一人暮らしのひとりごとと同じくらい怖いこと。

公開日: : 生き方と考え方

人生とはなんぞや。

そんな絶対に答えが出ない、そして考えてもどうしようもないようなテーマについて延々と考えるのがものすごく好きです。

単に暇だからそんなことばっかり考えて過ごしているだけかもしれませんが、妄想力に長けていると日々退屈しないのでこれはこれで一種の才能なのではないかと考えています。

関連 毎日同じでつまらないなら、新しいことをすればいい。

けれど、毎日退屈で仕方ない、というのもそれはそれで才能のような。

退屈なのも悪いことじゃない

しょうもないことを面白がるのは私の特技のひとつですが、それゆえかあまり退屈を感じません。むしろ退屈なほうがいい、というか、秒刻みのスケジュールを組んで日々目まぐるしく行動するのは苦手です。
逆に毎日が退屈で仕方ない、という人は結構バリバリ動けるタイプの人が多いのでしょう。じっとしているとなんだか物足りなく感じるとか、この隙間時間がもったいなくて焦るとか、ぼーっとするのが苦手、とか。これは人それぞれの個性なのでどっちが良くてどっちが悪い、なんて問題ではなく。

「退屈」という点のみに注目すれば、バリバリタイプのほうがより退屈しやすく、人生をつまらなく感じてしまいがちではあるかもしれません。けれど、退屈を感じるからこそ何か新しいことをしよう、もっと面白いものを見つけよう、という行動力につながるのだと考えればそう悪いことではないような。逆にさして盛り上がる事件がなくとも日々を適当に面白がる私のような人間は退屈とは無縁ではあるけれど、現状に満足しがちで向上心が希薄、とも言える。

関連 足るを知る、が幸せのカギ?それでも私は贅沢がしたい。

まあどっちでも自分の好きにすればいいですわね。

などとまたお得意の「自分にいいように考える説」を繰り出したところでハタと気付く。

あれ、前にも全く同じこと書いたっけ?

ひとりごとと同じくらい怖いこと

今に始まったことではないのだけれど、ブログを書いていて既視感というか既記感(そんな言葉はない)を感じることが近頃とても多くて、書いている途中で過去記事検索してあれ?書いてないや、となることが度々あります。まあ同じ人間がコンパクトかつツルッツルの脳味噌を駆使して文章を組み立てているので同じようなことばかり書いているのは事実なんですが、この頻繁に感じるデジャヴ的なヤツはなんだろう?

とよくよく考えてみれば、最近は日常考えているあれこれの殆どを脳内WordPressに「下書き」していることが発覚しました。

例えば

「こんなに平々凡々な暮らしでも退屈しないってお得だけどどうにもね、毎日ヘラヘラ笑ってばかりなのも芸がない。でも、毎日が楽しくて笑うしかないってトシちゃんも言ってたし」

とか考えたらもうブログにそれを書いたような気になっていざ現実のブログを書く段階になってあれ?ってなって「トシちゃん」とか過去記事検索してしまうのです。怖い。いやいやトシちゃんより他にもっと考えるべきことがあるだろうという問題はこの際置いといて、なんというか脳内ひとりごともヤバければ考えただけで書いた気になって記憶と現実の区別がついてない感じが我が事ながら薄ら寒い。

「一人で過ごす時間が長いとなんか鬱っぽくならない?」

と以前友人に聞かれてぜーんぜん、私貧乏には弱いけど孤独には滅法強いから、と返したのだけれど、鬱々とはしないまでも別の意味ではきっとマズい。スーパーとかでぶつぶつひとりごと言ってる諸先輩方を笑えないよなあと考えたのであります。

何もかも自分に都合よく変換する、のはいいけれど、自分の脳味噌の心配は適度にしたほうがいいような気がする今日この頃、最近体調不良でごめんなさいすることが多かったし、ここは誰か誘ってパ〜っと呑みにでも行きましょうかね、夏だしね、とスケジュールを確認してまたフリーズ。

もう、明日20日なんだ。月末からまた私暫く東京にいないんだった。呑気に遊んでる暇ないんだった。

なんかいろいろ大丈夫かなあと心配になってきましたが、脳内ブログの下書きばかりに勤しんでいないで楽しい夏休みに向けて目の前の現実も頑張りたいと思います。

 




関連記事

誰も知らない死後の世界。死んだらどうなる?

死んだら、どうなる。 近くや遠くで訃報が続いたからか、死について考えたり話したりする機

記事を読む

休みの日に連絡しても絶対に反応しない後輩。

たのしいたのしい年末年始休暇も終了し、世間はすっかり通常モードに戻りましたね。もちろん私も戻

記事を読む

定型文メッセージの恐怖と、再開のタイミング。

先日、父の誕生日でした。 ここ数年、というか、少なくとも私が成人して以降というもの父の

記事を読む

そんな自分に腹がたつ。

By: @sage_solar[/caption] 毎月の閲覧数TOP3にまでは入らないまで

記事を読む

迷惑な友人、思い出は数ミリの誤差。

「このあと時間あるんだったら、今からH子のお見舞いに行かない?」 週末の昼過ぎ、駅前の

記事を読む

音楽を聞かなくなった理由。

音楽CDのデータ化やるやる詐欺は1年以上になりますが、CDはまだまだたっぷりあるし、既にiT

記事を読む

薄くて軽い、お付き合い。

どうやらこの街にも、長く居過ぎたようだ。そう感じたのは、その日特に行きたい店を思いつかなか

記事を読む

年を取ると涙もろくなる理由とは。

By: Lindsey Turner[/caption] 一般的に 「歳を取ると涙もろくなる」

記事を読む

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

By: tup wanders[/caption] 中途半端に都会生まれの都会育ちなもので、

記事を読む

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図

2年ほど前に話題になっていた「ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図」を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

ピーマンの卵とじ献立
私が私を誰よりも信じてあげなくちゃ。

先日「量」について書いたところですが。一人に慣れすぎた「ひと

→もっと見る

PAGE TOP ↑