遠距離恋愛が持続する新しい時代。

公開日: : 最終更新日:2021/10/10 これからの働きかた

遠距離恋愛中のカップルの実に65%が1年以内に破局を迎える。世の中にはそんなデータが存在するようです。

物理的に距離が遠くなると、心理的な距離も離れて行ってしまう…というのが遠距離恋愛のお約束。離れていても気持ちを熱く維持するのは難しい、ということなのでしょうか。

しかしこの「常識」も今や昔。

突如加速したリモート時代においては、遠距離恋愛の参入障壁は下がり、持続率も急上昇!となりそうですね。

遠距離恋愛が持続する新しい時代

今年転職した若い友人の話です。

以前の仕事は業務内容はともかく、かなりのハードワークであったことに不満を抱いていた彼女。転職を考え始めた時に、交際相手が関西方面への転勤が決まり、突如遠距離恋愛がスタートしました。

その後まもなく彼女は転職に成功。新しい会社は宣言下ではずっとフルリモート体制だったこともあり、約2ヶ月の間東京を離れ、彼の住む街で暮らしつつ仕事をこなしていたそうな。

「宣言も明けたし、これからは出社する日も出てきそうだから、一旦戻ってきたんです」

そんな報告を受けて、みたか牧瀬里穂、これが令和の遠距離恋愛だ。という気持ちになりました。牧瀬は完全なる貰い事故ですが、我々世代はね、牧瀬がね。

裁量労働制とまではいかずとも、フルリモート体制であれば、こんな働き方も確かに可能になる。ロケーションに依存しない働き方は、今や自由業だけの特権ではなくなりました。

あまりにも充実したおこもり生活。

彼女の転職先は、外資のライフスタイル提案系事業を展開する大企業。だからこそ、新たなワークスタイルに柔軟に対応しいるのであって、どんな仕事も同じようにはいかない。それは承知の上で、いいなと。

加えて、人類はオンラインミーティングへの慣れによって、物理的距離が心理的距離に影響しない技も身につけた!はず。

別に恋愛に限らず、自然豊かな環境で子供を育てたいとか、実家で親の介護をしながら働きたいとか、これまでなら仕事を辞めることでしか解決しなかったあれこれが、辞めずに実現するという選択肢があるのは素晴らしいですね。

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

例のアレがもたらした数少ないメリットである働き方の変化。もう1歩前進させるためには、キャリア移行の円滑化も重要になるでしょう。人生100年時代とかいいつつ、30過ぎてのキャリアチェンジは困難だなんて、まさに地獄の沙汰だもの。

例えば、20代のうちはサービス業で対人折衝能力に磨きをかけ、その後は子育てと無理なく両立できるフルリモートのインサイドセールス職に。働き方をセーブしたくなったら時短社員とか月の稼働時間を調整して契約できるフリーランスとして活躍し、ゆくゆくはまたサービス業に戻って、人と接する機会を増やす…なんて行ったり来たりの働き方を選んだっていいじゃないか。

簡単に見つかる副業、複業、週末起業

え?今の若い人にとってはもうそんなこと当たり前?そうかそうか、そうならいいな、と心から思います。デジタル庁なんでしょ?DXなんでしょ?AIでIoTなんでしょ?人間がしなくてもいいことが増えるなら、人間の暮らしがよくなる方向にいかなきゃ意味がない。

さて、幾分自由にキャリアを描いていけそうなこれからの時代にはちょい間に合わなかった、我々おばさんおじさん世代は、どうしましょうかね。

大人一人暮らしのヒント



関連記事

携帯電話を持たない人、電話で会話したい人。

相変わらず電話が苦手なので、通話頻度は減少の一途を辿っています。 携帯電話を持たない平

記事を読む

放置するか、克服するか、それとも。

最近なぜか就職、転職に関する相談を受けることが増えました。 わたくし、その昔採用業務に

記事を読む

フリーランス、はじめてのオンライン新規営業。

先日、生まれて初めて「オンライン新規営業」を経験しました。 どんな業界も営業の縮小や自粛傾向にある

記事を読む

散らかった部屋に隠された真実。

仕事の書類整理と保管方法を変えたいと考えていました。 関連 ごっそり捨てて、お金まわり

記事を読む

ごっそり捨てて、お金まわりを考える ’17。

By: Owen Moore[/caption] なんとなく3月に入ってから、という感覚が強

記事を読む

50代で仕事を辞めたら。

先日50代半ばの先輩の口から、仕事を辞めたら云々、という言葉が出てきて驚く。それは、あれ?こ

記事を読む

自分のことになると途端にわからなくなるという話。

おそらく誰しもそうでしょうが、この人と会う時のメイントピックスはコレ、みたいなのありますよね

記事を読む

私が一番大変で、こんなに頑張ってるのに、誰もわかってくれない。

連休中、友人と焼き鳥などをつまみに昼からだらだら飲んでおりました。昼飲みに付き合ってくれる友

記事を読む

お金のためだけに働いて悪いか。

お金のためだけに働く。 個人的にはその行為が悪いことだとはとんと思いません。もちろん、

記事を読む

50代で起業、異業種への転身。

そういえば、あの人は今どうしているのだろう。 ふとそんなことが頭を過って名前を検索して

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

にじますのねぎ油蒸し
にじますのねぎ油蒸し、キャベツの梅しそ和え献立。

いただきもののにじますシリーズ、本日で最後です。にじますのち

本気の冷え性改善計画2021、開幕。

突然やってきた寒気に、戸惑いを隠せません。 いや、わか

豆腐と小松菜の塩炒め献立
自分の気性に合うカタさ。

もう何年もの間、豆腐といえば木綿に落ち着いています。

50目前、3年以内の目標。

妄想癖が強いからでしょうか。 とにかくあれこれ計画した

あんかけ焼きそば
いつだって「カリッと」が、信条。

駅前のざっかけない店でさえ、レベルが異常に高い。そんな中華料

→もっと見る

PAGE TOP ↑