沖縄の酒 黎明 本醸造で晩酌 ソーキと大根のスープ煮、れんこんの黒酢炒め献立。

公開日: : 最終更新日:2018/04/21 家飯, 食べること ,

沖縄の酒 黎明

約2年に渡り続けてきた日本全国酒巡り、いよいよ完結です。

関連 勝手に日本酒全国ツアー

最後の1本は沖縄県の酒。

沖縄は泡盛のイメージが強いですが、日本酒もあるのですね。



沖縄の酒 黎明 本醸造

沖縄の酒 黎明

前回の鹿児島県同様、現在沖縄県で造られている日本酒はこの黎明のみ。

関連 技術者としての誇りが沖縄の地で結実。(泰石酒造)

創業者の安田 繁史は現在の岩手大学で農芸化学を修め、技術者としてのプライドを沖縄の地での酒造りに賭けました。

サイトの情報によると、泰石酒造が日本酒製造に着手したのは今からちょうど50年前の1967年のこと。その後2006年には純米吟醸タイプも発売するようになりました。

沖縄は泡盛のイメージが強い、と最初に書いたけれど、黎明について調べていてたどり着いたコラムを読んでちょっと驚く。

参考 日本最南端の清酒『黎明』(美ら島物語)

その当時(1960年代)は、観光客は泡盛のことなどだれも知らず、沖縄に来ても清酒を好んで飲んでいた。沖縄で造れないから本土のものを出すしかない。悔しいではないか、何とか沖縄で清酒が造れないだろうか、と考える日々が続いた。

そうだったのか。現在の常識もほんの数十年前までは全然当たり前じゃなかったんだな。

今回はオリジナルの本醸造をセレクト。Amazonでチェックしてみると、この沖縄の黎明と鹿児島の正宗を同時購入している人がちらほらいるらしいことが伺えて微笑ましい。酒飲みの考えることは同じですね。

さて、日本最南端の酒を常温でひとくち。ん?味が多い。
沖縄県内唯一の日本酒、ということでなんとなく味の予想はできていたのだけれど、思っていたのとは少し印象が違いました。もっと大衆的なTHE・醸造酒をイメージしていたのであれっ?と驚く。意外に複雑な味わいで、なかなか面白いです。

多分全国ツアーをやっていなかったら飲むことはなかったであろう1本。都道府県縛りで酒を選ぶ楽しさはこういうところにあるんだろうな。

沖縄の酒 黎明 本醸造

蔵元  泰石酒造株式会社(沖縄県・うるま市)
種類  本醸造
精米歩合  -
日本酒度  +7.1
酸度  1.8
アルコール度  15.5度

ソーキと大根のスープ煮、れんこんの黒酢炒め献立

ソーキと大根のスープ煮

  • ぬか漬け
  • かぼちゃの塩煮
  • 蒸し白菜
  • れんこんの黒酢炒め
  • ソーキと大根のスープ煮

ぬか漬け

ぬか漬け

本日のぬか漬けは蕪、にんじん、セロリの3種盛り。

かぼちゃの塩煮

かぼちゃの塩煮

毎度おなじみかぼちゃの塩煮。一口大に切ったかぼちゃに塩を振って少量の水とともに鍋に入れ、蓋をして蒸し煮にするだけ。

蒸し白菜

蒸し白菜

こちらも蒸しただけ料理。ざく切りにした白菜を蒸し、鰹節を乗せてしょうゆをちょろり。余っていたすだちを添えました。

れんこんの黒酢炒め

レンコンの黒酢炒め

皮をむいて輪切りにしたれんこんを油をひいたフライパンで両面こんがり焼きます。最後に黒酢とにんにくしょうゆを投入してさっと煮からめたら完成。

ソーキと大根のスープ煮

ソーキと大根のスープ煮

豚スペアリブに塩を揉み込みしばらく放置。その後一旦茹でこぼして余分な脂を落としてから大根、薄切りのしょうが、出汁昆布、酒、粒胡椒とともに鍋に入れ、水を加えて柔らかくなるまで煮込みます。味が足りなければ最後に塩で味を整えて完成。

沖縄の酒、はて、何をあわせるかと考えて、単純にソーキをセレクト。沖縄の豚料理といえばこっくりとろけるラフテーあたりも気分だけれど、シンプルな塩味のスープ煮はほったらかしでできて失敗もないので俄然気楽。ほろりと解ける柔らかい肉と旨味を吸い尽くした大根がたまりません。もちろん、汁も旨し。

おつまみレシピブログ

勝手に日本酒全国ツアー、無事完走!いやあ、単なる思いつきで始めたこのお遊び、終わってみれば楽しい企画でありました。ただただ飲んでただけだけど。来年からはまた何か新たなる遊びを考えたいところです。

そしてこれにて2017年の家飲みは終了。というかこれ、1ヶ月以上も前の献立なんですけどね。書くタイミングを完全に失ってここまで引っ張ってしまったのでありました。

自宅を離れて1ヶ月。食事の準備をしなくてもいい毎日は楽チンだけど、そろそろ家飲みが恋しくなってきたなあ。野菜山盛り食べたいなあ。

 




関連記事

アッシパルマンティエ

アッシパルマンティエで赤ワイン。

もうそろそろ本格的に春がやってくるけれど、そういやこの冬食べてなかったな。 とふと思い

記事を読む

ekiben

東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

さて、またまた移動です。 行き先はまたまた関西方面です。 なんだかんだと言いながらも

記事を読む

taiwan-foods57

人生のど真ん中を失うということ。

先日たまたま目に入った記事を読んでびっくり。 アニサキスにあたって、一生ほとんどの魚が

記事を読む

豚とごぼうの柳川煮

豚とごぼうの柳川煮、蕪の梅和えで晩酌。

最近ごぼうを食べてなかったなあ。 ごぼう、好きなんだけどキャベツやら白菜やら大根やらと

記事を読む

塩豚のトマト煮 献立

塩豚のトマト煮、蕪の葉としらすの炒めもの。

やってしまいました。 サラダにしようと思っていたトマト、うっかり凍らせてしまいました。

記事を読む

焼きかぶ、蒸し鶏と青菜のわさび和え献立

焼きかぶ、蒸し鶏と三つ葉のわさび和え献立。

見かけたらついつい買ってしまうのだけれど、大ぶりのものが2つ3つあると思いの外持て余してしま

記事を読む

白鶴酒造記念館 酒蔵巡り

白鶴酒造資料館 最後は立ち呑みで〆。灘の酒蔵巡り その4.

しつこく書いている灘の酒蔵巡り、ようやく最終回です。 参考 灘の酒蔵巡り 2015

記事を読む

アンチョビブロッコリー献立

アンチョビブロッコリー、具沢山納豆献立。

ブロッコリーにアンチョビの組み合わせは白ワインの鉄板つまみですね。 が、今日は日本酒で

記事を読む

ヤムウンセン 献立

ヤムウンセン、ピーマン入りカイチアオ献立。

今夜はビールで通しましょう。 そう決めた夜の献立はタイ料理。 最近ビール→日本酒

記事を読む

卵黄の醤油漬け

卵黄醤油漬け、三つ葉奴で家飲み。

気になっていたのですが、ここ数日写真がどうにもおかしい。 原因はカメラか?また故障か?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

edogawa46
趣味のアレでお金を稼ぐ大型連休。

好きこそ物の上手なれはまぎれもない真実ですね。 マラソン

新じゃがいもと新玉ねぎの蕗味噌チーズ焼き
新じゃがいもと新玉ねぎの蕗味噌チーズ焼き献立。

蕗味噌、これにて終了です。 にらの卵炒め、蕗味噌献立。

setagaya_22
買わない生活の清々しさとルールブック。

買い物好き、買い物上手な人は、買い物に時間をかけるのでしょうか

初心者 瞑想
何一つ変化していないのに揺れる不思議。

お釈迦様バースデイ月間だから、というわけではありませんが。先の

豚焼肉の三つ葉和え、紅芯大根の蕗味噌ドレッシングサラダ献立。
豚焼肉の三つ葉和え、紅芯大根の蕗味噌ドレッシングサラダ献立。

冷え性改善生活を続けているので、家飲みでのビールは控えめにして

→もっと見る

PAGE TOP ↑