女は年を取ると透明人間になる。

公開日: : 生き方と考え方

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過ぎたら誰も注目してくれなくなる。

そんな元スーパーモデルの主張からなる記事を目にしました。

私は自分がすごくセクシーだと思いながらカジノに入って行き、ランウェイを歩いているような気分だった。だけど誰からも注目されなかったの。

mi-molet

さすがはスーパーモデル。修正なしのヌード写真、めちゃくちゃキレイですね。ウエスト辺りのラインが素晴らしい。

年齢を重ねてもこれほど美しいスーパーモデルでさえ、50半ばともなると着飾って出かけても誰にも注目されないなんて!と本文には記されています。

でもこれ「スーパーモデルでさえ」じゃなくて「スーパーモデルだからこそ」ではなかろうか。

50を過ぎたら透明人間になる

女性は若いというだけで多少なりとも世間からチヤホヤされるし、よくも悪くも注目を浴びやすい存在ではあります。

が、平々凡々な一般女性が若さで受ける恩恵なんてたかが知れている。職場でおじさんたちにやさしくしてもらえるとか、行きつけの店でおまけしてもらえるとか、低水準の合コンで注目されるとか、そんな程度(違うの?)。

一方、美の頂点ともいうべきスーパーモデルとして第一線で活躍していれば、そのチヤホヤ度合いや注目され具合は桁違いでしょう。なんかわかんないけど、こう、お歴々がかしずき、メーカー直で貴金属やスーパーカー的なものを献上されたりするのではないかと推測します。発想が貧困ですけども。

そんな状況を経験しているからこそ、加齢による透明人間化を強く感じるのではないでしょうか。

「誰にも注目されない」とか言ってますけども、これだけキレイなんだからそりゃめっちゃ目立ってるはずですよ。しかも、加齢により強化されたオーラやら内から滲み出る知性品位やらをまといまくっているわけでしょう。

雰囲気イケメン最強説。

そりゃ若い娘さん相手とは違って、周りも気軽に声かけたりしないって。怖いもん。

透明人間のよろこび

諸々織り込み済みでなお「注目されないのは悲しい」と感じるとしたら、スポットライトを浴びた経験が影響しているのでしょうか。それもなんとなく切ない話ではあります。光あるところに影がある。凡人には想像できない辛さ。

しかしこういう話があると、世界ってのは案外うまくできてるなと思うのです。

類稀なる美しさを持ち合わせている女性はその容姿と引き換えに、多くの男性に言い寄られる面倒とか、嫉妬の対象になる恐怖、そして透明人間の悲しさを味わっている。

平凡な容姿で生まれたら美しさを羨んだり妬んだりしがちだけど、年を取って注目されなくなった喪失感を味わうことなんてない。

別に容姿に限ったことではなく、どんな状況であれみな同じくらいのラッキーがあり、同じくらい大変なことがあるのだな。なんて考えたりしませんか。

彼女が伝えたいメッセージとは違うのかもしれないけれど、透明人間になる楽しさとかよろこびってのも確実に存在するしねえ。

40代は一人旅に向いている。

60手前になって、もしも私が彼女くらいキレイだったなら、毎日きちんとメイクして、好きな服着て鏡見てうっとりしてるだけで満足だわ。誰にも褒められなくてもいいわ。いやほんと。

美しさは生まれつきのギフトプラス、これまでの努力の賜物。そして立派な個性でもある。だからこそ周りに賞賛されなくなろうが、透明人間化しようが、自分自身の満足のために、さらなる美しさを極める。

そう、人生を知り尽くした、熟女たちの、遊び。


大人のたのしい一人暮らし記録




関連記事

続ける、やめる。習慣を変えるための簡単な方法。

By: Didriks[/caption] 週に一度は休肝日を作ろうと決心してから早一ヶ月。

記事を読む

人生を変えたいなら環境を変えればいい、は真実か。

By: Hamed Saber[/caption] 少し前に記事に対するご質問をいただいてい

記事を読む

私、やりたいです。その眩しさと、ある仮説。

【前回のあらすじ】 ある日ふと出会って突然恋に落ちるという憧れの体験した人物を目の当た

記事を読む

痛いおばさんファッションのその後と女子の謎。

その後もたまにやってます、痛いおばさんコーデ遊び。 関連 痛いおばさんファッションのす

記事を読む

色あせた日常の底上げ、ポイントはふたつ。

大型連休も終了し、通常モードに戻りました。あーあ。 昨年のゴールデンウィークは特に何も

記事を読む

春の初めのコーディネイト

40過ぎたら年考えて服を着ろ、の理由。

先日、某webメディアに掲載されていた40代の女性が着てはいけないTシャツ云々の記事が轟々と

記事を読む

サンミゲル市場

継続してても足りてないこと。次の「通過点」はどこだ。

うっかり充電を忘れてしまう時もあるけれど、基本的に移動中は耳に挿さっています。 続ける

記事を読む

気持ちいいことがやめられない。

By: sara.lauderdale[/caption] 未だに新規購入を我慢しています。

記事を読む

愛されて姫になる 女子力アップセミナーに参加した。

女子力アップセミナーに行ってきました。 いや、もちろんこんなどストレートでアホみたいな

記事を読む

働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定しております。 人生100年

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

初心者 瞑想
私を蝕む恐ろしい無意識の力。

昔から、なくて七癖と申しまして、人は誰しも少なからず「クセ」

蒸しなす冷しゃぶ献立
これさえあれば、だいたいのことはうまくいく。

今はもう、秋。誰もいない、海。 冷しゃぶをつまみに飲む

女は年を取ると透明人間になる。

どんなに美しくても、どんなにセクシーな装いをしても、50を過

こんにゃくとピーマンのにんにくしょうゆ炒め
一人に慣れすぎた「ひとり分症候群」の落とし穴。

こんにゃく料理が続いております。 無性にこんにゃくが食

→もっと見る

PAGE TOP ↑