田舎暮らしや社会貢献がしたくなったら、それはひとつのサインである。

ito_4

妖怪多毛女の呪いを解くために、いつものサロンへ。
お盆どこか行ってました?あら、ご実家に帰省ですか、それはそれは。私は日帰りドライブに行きましたよ、などと、どうでもいい世間話をする。

伊東へ日帰りドライブ旅 日本散歩・静岡県

海がどう、山がどうといったのどかな自然について語っていたからか、スタイリスト氏が突然こんな質問をしてきました。

「終の住処はどうするか、とか、もう考えてます?」

終の住処はどうするか

itabashi5

氏は私よりやや年下とはいえ、既に40過ぎ。そろそろそんなことを考え始める年齢ではありますね。

うーん、まだ具体的じゃないんだけど、仲間内でそういう話は頻繁にしてるねえ、と、いろんな話をしてみる。

40代東京一人暮らし、早く引っ越ししてほしい。

いい年をした大人がフラフラすべきではない論。

氏はまだ小さいお子さんが2人の4人家族。子供が独立したら、老後は夫婦でのんびりと自給自足の田舎暮らし…なんて考えがちだけど、地方移住するらなむしろ今。自分に体力があるうちに田舎暮らしで子供をのびのびとした環境で育てる。これが一番現実的だよね、と。

そうそう、そうなんだよねー、と頷く。

車の運転だっていつまでできるわけじゃなし、年取ったらいきなり土いじりが上手になったりしないからね。

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

先のことはまだまだわからないけれど、今のところ東京から離れる予定はないというスタイリスト氏。

以前はちょくちょく地方や海外への移住、さらには今の仕事への疑問、もっと社会に貢献できる仕事がしたいという強い思いが溢れ出て止まらないことも度々あったそうだけれど、最近になってその理由がわかったと言う。

田舎暮らしや社会貢献がしたくなったらそれはひとつのサインである

浜松町駅から東京タワー

曰く、

「田舎暮らししたいとか、社会貢献云々とか言い出す時って、大体疲れてる時なんですよね」

本当に移住したいわけではなく、単に現状から逃げたい、休みたいだけ。もちろん、全く興味がないわけではないけれど、今すぐ必要なのは社会貢献活動のために店を閉めることではなく、休息を取ってリラックスし、気分転換することなのだ。

そう気付いてからはずいぶん気がラクになったそうな。なんかわかる、わかるなあ。

もう働きたくないんです。

疲れている時ってただでさえ自分の本心が見えなくなりがちだから、下手したら

「本当はやりたいことがあるのに勇気がなくて叶えられないダメな自分」

なんておかしな自己評価を下してしまう。あ、違うわ。最近ちゃんと休めてないから疲れてるだけだわ、ってわかればいろんなモヤモヤがスカッと晴れるのだから、自分のことがわかっているのって、強い。

自分のことになると途端にわからなくなるという話。

「あー、なんかわかるかも。日常に疲れた大人は移住検討しがち。あと、山奥で蕎麦打ちがち。」
「それそれ。うちの父親も打ってますよ」

そんな話をしつつ、結局自由業を営む我々に今後必要なのは、変化に対応できる柔軟さであり、柱作りなのだという結論に達したのでした。

どこにいても仕事はできる。

自分とは異なる環境で生きている人と話すのは、いつも楽しい。楽しいし、カットの時間を使って実のある話ができた気もする。するんだけど帰り道、ガラスに映ったおじさんの姿を確認して、まーたやっちゃったなと思う。

色気のないショートはおばさんを飛び越える。

ヨッ、おじさん、久しぶり。しかしなんで学習しないかね。

 




関連記事

人生100年時代、今から10年後の働き方を考えよう。

年明けにとうとうやります! 出会いを求めて小さなスナック、こんな話が聞きたくて。

記事を読む

いかにして働かずに暮らすか。

先日某誌の編集者から 「毎度読者の食いつきがいいのは老後不安煽り系のネタだ」 と

記事を読む

小さい折り畳み傘

傘がない。

梅雨真っ只中なのに、傘がない。 ビニール傘を最後に使ったのはいつだったか。 以前

記事を読む

おひとりさまのマネープラン 独身女性向け無料セミナーに行ってみた。

By: woodleywonderworks[/caption] 独身女性のマネープランについて

記事を読む

大満足の年の瀬に。

香港旅行記がまだ途中ではありますが。 関連 香港年末一人旅 クリスマスの過ごし方。

記事を読む

2016年の運勢はいかに?2016年下半期を無料で占う。【後半バージョン更新】

By: Gabriel Pollard[/caption] ※2016年後半の運勢占いを追

記事を読む

私の気が滅入るのは、全部あいつのせいなんだ。

元来生気満ち溢れるタイプの人間ではないのですが、そこそこ機嫌よくは暮らしています。 な

記事を読む

今日捨てたもの

女が服を、捨てる時。

久しぶりに服を捨てました。 捨てたのは、シャツ、ブルゾン、コート、Tシャツ、スエット、

記事を読む

40代の働き方、ないないづくしのメリットを活かす。

今更何をぬかすかという感じですが、2017年も後半戦に入って久しいですね。 2017年

記事を読む

yuming

くさったおばさんと、恋のうた。

小さい頃は神様がいたっけかなあ。不思議に夢を叶えてくれたりしたかなあ。 20数年前、当

記事を読む

Comment

  1. まるい より:

    こんにちは。
    疲れてるって多くの仕事量や作業をこなす疲れだけでなく、「=うまくいってない→疲れる」を含んでるんですよね?
    「=うまくいってない→疲れる」って、休んでリフレッシュして、でもうまくいっていない状態に変わりなく→疲れる、をグルグルと。。。。
    あ、なんか暗いっす。

    田舎暮らしや社会貢献に走りそうにならず、世界を閉じる引きこもり方向に行きそうな私としては、現実逃避先の内容の違いに驚くばかり。

    • crispy-life より:

      まるいさん

      >世界を閉じる引きこもり方向に行きそうな私

      私もそちら側ですね。そば打ちの可能性はゼロじゃないですが、社会貢献の方向へは行きませんねえ。。。加えてうまくいかなくなったらすぐにあらゆるリセットボタンを押しがちな暗い人です。押しまくってもうリセットできるものすらなくなってきました。

      …残暑厳しい折、お疲れでしょうか。風呂にでも入るしか!

  2. cocue-cocue より:

    うなずきながら拝読しました。

    若い頃の私は家族や親しい友人には「私が医学部か司法試験、青年海外協力隊のいずれかを目指すといいだしたら、絶対止めてね」と伝えておりました。
    もちろん、その進路は素晴らしいのですが、私のような普通の勤め人が、志なく一念発起してイザ!と言い出す動機に、ロクなもんありゃしない、と分かっていたからです。

    田舎移住や終のすみかも、今まさにホットな話題で、気になるところです。
    大きな決断になりますものね。

    • crispy-life より:

      cocue-cocueさん

      医学部、司法試験、青年海外協力隊。なんとまた壮大な! やはり人それぞれ憧れという名の逃避対象を持っているものですね。

      いや、cocue-cocueさんのそれは逃避目的ではなかったかもしれませんが、その動機の信憑性をわかっているのが何より大事なのだと思います。本気かどうかが自分でわからなかったら、人生混沌としちゃいますもんね。

  3. まるい より:

    そうだ!
    私にはお風呂がある!!

    しかも今の季節は、風呂上がりのスイカアイスバーも。

    クリスピーさん、ありがとうございます。
    青い鳥は私のそばにいる事を、ついつい忘れがちです。

    • crispy-life より:

      まるいさん

      風呂はいつだって我々を裏切りませんから。

      風呂上がりのアイスバー、いいですね。私の青い鳥はあずきバーとか白くまバーであります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

タコを育む女。

私はタコを育む女。なんのこっちゃですが、タコ、タコですよ奥さ

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

→もっと見る

PAGE TOP ↑