私なら行かない。

公開日: : 最終更新日:2016/12/06 生き方と考え方

そろそろ旅の準備をば、などと言っておりますが。

関連 少ない服でもおしゃれがしたい旅の準備・冬。

実は今回の旅は早くから計画していたものの内容が二転三転してやや面倒なことも起きたりしたので

「これは今の時期に行くなというお告げか何かか」

などと深読みして一度は中止しようかとも考えました。

一人旅が気楽すぎて

CheQinn Bangkok Chic Hostel

今回は一人旅ではなく現地集合となるメンバーを伴う旅です。何しろ団体行動が苦手で協調性に難ありの私、ただでさえ誰かと一緒に旅行するのは気を使ってしまいます。

関連 自由きままに生きることの不自由さ。

細かい経緯は省略しますが、今回はそれに輪をかけて予定が変更になったり途中で参加者が変わったりなどしてなかなか最終確定ができませんでした。こうなるといろいろ調整するのが面倒になってついやめてしまいたくなるのがダメ人間の性。そもそも私はいつでも旅立てる自由人なのだし、最も高くて混む年末時期をわざわざ選ばなくてもいいのだから今回はごめんなさいして日を改めて気楽な一人旅にしようかな、などと考えてしまったのでした。

全く、嫌な感じですね。

ほぼほぼ辞退の方向に気持ちが傾いていたのですが、事の次第を何気なく相談した友人が発した一言をきっかけに急遽方向転換したのでした。

私なら行かない

その一言とは

「私なら行かない」

というもの。状況を説明した後に今回はやめとこうかなあと思って、と言うと返って来たのがこの言葉でした。

おいおい、行かないっつってんのになんでそれが行くきっかけになるのだ天邪鬼だなとお思いでしょうか。

いえね、意外だったんですよ。

「えー、そんなの気にせずに行けばいいのに」

と言われると思ったから。

私は一人暮らしも長く一人旅にも慣れていて孤独を愛する根っからの一人好き。けれどこれは裏を返せば人との距離感が上手く取れず長時間人と過ごすことが苦手ゆえに身についたスキルでもあるわけです。まあ卵とニワトリ論でどっちが先かはわかりませんが。

それまで密に付き合っていた相手とも職場や仕事、住まいや環境が変わればあっという間に疎遠になってしまう人付き合いが不得手な私と違って、常に丁寧な人間関係を構築して多くの人に愛され40代となった今でも学生時代の同級生らとも付き合いが続いている友人。あらゆるタイプの人たちと和やかに会話ができる彼女であればグループ旅行なんてお茶の子さいさいなんだろうと思いきや

「家族とかパートナーとかよっぽど親しい関係じゃないと数日間一緒に過ごすのはムリ」

と言うではありませんか。びっくりしました。

見えていることが全てではない

spain

私は自分の不器用さばかりに目を向けて人が普通にできることをこの年になってもスマートにこなせないとはいと悲し、などと勝手にさめざめしていたけれど、それは私の目にそう映っているだけであって絶対的な真実ではなかった。いやもちろん何の苦もなく他者とコミュニケーションが取れる人だって大勢いるけれど、そつなくこなしているように見える人でもその実ハラハラするほど気を使っていたり、苦手なりに努力して誰かと関係を築いていたりするのだなと改めて知ったような気がしたのです。

で、それなら私も苦手だ苦手だと逃げ回ってないで挑戦してみようかと。もしかしたらぐったりと気疲れしてやっぱ行くんじゃなかったなんて思うかもしれないけれど、それはそれでよくて別に大きな失敗ではないんじゃないかと。

関連 年を取ってから気づいた、人生で失敗したこと。

もう若い時のように一緒に旅行に行ける友達もいなくなった、という人も多いであろう40代。一人旅はいつだっていけるしせっかくの機会なのだから今回のこの珍妙な企画を楽しんでこようじゃないか。

「私なら行かない」

のシンプルな一言が私にそう決断させたのでした。なんだか逆説的で酷く捻くれた考え方かもしれないし、こんなことは中3くらいで理解しているのが当然なのかもしれませんが、私にとっては新たな発見なのですよ。

こういうボールが投げ込まれて来るから他人の意見って楽しいのかもね。

 




関連記事

自由きままに生きることの不自由さ。

By: Lauren McKinnon[/caption] 自由とは、辞書によれば 「

記事を読む

嫌な気分から素早く立ち去る方法。

おじさん頭もすっかり板についてきた今日この頃。 色気のないショートはおばさんを飛び越え

記事を読む

働いている人も、働いていない人も、今から10年後の働き方を考えよう。

先日お伝えした通り、来年の1月にトークイベントの開催を予定しております。 人生100年

記事を読む

ヒントが思わぬ場所から投げ込まれてくる話。

直接的じゃなく誰かとか何かを伝って欲しい答えがやってくる、みたいなのありますよね。 ふと開

記事を読む

孤独でも楽しそうな日本人 身軽な一人旅派は今後も増えるか。

去年発表された2014年のデータですが。 参考 じゃらん宿泊旅行調査2015(じゃらんリサーチ

記事を読む

電車に乗らない日々、運命の街。

散々列車旅の話をした後でナンですが、普段の生活ではめっきり電車に乗らなくなりました。もちろん

記事を読む

毎日鏡を見て生きてきた人のすごさ。

仕事柄、文章を書く作業は比較的多い方だと思うのですが、ここのところ改めて文章について気になっ

記事を読む

逃げよ、生きよ。孤独は怖いか、苦しいか。

内向的な人間には参考になる部分が多いと思う。 こんなコメントを添えて知人が紹介していた

記事を読む

貯まる体質、痩せる習慣。

By: Randen Pederson[/caption] 友人知人から事あるごとに

記事を読む

新年の目標はまだ立てないが筋肉。

新年といえば、目標設定ですね。 わたくし相当な皮算用マニアなもので、今年はあれをやろう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局のところ「いい服」とは何か。

例のアレのせいで服やら化粧品やらが売れてません。という話をよ

サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。
サルディーニャスアサーダスのワンプレートで赤ワイン。

サルディーニャスアサーダス、Sardinhas Assada

「ついてない日」の言い分。

早朝JRの駅に着くと改札前に「全線運転見合わせ」のお知らせが

生白菜サラダ、トマトと卵の炒めもの献立。

トマトは年がら年中出回っているけれど、どうしても夏のイメージ

未来はいつでも不確定、やりたいことが出てこない。

1月末か、2月初めには例の儀式をやるつもりだったんです。実は

→もっと見る

PAGE TOP ↑