孤独な一人暮らしのソーシャルディスタンス。

公開日: : 最終更新日:2020/12/20 生き方と考え方

例のアレが収束の兆しを見せないまま、そろそろ終わろうとしている2020年。

自分の生活に少なからずの影響はあったけど、悪いことがあればいいこともあるのが世の常で。

いいこと、と分類するのはさすがに乱暴かつ配慮がなさすぎるのは承知の上。無理やりよいことを見つけるとするならば、程度ではありますが。

「人とは十分な距離を取りましょう」。この新しいあたりまえをありがたく感じる方は結構多いのではないでしょうか。

とにもかくにも社交すな、の世界

長らく世間では「社交的かつ活動的であること」はよい行いとされており、仕事でもプライベートでも多くの人と接することは歓迎されていました。積極的に外に出ず、人と関わらず、社交の場に出ない人間を外の世界に引っ張り出すことを「社会復帰」と名付ける風潮すらあったのです。

18歳から42年間引きこもり 「テレビを見てたら60歳になっていた」

それが今年は一転。外に出るな、人と関わるな、とにもかくにも社交すな、の世界へと変貌を遂げたのだからあら不思議。一般常識なんてただの幻想、または限りなく主観に基づいた価値観でしかないのだなあとしみじみしました。

社交もせず、なんなら家から出なくても、生活が成り立っており、なおかつ本人が満足しているのであれば(←ここ重要)、何ら問題はないもの。

孤独な一人暮らしのソーシャルディスタンス。

物理的にも心理的にも距離が近すぎる関係が苦手な人間にとって、突然やってきた空前のソーシャルディスタンスムーブメントはちょっとありがたいものではありました。

まあ社交ってリアルだけでできるものでもないので、オンラインに持ち込まれると余計に逃げ場ないとか、家族がいれば口実もできるけど、一人暮らしはそれも難しいとか別の問題も孕んではいます。テレワークになった途端に上司がメッセージ連打マンに豹変してしんどい、とかもそうかな。

長年孤独力の研究に勤しんできたわたしなぞは、もう人様から積極的に距離を詰められる機会などそうそうないですけども、仕事関係の会食やら送別会やら忘年会やらがなくなるのはいっそ清々しいものだなと思った次第です。

職場の人間関係に悩み、孤独力を促進。

わかってますよ。そういう場が失われることで、困る業界や、人がいることも。社交なんてすべてなくなっちまえ、なんて決して思っておりません。ただ、せっかくこういうおかしな状況を全世界が経験したのだから、これからは社交したい人も、そんなに必要としない人も、距離を取りたい人も、詰めたい人も、お互いがそれぞれの価値観を否定することなく尊重しあいながら、なんとなくうまいことやっていけるようになるのでは、という話。

どっちみち、みんな100年足らずでさよならすると決まっているんだから、この世で好きに遊べたらいいね。

大人のたのしい一人暮らし




関連記事

職場の人間関係に悩み、孤独力を促進。

職場の悩みの多くは、人間関係にあると聞く。 仕事そのものがつらいとかつまらないとか、自

記事を読む

40代独身女性が今考える老後の暮らし。

By: tup wanders[/caption] 中途半端に都会生まれの都会育ちなもので、

記事を読む

モノを持たない人間の好奇心とコンプレックス。

By: Curran Kelleher[/caption] 友人(40代・女性)がいきなり男

記事を読む

鞄の中身は絶対に見せられない。

訳あって、友人宅の留守を預かることになりました。 「部屋にあるものなんでもテキトーに使

記事を読む

馬鹿とはお茶できない。

茶飲み友達。 文字通り、お茶など飲みながら会話を楽しむ友達のことで、主に老人同士の友人

記事を読む

新年の目標はまだ立てないが筋肉。

新年といえば、目標設定ですね。 わたくし相当な皮算用マニアなもので、今年はあれをやろう

記事を読む

カリッとした毎日。白湯。

強冷房に氷水 夏は寒くて仕方ない。

ずいぶん前にこんな記事を書きましたが。 関連 私がカフェに行かなくなった理由。

記事を読む

魂の退社 50代で会社を辞めるという決意。

By: Vincepal[/caption] 「とにかく逃げ切り世代のやり方についていけなかった

記事を読む

お年玉をあげたって、面倒見てもらえるわけじゃなし。

お年玉の平均額っていくらくらいなんだろう。 と、検索してみれば、お年玉平均額情報を記載した

記事を読む

大変そうと労われるより、楽しそうだと笑われたい。

扱い慣れないデータを、これまた扱い慣れないツールを使ってどうこうしなくちゃいけない、という頭

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

豚ロースの柚子味噌焼き
豚ロースの柚子味噌焼き、もずく温やっこ献立。

ここのところ、日々の晩酌にゆずを多用していますねえ。鳥豆腐、

女は40から!とは、全然思えない。

テレビを持っていないので、しばらくは全く見ていなかったドラマ

親子煮、キャベツのわさび白和え献立。

酒のつまみとしての卵とじ、結構好きです。出汁をきかせてあくま

50歳目前での仕事探し。

2021年初の歯科検診にいってまいりました。歯科通いもかれこ

キャベツの味噌汁 ぬか漬け カブのサラダ ゆずドレッシング 里芋ネギ炒め
里芋のねぎ塩炒め、かぶのサラダゆず風味献立

手軽に使える食材であるいも類でありながら、下ごしらえがなかな

→もっと見る

PAGE TOP ↑