年が明けて、またひとり。

公開日: : 生き方と考え方

年末は帰省ついでにあちこち遊びに出かけて、ついでに食べたり飲んだりももちろん盛り込んで、忙しくしておりました。

新年は当然、伝家の宝刀・寝正月をキメる。

あっという間の冬休みを終え、何事もなかったように日常に戻り、またひとりの生活が始まっています。

一気に静かになってさみしくなるかと思いきや、なんとなく、ホッとしたりして。

家族と過ごすパラダイス年末年始。

気のおけない友人と小旅行に出かけたり、家族とぬくぬく鍋を囲んだりする時間は、改めて尊いものでした。帰省直前にちょっとした「事件」があって、両親が元気でいるありがたさも痛感したしね。

ミニマリスト主婦の師走

ところで帰省の度に買い出しの量に震えます。

ご存知の通り、母は無駄な買い物は一切しない締り屋さんだけれど、ある程度の人数が飲み食いするとなると、それなりの買い物が必要になるんだな。という至極当たり前のことを思い知らされるのです。カートに乗せたカゴからはみ出る量の買い物なんて、普段することないんだもの。

ある種故郷の味である中華料理だって、複数人数で挑めば怖いものナシ。お腹具合と緻密に相談しながらメニューを絞らねばならない一人飲みと違って、食べたいものを次々オーダーできる喜び。いや、ホントに天国よ。

年が明けて、またひとり。

楽しい楽しい年末年始休暇。初日こそ近況報告や伝達事項などが話題に登るけれど、特に代わり映えのない毎日を過ごしている高齢の両親と中年娘。数日間一緒にいると話すこともなくなるし、お互い気疲れもする。

1年に数回しか会わないというのに、まあこれぞドライでアーバンな我が家スタイルなんだろな。と、帰宅してひとり、ワインを飲んでホッとしたりしたのでした。

子供に迷惑をかけない老後、とは多分違う話。

なんて罰当たり(?)な感情を抱いたからなのかなんなのか、年明けからすごく些細なズレが頻発していて、ぐぬぬとなる。

どれくらい小さなことかといえば、大物を洗濯する気満々だった日にピンポイントで雪が降るとか、すごく楽しみにしていた新年会に持っていくつもりで買ってきた土産の賞味期限が微妙だったりとか、結局その会に諸事情で行けなくなってしまったりとか。

あれですかね。神的な何かからの、リマインド?

ハイそうですね、いつもひとりに逃げてすみません。今年はひとりの時間と同じくらい、好きな人(ここ重要)との時間も大切にします。ひとりの時間は永遠じゃないにせよたっぷりあるのだから、あと数回しか会えないであろう家族や、歳を取って昔ほどは密じゃなくなった友人たちと過ごす落ち着かない時間も、たまには味わっておいてもいいでしょう。

しかし今年は正月気分からあっという間に通常モードに戻ってしまったわ。正月も50回近く経験したら、さすがに慣れっこになっちゃうのかしらね。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

履かない靴

履けない履かない靴のその後。

ずっと履いていなかったパンプス。 他に処分する服と一緒にファストファッションOKの買取サイ

記事を読む

好奇心を“天職”に変える空想教室 ささやかな自信が鍵になる。

By: Rolands Lakis[/caption] 先日と同じくまたまたはて、1年前は何

記事を読む

生ラディッシュ

食べることが楽しみ、は虚しいか。

By: Ken Hawkins[/caption] 先日SNSにポストされる写真の傾向に関す

記事を読む

あなたのその怒りはどこから。

ある夜のこと。打ち合わせを兼ねてちょろっと飲んで、一人になってからもまだもう少し飲みたくて、

記事を読む

見習うべきは、ていねいな暮らしなんかじゃない。

「ていねいな暮らし」なる表現がものすごく苦手なのは、自分がその対極に位置する人間だからという

記事を読む

アカウントを乗っ取られた。

真夜中にふと目が覚めて、時間を確認しようと手に取ったiPodの画面に 「あなたのアカウ

記事を読む

くだらない毎日を積み重ねたその先に。

寒いのは苦手だし目覚めは悪い方だけど、朝起きるのは苦じゃありません。 晴れていればなお

記事を読む

携帯電話やパソコンの画面を覗き込むのはマナー違反?

By: Steve Harris[/caption] 先日気分転換に外で作業をしようと某コー

記事を読む

大人に慣れると役に立つ。

「顔、ぜーんぜん変わってないね」 先日、久しぶりに会った小さいお友達にそう言われたの

記事を読む

たったひとつだけ願い事が叶うなら ’15。

By: Kevin Dooley[/caption] 昨年のクリスマスイブにこんなことを書い

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

強力美白サプリの作用で、白髪は増えてしまうのか。

アトピーが原因で両腕に残ってしまった色素沈着のケアを記録して

納豆炒めのチシャ包み
「包みまくる」という、ぜいたく。

パリッとみずみずしい葉野菜、チシャ。いいですよね、大好きです

2021年、買ってよかったものベスト3。

1年間の買い物を振り返るこの行事も、早いもので7回目となりま

コールラビのふりかけ入り卵焼き献立
ロールキャベツ酒粕シチュー、コールラビのふりかけ入り卵焼き献立。

久しぶりの干し野菜で、これまた久しぶりのロールキャベツを作り

50代間近「ととのう」ということ。

年明け早々、ずっと気になっていた場所に出かけてきました。

→もっと見る

PAGE TOP ↑