気が合わない、嫌いな友達との付き合い方。

公開日: : 最終更新日:2019/07/08 生き方と考え方

umbrellas

昨日、帰宅途中に自宅付近で妙な場面に遭遇しました。

80歳前後の女性が

「あのクッソババアが!!!!」

と小さく、けれどはっきりと憎しみを込めて呟きながら手に持っている傘で電柱をガンガン叩きまくっていたのです。

「腹が立つ」と直接言えない

ひととおり電柱を殴った後に彼女は振り返り、彼女の元を去っていく同年代と思しき女性の後姿を睨み付けてまた

「クッソババア!!!!!!」

呆気にとられました。

私の視線に気付いて我に返ったのか、彼女は私に向かって

「あっちが悪いんだからね!!!」

と言い放ち、「あっち」への恨みつらみを呟きながら今度は民家の窓枠を傘で思い切り殴り始めたのです。いやいや、それはさすがにまずいでしょ…と思ったら、どうやらそこが彼女の自宅のようでした。

顔は怒りで大きく歪み、折れんばかりに傘を振りかざし、とにかくものすごい剣幕。
一体、何があったのでしょうか。

これは私の憶測に過ぎないのですが去っていく「あっち」の女性は特に変わった様子はなかったばかりかほんのり笑みさえ浮かべていたので、口論になったとか揉めたという感じではなさそうです。

怒り心頭の「こっち(傘)」の女性の自宅付近で2人が立ち話をしていたところから察するに、ご近所同士のお付き合いなのでしょう。

「あっち」の女性は普通にご近所さんとして付き合っているけれど、「こっち(傘)」は普段から「あっち」のことが嫌いで憎くて仕方ない。でも、直接怒りをぶつけることができない。言えないからこうしてモノに当たって鬱憤を晴らしている…。

いや、全くの憶測ですが。もはや創作。

友人関係は「別れ」がないからややこしい

zebra

ここまでいかなくても、本心では苦手だと思いつつもなんとなく付き合いを続けてしまっている関係というものが世の中には存在します。いわゆる恋仲であれば

「わたしたち、お別れしましょう」

と言えるのでまだ簡単ですが、単なる友達同士の場合「別れる」というシステムが存在しないからこそ難しい。もしも

「あなたとは気が合わないのでお付き合いしたくないんです」

とはっきり言えたならいいけれど、それがなかなかできないから人間関係で悩んでいる人が多いんですよね。

子供の頃から「誰とでも仲良くしなきゃ」って思い続けてきたからこその他者を排除する罪悪感、自分の心の狭さや不器用さを認める辛さなども相まって、結構キツイ。

私は怒りの沸点がとても高いのか、めったなことでは腹が立たないので「クソババア!(若しくはジジイ)」と罵りたくなるような場面にはあまり遭遇しませんが、人間関係に関しては結構ドライです。いや、ドライだからこそ腹が立たないのかも。

気が合わない、嫌いな友達との付き合い方

そりゃ誰とでも仲良くなれるのが理想だけど、どうしても分かり合えない人というのはいるもの。

単に気が合わないだけならまだしも、話していて辛い気分になるとか、嫌な思いをさせられる(またはさせてしまう)とか、そんなことだってあって当然。

だって、世の中には色んな考えの人がいるんだもの。

さほど大事ではないのになんとなく手放せない人間関係を継続するためにいちいち腹を立てたり、悩んだりはしたくないよね、というのが正直なところ。

わたしはわたし、あなたはあなた、どうぞご自由に。
それでもういいじゃないですか。

参考 母が憎い。母と娘の確執と家族の距離感。

誰かとの付き合いに酷くストレスを感じるなら、どうにかして自分をわかってもらおうとか、相手を変えようとか、ましてや仕返しをしてやろうなどと考えずに、その関係から潔く立ち去るのもひとつの方法。いやだいやだと考えながら無理やり付き合って影で相手を罵るような関係を続けても、お互い何もいいことはないのだから。

「こっち(傘)」もそんなに嫌いなら「あっち」と付き合うのやめちゃえばいいのにね。

ご近所だから全く会わないのは難しいとしても、相手に失礼のない程度に出来るだけ関わらないようにすることはできるはず。そのほうが「こっち(傘)」の精神も、ついでに家の窓枠も傷つかないで済むのに。

などと考えたのでした。ええ、完全なる妄想ですけどね。

私だけが幸せになれ 人に好かれる努力には意味がない。

 




関連記事

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

By: tup wanders[/caption] 中途半端に都会生まれの都会育ちなもので、

記事を読む

当たり前のことを当たり前と思うべからず。

By: Keng Susumpow[/caption] 自分にとっては普通のこと、なんでもな

記事を読む

yuming

くさったおばさんと、恋のうた。

小さい頃は神様がいたっけかなあ。不思議に夢を叶えてくれたりしたかなあ。 20数年前、当

記事を読む

2016年の運勢はいかに?2016年下半期を無料で占う。【後半バージョン更新】

By: Gabriel Pollard[/caption] ※2016年後半の運勢占いを追

記事を読む

おばさんホイホイは真実だった。

以前友人が突然アイドルグループにハマった話を書きましたが。 モノを持たない人間の好奇心

記事を読む

知りたすぎる癖のせいで、毎日忙しくて仕方ない。

引っ越してからというもの忙しくて仕方ありません。 何が忙しいかって、街散策。 越

記事を読む

行動せずに、見ただけで満足してしまう人。

先日某社より 「株主優待の申し込み期限が切れる前にお引き換えください」 なる案内

記事を読む

お金を使わない節約生活、のつもりはないのだけれど。

By: Katie Brady[/caption] 何しろ持ち物が少ないし、買い物も少ないし

記事を読む

いい歳をして、知らないことが多すぎる。

感覚に頼ると認識を誤るので、ここはひとつテクノロジーに頼りましょう。そう決意してから1週間。

記事を読む

70歳のライフプランシート。

By: Anthony Easton[/caption] 月曜日にふと気がついて検索してみたら、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

NY ホテルエジソン ツインルーム
サプリ飲み始め、初日の効果に驚く。

手湿疹対策として、ビオチンを飲み始めました。 ナチュラル志向

40代のファッション、服を変えるより簡単なやり口で。

ここ数年で、靴下を履くようになりました。まるで以前は裸足で野

ミニマルライフや、おしゃれよりも。

奥さん、8月です。ひどい、ひどいじゃないですか。暖かくなった

ナチュラル志向とは無関係に、サプリを摂らない。

「4年ぶり・アンカウンタブ登板」の皮膚科受診から、2週間が経

少ない服 七分袖からの脱却と、チームV加入。

好きなわけでも、似合うわけでもないのになぜかやたらと豊富に取

→もっと見る

PAGE TOP ↑