僕らが旅に出る理由 その1 ~地元を出ることすら考えなかった20代~

公開日: : 最終更新日:2015/08/10 旅人への道

blueskyfrom

モノを減らしたり、シェアハウスに住んだりしている理由のひとつは

「旅に出るため」

です。

旅といっても観光旅行ではなく、バックパック世界一周でもなく、なんというか、ひとところに定住しない生活を続けていきたいと考えています。




地元を出たことがなかった20代

そもそもなぜこんなことになったのか。

私は西側の小さな町で生まれ育ち、20歳を過ぎるまで家族と生家で暮らしていました。

生家といっても古く狭い賃貸マンション。ここで一家4人が暮らしていたので、年頃になっても家族4人六帖一間で寝起きする生活は当時はやっぱり嫌だなあと思っていました。

なので若い頃の私の夢はなんといっても「1人暮らしをすること」!

働き始めたらすぐに家を出るんだ!と希望に胸を膨らませていたのですが、家を出ても家庭の事情で仕送りは続けなければならず、自分の部屋の家賃と実家への仕送りを両立できるくらい稼げるようになるまで少し時間がかかってしまいました。

これも今考えればどうにでもできた話なのですが、その頃は「1人暮らししながら仕送りもするなんて自分にはムリだ」と思い込んでいたからできなかっただけですね。

旅をする機会に恵まれて

その後20代後半に勤めていた会社で出張が多い部署になったことから、生まれて初めて自分1人で旅をするという機会を得ました。

厳密には出張なので「旅」じゃないんですが、それまでは1人で見知らぬ土地にいったことも、新幹線や飛行機に乗ったことすらなかった私。
当然、自分が生まれ育った町を出て行くことなど思いつかず、ここにずっと住んで、結婚して、子育てして、そんな人生なんだろう、とぼんやりと考えていたのです。というか、それ以外の選択肢があることすら想像できませんでした。
なのに結局一度も結婚せず子供も産まなかったのだから人生ってわけわかりません。

学生時代の友人の中にはNYでアート系の仕事をしている子なんかもいましたが、家族や友達と一緒に数日間の海外旅行にしか行った経験が無く英語も話せたらいいのになあと夢みるだけで実際は全くダメな私には海外生活なんて別世界、1人異国で暮らすって凄い勇気だなあ、と思っていました。

つづきます。

僕らが旅に出る理由 その2 ~世界が広いことを知った30代~

 






関連記事

沢の鶴資料館

灘の酒蔵巡り その5. 沢の鶴資料館から甲南漬へ 灘五郷リターンズ’16

あっちこっちへ飛びますが、今日は神戸の旅記録。 昨年行った酒蔵巡りが楽しかったので今年

記事を読む

160806ph_1

フィリピン航空(PAL)で行くセブ島、ロストバゲージを体験。

まあなんとかなるでしょう、と悠長に構えていたのですが。 関連 スーツケースの重量と関西

記事を読む

tainandog6

台湾鉄道一人旅 番外編 台湾の犬アルバム。

犬が好きです。 猫も好きなのですが、どちらか選べと言われれば断然犬、と答える犬派です。その

記事を読む

takamatsu_31

ことでん1日フリーパスで琴平へ 高松日帰り弾丸旅行 その2

フェリーとバスを使った神戸から高松への日帰り旅行。 深夜便を利用したおかげで、JR高松

記事を読む

ota_64

夜の街を徘徊する。

今週も最高記録はフラの日になるのでしょうね、と思いきや。 いい歳をして、知らないこと

記事を読む

cebu-diary-03-3

英会話習得、何をすればいいのかわからない。セブ日記 3

只今フィリピン、セブ島にて短期留学を体験中。 関連 大人の短期英語留学記録 「セブ日記

記事を読む

By: Vlastimil Koutecký

妥協せずとも欲しいモノを作れる強さ。

By: Karyn Christner[/caption] 先日とある会で知り合った女性が食

記事を読む

newbluebag

秋・2週間の旅の荷物 ナイロントートひとつでまかなえるか。

約2週間の旅の荷物。 冬場は難しいとしても、今の時期ならば普段使いのナイロントートで十

記事を読む

1st_fuda_40

JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興奮の我々。 神戸から高速

記事を読む

myhometown

浅い関係、おかしな嫉妬。

移動してから数日間はすっきりしない天気だったけれど、今日になってようやくカラッとスカッと青空

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1st_fuda_40
JR鳴門駅から一番札所・霊山寺へ。高速バスで行く徳島の旅 その2。

ついでだからと立ち寄っただけだった鳴門公園の楽しさに朝から大興

きのこの卵とじ
きのこの卵とじ、さつまいもとわかめの味噌汁献立。

芋と海のものの組み合わせって、妙な魅力を感じませんか。 じゃ

counter
おばさんが旅に出る理由。

おばさんって連れ立って旅行とか散歩とかしたがるじゃないですか。

naruto_24
神戸から高速バスで行く徳島の旅 その1 鳴門渦潮ワクワクタイム。

帰省先の神戸から高速バスを使って徳島に行ってきました。

さつまいものにんにく焼き
さつまいもにんにく焼き、ほうれん草と蒸し鶏のしょうが和え献立。

秋めいてきましたね。 相変わらず四季とあまり関係ない生活

→もっと見る

PAGE TOP ↑