京都 清水寺、随求堂胎内めぐりで生まれ変わった私。

公開日: : 最終更新日:2017/02/07 旅人への道, 生き方と考え方

京都散歩2017

齢すでに40半ば。人生を一からやり直すことはできません。

関連 今すぐ一から人生全部やり直したい。

そうして私は今日も私のまま生きている。

しかし、実はこっそり生まれ変わったのです。




京都生まれ変わりツアー 2017

京都散歩2017

年明けに久しぶりに京都へ行ってきました。

今回のメインターゲットは仏像。JR京都駅から出発してバスでまずは三十三間堂まで移動し、そこからはぶらぶら歩きながら四条方面へ向かう京都散歩です。

京都散歩2017

JR京都駅。じっくり見たことなかったけれどかなり壮大ですね。

kyoto17_32

kyoto17_33

京都の街がぐるりと見渡せる屋上のテラスも気持ちいいです。

kyoto17_34

寒いけど。

kyoto17_4

バス停でバスを待ちながら京都タワーを眺める。

京都散歩2017

JR京都駅から三十三間堂までは歩いても15分程度の距離なのですが、その先も歩くので序盤だけショートカットしましょうという算段です。

kyoto17_5

京都散歩2017

三十三間堂向かいの京都国立博物館の建物が素敵。

京都散歩2017

が、今回の目的はこちらです。

国宝・三十三間堂 千手観音坐像

京都散歩2017

京都散歩2017

国宝三十三間堂、拝観料は600円なり。

参考 国宝・三十三間堂

正式名は、蓮華王院で、その本堂が「三十三間堂」と通称されます。これは、東面して、南北にのびるお堂内陣の柱間が33もあるという建築的な特徴によります。「三十三」という数は、観音菩薩の変化身三十三身にもとづく数を表しています。

長い長い堂内に絶対的センター国宝・千手観音坐像が鎮座し、サブをがっちり固める風神雷神、その下で二十八部衆がチャンスを伺っているばかりか周りには千体の等身大観音が控えているという手に汗握る圧巻のステージ。いやステージじゃないけどそのパフォーマンスに圧倒されるという意味でもはやステージ。

堂内写真撮影NGなのでそのステージングの素晴らしさを画像でお伝えすることができないのが残念ですが、ひとつひとつ異なる顔を持つ千体の観音さまの中には必ず会いたい人に似たものがあるとのこと。もしかしたらあの人やあの娘に似た観音さまが見つかるやもしれません。

最後列の観音さまを移動させるのは相当困難だよね下手したらドミノ倒しの大惨事とか、夜中はやっぱり動き出して大宴会になるんじゃなかろうなんてナイトミュージアム的なことを考えたり妄想は膨らむばかり。こんな緻密なものを700年以上も前の鎌倉時代に制作していたなんて人間って恐ろしい生き物ですね。

六波羅蜜寺 空也上人像

京都散歩

もうひとつの目的地は六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)。こちらの宝物館にて展示されている空也像を観たかったのです。

kyoto17_24

こちらも拝観料は600円なり。そして同じく写真撮影禁止ゆえにそのお姿は公式サイトにてご確認いただくとして。

参考 重要文化財一覧(六波羅蜜寺)

空也上人立像 鎌倉時代(重要文化財)
運慶の四男康勝の作。胸に金鼓を、右手に撞木を、左手に鹿の杖をつき、膝を露に草鞋をはき、念仏を唱える口から六体の阿弥陀が現れたという伝承のままに洗練された写実彫刻である。

残されている資料が少なく謎多き人物なので本当のところはよくわかりませんが、本寺サイトによれば第60代醍醐天皇の皇子・空也上人。実際にこの像をしげしげと見つめてみると写真で見ていたのとは印象がまるで違って驚く。写真では静かに悟ったような表情に見えたのに、右から眺めてみれば眉間に力が入った苦難の表情に見え、左側から苦しみは感じられず。

いやはや、立像ですらこうなのだから、実際に目にして触れて体験してみなくては見えてこないことってのは山ほどあるのでしょうね。

森羅万象に生命を感じ、ただ南無阿弥陀仏を称え、今日ある事を喜び、歓喜躍踊しつつ念仏を唱えた。

今日ある事を喜び歓喜躍踊ってのがとてもよい。

口から出てるアレ、実際のところ作者がちょっとふざけてやっちゃったんじゃないのかなどと罰当たりなことを話していたのだけれどそんなことはあるはずもなく。ちなみに「南・無・阿・弥・陀・仏」で6体とのことです。

清水寺で生まれ変わった私

茶わん坂

そしてこの途中、茶わん坂を登って清水寺へも立ち寄りました。

kyoto17_12

kyoto17_13

平日とはいえまだまだお正月シーズン、観光客でごった返しているのではと危惧していたけれどそう酷い混雑もなく。

kyoto17_14

kyoto17_15

が、上から見下ろしてみればこの状態でありました。さすが京都。

kyoto17_17

kyoto17_18

で、清水寺ですけども。

参考 清水寺について

「清水寺」という寺名は、音羽山中より今もなお途切れることなくこんこんと湧き、音羽の滝に流れる霊泉に由来しています。この霊泉は「すべての人を救う」観音さまのご利益とあわせ、古来より無病息災、立身出世、財福、良縁、子授けといった現世利益を願う善男善女を集め、「清水の観音さん」の名で全国に広く信仰を得てまいりました。

清水寺といえば飛び降りるのに最適な舞台があることで有名ですね。私も何度もここへ訪れています。がしかし、今回私はここで初めて生まれ変わる体験をしたのです。

参考 随求堂(清水寺)

塔頭慈心院(たっちゅうじしんいん)の本堂で、享保3年(1718)の再建。衆生の願い、求めに随って、叶えてくれるという大功徳をもつ大随求菩薩(だいずいぐぼさつ)を本尊(秘仏)としてお祀りしています。

そう、この随求堂にて妙な案内を受けてしまったのです。

kyoto17_21

それは胎内めぐり体験なるもの。

kyoto17_19

説明によれば、真っ暗な中手すりとして設置されている数珠を頼りに進み光に照らされた随求石にたどり着き祈って再び戻って来るというなんだかよくわからない出し物。出し物って言い方はイカンか。

kyoto17_20

この階段を降りたら下は真っ暗なんですって。ふ〜ん。

1人100円。まあせっかくだし空いてるしやってみましょうかとなんとなく入ってみたらばなんじゃこりゃ。真っ暗ってアナタ、本気で真っ暗ですよ。神も仏もありゃしない、あるのは漆黒の絶望ばかりなり。なぜか連れが先頭で入ってしまい次いで私、後ろには見知らぬ人々が数人連れ立って始まった胎内めぐり。

怖い、怖すぎる。

真っ暗な中手すりを頼りになぜか中腰になって進む一行。別に天井は低くないんだけどなんせ見えないから怖くてかがんじゃうのはなぜなのだ。そして聞かれても求められてもいないのに全員が口々に

「次、曲がります」
「左、左方向です」

とかナビを始める謎現象。暗闇の中では誰もが妙な行動に出てしまうものなのでしょうか。しかし梵字刻まれし随求石なるものが薄ぼんやりとした光に照らされる様を発見した瞬間の喜びは大きく。既に妙な連帯感を共有している見知らぬ人たちと共に石を回しさすり祈り再び暗闇を抜けて全員無事に外の世界へ戻ったのでありました。

なんだこれ。怖いわ。でも、なんかすっきり。

こんなの昔からあったっけ?とサイトを調べてみれば2000年に始まったとのこと。どおりで知らなかったわけだよ、まあむやみやたらと怖く珍妙で結果なんだか清々しい気持ちになれたのはよかったです。

そんなわけで2017年の初め、私は無事生まれ変わることができました。

生まれ変わったり踊ったりして生きて行く

kyoto17_23

久しぶりの京都。

kyoto17_27

kyoto17_26

舞妓体験中の可愛らしいお嬢さん方とすれ違ったり

kyoto17_30

kyoto17_31

両親へのお土産に毎度おなじみ黒七味の原了郭のお店に寄ったりと街歩きを楽しんだのでありました。

以前大阪に住んでいた頃、取引先の東京在住の女性に

「せっかく関西に住んでるのに京都や奈良に行かないなんて勿体ないわよ!」

と言われたことを思い出す。確かに近場にいるといつでも行けるからと後回しにしてしまうんだけど、他にも見応えある歴史的遺産が山盛りある関西エリア。今度は久しぶりに奈良にも行きたいなあなどと考えたのでした。

今日は1月17日。人生一からやり直せなくとも時にはこんな風に勝手にリフレッシュした気になって粛々と過ごしていければそれでよし。そして空也上人よろしく今あることを面白がって踊りながら生きるのだ。なんて何もかもが都合のいい解釈だけれど、とにかくそうやって生きるのだ。

 






関連記事

chikaan

セブ島の食と物価、フィリピンレストラン事情。

セブ島の物価について。2015年の春セブ島に来た時には円安とインフレの相乗効果でううむと唸っ

記事を読む

NY_tips_13

女性が一人で生きていくのは大変、という勘違い。

40も過ぎればなんだかんだで一人暮らし歴が長くなってきました。 「女が一人で生きていく

記事を読む

BB&CCクリーム

冬の旅に持参するスキンケアとメイク用品 ’16。

By: lina smith[/caption] 旅の荷物を少なくするべくスキンケアもシンプ

記事を読む

qv5

モアルボアルおすすめホテル。モアルボアル滞在記録 2015 その2。

前回から少し間が開いてしまいましたがモアルボアル滞在記録の続きをば。 参考 モアルボア

記事を読む

By: Pedro Ribeiro Simões

ほうれい線のその後と変わりゆくことへのもどかしさ。

By: Ghost of Kuji[/caption] 「夜電車に乗ってると、窓に映った自分

記事を読む

By: photosteve101

石ころでも売る技術。モノを売るテクニックは悪なのか。

By: photosteve101[/caption] 朝日新聞に糸井重里さんのインタビュー

記事を読む

neet

18歳から42年間引きこもり 「テレビを見てたら60歳になっていた」

この話が真実なのかどうかは知る由もありませんが。 参考 18歳から42年間引きこもった

記事を読む

nana plaza

作家、本当のJ.T.リロイ 人は本質以上に「誰が言ったか」で評価する。

中身はもちろん大切。けれど時に内容やクオリティなどそれ自体の本質よりも 「誰が言ったか

記事を読む

daikanyama15

馬鹿とはお茶できない。

茶飲み友達。 文字通り、お茶など飲みながら会話を楽しむ友達のことで、主に老人同士の友人

記事を読む

moalboal-restaurant_12

なんにも持っていなくても、奪われるのはやりきれない。

はっきりはわからないけれど、おそらくモアルボアルの海のような。 ひとしきり遊んだのでそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

あさりと小松菜のオイル蒸し
兵庫の酒 櫻正宗 宮水の華 特別純米酒で晩酌 あさりと小松菜のオイル蒸し献立。

時期的にあさりも食べておかねばなるまい、ということで合わせて新

moalboal-4-3
フラガールのコミュニケーション考察。

「ね、ね、ちょっと!これ見てよーぅ」 弾む声の主が私の目

春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。
春キャベツと鮭のしょうが味噌炒め、小松菜のナムル献立。

一時はどうなることかとヒヤヒヤしましたが、春キャベツ、普通に手

161223ny2
47歳からのニューヨーク留学 夢と現実と厳しさと。

先日ちらっと触れた本、読み終わりました。 白髪のロングヘ

わかめと玉ねぎの味噌汁 紅芯大根の漬もの きのこ梅おろし 豚肉ともやしの酒蒸し
豚肉ともやしの酒蒸し、きのこ梅おろし献立。

たまにワシワシと頬張りたくなるもやし。 季節問わず簡単に

→もっと見る

PAGE TOP ↑