僕らが旅に出る理由 その3 ~あまりに辛い変化~

公開日: : 最終更新日:2020/05/13 旅人への道

travel3

40過ぎたというのに若い人が中心のシェアハウスで生活しながら日々モノを減らす作業を続けているのは、確固たる目的があるから。

決してファッション感覚で「ミニマリスト」になりたいわけではありません。

そう、目指すは旅人。思い立ったらすぐ旅立てるよう、いつも身軽に、モノや場所に縛られない人生を謳歌したいのです。

>>参考
僕らが旅に出る理由 その1
僕らが旅に出る理由 その2

景気悪化による環境の変化

慌しくも刺激的で楽しい生活が2年ほど過ぎたある日、出張先から本社に呼び戻された私は、辛い宣告を受けました。

それは、業績悪化による、事業縮小。

私がろくに休みもとらず懸命に取り組んできたプロジェクトは軌道に乗りつつあるものの、元々の主力事業の赤字をカバーするには至らず、これ以上ダメージが大きくなる前に人員も事業も縮小する、という話でした。

当時は業界全体が景気悪化に苦しんでいた頃。
自分の会社の数字は把握していたので以前のような勢いがなくなってきていることは認識していましたが、懸命に仕事に取り組んできた結果としてはあまりにも残酷なものでした。

この時ふと、会社を辞めるという選択が脳裏に浮かびました。

というのも、あちこち精力的に活動していたおかげか、ありがたいことに引き抜きのお話をいくつかいただいていたのです。

事業縮小した暁には、これまでのようにあちこち飛び回る仕事は一切なくなり、本社でただただデスクワークをこなす日々が待ち受けていることは明らかでした。
もっと外へ出る仕事がしたい、いろんな場面に遭遇して更なる経験を積みたい!そんな風に考えていた当時の私にとって、動きのない毎日が待っているのは何よりも耐え難いこと。

自分のやりたいことはもうできないと確定した今、会社に残る意味はあるんだろうか…?

散々考え、悩み、すぐ目の前にある暗い未来を憂い、それでも私は会社を辞めることができませんでした。

つづく。

僕らが旅に出る理由 その4 ~世界は広がっていなかった~




関連記事

東京駅でも買える品川名物「貝づくし」はかなり危険な駅弁だった。

さて、またまた移動です。 行き先はまたまた関西方面です。 なんだかんだと言いながらも

記事を読む

誰だって、いつでもいちばん欲しいもの。

今回のセブ島滞在では多くのセブっ子と話す機会があったので、ネタになるかなという軽い気持ちで会

記事を読む

ニャチャンでネムノンを食べる

戻したてのライスペーパーで手巻き。

昨年のベトナム旅行で仕入れたライスペーパーを使いこなせる気がせず、約1年手つかずのまま放置していま

記事を読む

最小限の旅の持ち物 夏の旅行に持参するスキンケア。

By: Steven Depolo[/caption] 最小限の荷物で小回りのきく快適な旅を

記事を読む

益子の見どころ、楽しみ方 益子陶器市体験談 その3

長々と書いてきた益子陶器市記録。 関連 やきものライナーで行く 益子陶器市  その1

記事を読む

神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。 昨年の同じ時期にはフェリーで同

記事を読む

台湾一周 一人旅。鉄道の旅で駅弁を堪能する。

ゴールデンウィークも終わり本日からお仕事の方も多いでしょうか。 そんな時になんですが、ただいま

記事を読む

地道な努力は裏切らない。セブ日記 8

本日のセブシティは曇りのち雨。日中の最高気温は31℃。 ここのところまとまった雨は夜中

記事を読む

必要最低限の部屋、夢も希望もありゃしない。セブ日記 1

本日のセブシティは晴れのち曇り。日中の気温27度。朝夕はエアコンなしで過ごせる気候でエアコン

記事を読む

男の家事のクオリティ 汚れたトートバッグを人様の家で洗濯する。

軽くて大きい、はいいけれど、さすがに普段使いするにはちょっと。 関連 重視すべきは大き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

横浜丸紀の深蒸し焼きそば。

先日書いた「最近ハマっている食べ物」とは、焼きそばです。自炊

働きたくない想いは、苦手意識を凌駕する。

今日は午後から2件約束がありましてですね。1件は「はじめまし

鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め
鶏むね肉とごぼうの黒酢炒め、蒸しなすのナムル献立。

しばらく切らしていた黒酢を補充しました。 表示価格が思

初心者 瞑想
もっとラクに生きる方法と、無意識の恐ろしさ。

その後も目の前のことに集中することを心がけながら過ごしていま

柳川丼
おばさん、おじさんに似合う丼。

丼ものは老若男女問わず人気の高いメニューではありますが、その

→もっと見る

PAGE TOP ↑