

saigon_q_apartment_37

こいつが恐ろしく人懐こい犬でして、もうチェックイン時から激しくつきまとわれ、出かける際にも飛びつかれ、帰ってきたときには噛みつかれ、四六時中寄ってくる寄ってくる(嬉)。

saigon_q_apartment_28

暴れん坊で噛みグセが強いのが困りものだがしかし、犬好きとしてはもうたまらん滞在となったのでした。ちょっとズルいポイントアップなような気もするけれど、犬好きってそんなもんですよ。逆に動物苦手な方は要注意かも。

犬加点を差し引いても、ちょうどいいローカルっぽさと大通り外れの路地裏感が気に入りました。こういうところは1週間くらい居座って、住人のふりしながら過ごしたいね。

SAIGON Q APARTMENT
135/44 Đường Trần Hưng Đạo, Phường Cầu Ông Lãnh, Quận 1, Hồ Chí Minh 70000




関連記事

台湾一周一人旅 国立美術館に高美湿地、台中で行ったところ。

台湾2都市目、台中に到着しました。 関連 台湾一周 鉄道駅弁一人旅。 台北をほと

記事を読む

浅い関係、おかしな嫉妬。

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空

記事を読む

ベトナム一人旅、ニャチャンのホテルは謎ペントハウス。

ニャチャンで宿泊したホテルの記録です。 当初海沿いのホテルがいいなと思っていたのですが

記事を読む

伊東へ日帰りドライブ旅 日本散歩・静岡県

東京から静岡県・伊東市まで、日帰りドライブに行ってきました。 日本国内、各地で散歩

記事を読む

壊れたカメラの処分、売る?手放す?

By: nhoffmann75[/caption] 次の旅は手提げひとつで行きましょう。

記事を読む

セイリングクラブニャチャン

ベトナム一人旅の食事 ニャチャンビーチのバーで夜遊び気分。

ベトナム・ニャチャン一人旅の食記録、後編です。 前編ではオーソドックスなベトナム料理、

記事を読む

白鶴酒造記念館 酒蔵巡り

白鶴酒造資料館 最後は立ち呑みで〆。灘の酒蔵巡り その4.

しつこく書いている灘の酒蔵巡り、ようやく最終回です。 参考 灘の酒蔵巡り 2015

記事を読む

ニャチャンでネムノンを食べる

戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約1年手つかずのまま放置していま

記事を読む

白シャツ一枚 装いプレイの可能性。

極端な話、仕事がらみの旅行じゃなければ洋服なんてラクなものが一番だし、枚数だって少なくていい

記事を読む

夜景をチラ見で地獄どうふ。大阪新世界はしご酒ツアー後編。

大阪新世界はしご酒ツアー、後編です。 関連 新今宮から通天閣を歩く 大阪新世界はしご酒

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑