女は年を取ると透明人間になる。

公開日: : 生き方と考え方

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過ぎたら誰も注目してくれなくなる。

そんな元スーパーモデルの主張からなる記事を目にしました。

私は自分がすごくセクシーだと思いながらカジノに入って行き、ランウェイを歩いているような気分だった。だけど誰からも注目されなかったの。

mi-molet

さすがはスーパーモデル。修正なしのヌード写真、めちゃくちゃキレイですね。ウエスト辺りのラインが素晴らしい。

年齢を重ねてもこれほど美しいスーパーモデルでさえ、50半ばともなると着飾って出かけても誰にも注目されないなんて!と本文には記されています。

でもこれ「スーパーモデルでさえ」じゃなくて「スーパーモデルだからこそ」ではなかろうか。

50を過ぎたら透明人間になる

女性は若いというだけで多少なりとも世間からチヤホヤされるし、よくも悪くも注目を浴びやすい存在ではあります。

が、平々凡々な一般女性が若さで受ける恩恵なんてたかが知れている。職場でおじさんたちにやさしくしてもらえるとか、行きつけの店でおまけしてもらえるとか、低水準の合コンで注目されるとか、そんな程度(違うの?)。

一方、美の頂点ともいうべきスーパーモデルとして第一線で活躍していれば、そのチヤホヤ度合いや注目され具合は桁違いでしょう。なんかわかんないけど、こう、お歴々がかしずき、メーカー直で貴金属やスーパーカー的なものを献上されたりするのではないかと推測します。発想が貧困ですけども。

そんな状況を経験しているからこそ、加齢による透明人間化を強く感じるのではないでしょうか。

「誰にも注目されない」とか言ってますけども、これだけキレイなんだからそりゃめっちゃ目立ってるはずですよ。しかも、加齢により強化されたオーラやら内から滲み出る知性品位やらをまといまくっているわけでしょう。

雰囲気イケメン最強説。

そりゃ若い娘さん相手とは違って、周りも気軽に声かけたりしないって。怖いもん。

透明人間のよろこび

諸々織り込み済みでなお「注目されないのは悲しい」と感じるとしたら、スポットライトを浴びた経験が影響しているのでしょうか。それもなんとなく切ない話ではあります。光あるところに影がある。凡人には想像できない辛さ。

しかしこういう話があると、世界ってのは案外うまくできてるなと思うのです。

類稀なる美しさを持ち合わせている女性はその容姿と引き換えに、多くの男性に言い寄られる面倒とか、嫉妬の対象になる恐怖、そして透明人間の悲しさを味わっている。

平凡な容姿で生まれたら美しさを羨んだり妬んだりしがちだけど、年を取って注目されなくなった喪失感を味わうことなんてない。

別に容姿に限ったことではなく、どんな状況であれみな同じくらいのラッキーがあり、同じくらい大変なことがあるのだな。なんて考えたりしませんか。

彼女が伝えたいメッセージとは違うのかもしれないけれど、透明人間になる楽しさとかよろこびってのも確実に存在するしねえ。

40代は一人旅に向いている。

60手前になって、もしも私が彼女くらいキレイだったなら、毎日きちんとメイクして、好きな服着て鏡見てうっとりしてるだけで満足だわ。誰にも褒められなくてもいいわ。いやほんと。

美しさは生まれつきのギフトプラス、これまでの努力の賜物。そして立派な個性でもある。だからこそ周りに賞賛されなくなろうが、透明人間化しようが、自分自身の満足のために、さらなる美しさを極める。

そう、人生を知り尽くした、熟女たちの、遊び。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

職場の人間関係に悩み、孤独力を促進。

職場の悩みの多くは、人間関係にあると聞く。 仕事そのものがつらいとかつまらないとか、自

記事を読む

忘れることのありがたさ。

By: Meggy[/caption] あれは確か小学1年生くらいだったでしょうか。

記事を読む

禿げる。

去年ふざけた話を書いた祟りでしょうか。 関連 外野が何を言っても響きはしない。

記事を読む

仕事は地獄、お楽しみは全て終わった。

先日、初対面の同業の方とお話しする機会があり、自分が現在携わっている案件の状況について説明す

記事を読む

2015年の運勢を占う。

12月に入ると来年の運勢占いが雑誌やウェブのあちこちに登場しますね。 そんなことからもなん

記事を読む

お花見ファッション、温度差考慮と負荷の重要性。

By: Peter Lindberg[/caption] 先日は今年初めてのお花見に。 こ

記事を読む

浜松町駅から東京タワー

田舎暮らしや社会貢献がしたくなったら、それはひとつのサインである。

妖怪多毛女の呪いを解くために、いつものサロンへ。 お盆どこか行ってました?あら、ご実家に帰

記事を読む

威厳のマツコのお墨付き。

「お墨付き」という言葉があります。 特定の商品やサービスの品質の高さや安全性をユーザー

記事を読む

2017年の運勢を占う。

By: Stephane Mignon[/caption] 大晦日、みなさんいかがお過ごしで

記事を読む

いい年をした大人がフラフラすべきではない論。

前回引っ越してから1年が経過しました。 関連 持たない暮らし、引越し作業は20分。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

他人丼献立
組み合わせの妙で、やけに輝く引き立て役。

年がら年中晩酌日記を綴っています。それでも週に1〜2回休肝日

何の疑問も持たず、決まり切った予定をただこなす生き方。

奥さん、師走です。年末の気ぜわしさはあれど、実際問題別に忙し

里芋のねぎ油炒め献立
弱点を活かす正しい方法。

メインに芋を据える晩酌献立、結構好きです。ほら、最近は旨味の

怒れるおじさんと、聞かない若者。

「うるせえな!ダメだって書いてんだろ!」 いつものカ

鶏むね肉のにら炒め
たんぱく質摂取、肉の代わりに、何食べる?

もともと好きな食材である鶏むね肉。最近は一食あたりの摂取量を

→もっと見る

PAGE TOP ↑