いただきものの第二の人生。

公開日: : 最終更新日:2016/12/07 ミニマルライフ

bdpresents

むやみに新しいものを買わずに手持ちアイテムを活かす方法を考える式にシフトしてからずいぶん経ちますが。

関連 1年間服を買わずに過ごした結果。

お気に入りの洋服がクローゼットに眠っているにも関わらず最大限に活用しようともせずすぐに新しいものに手を出す。そんな悪しき習慣を見直してからはついつい若い子に流れてごめんよやっぱりおまえが一番好きだよ的な気分になっているようなそうでもないような。あんまり上手い例えじゃないですね。

何にせよやたらめったら目移りせずに今あるものの活用法を探る癖がついたのでめでたしめでたしなのですが、思えばこれ、服に限ったことでもありませんでした。



ポットカバーが第二の人生

トートバッグをポットカバーに

7~8年前に友人からもらった小さなトートバッグがあります。友人が主宰していたブランドのものでヴィンテージのテキスタイルを使ったハンドメイドの1点もの。マチがかなりありサイズ的にもお弁当箱バッグ、といったところでしょうか。

もらった当時はご近所お出かけ、お買い物用として使っていたのですがここ最近はめっきり活躍の場がなくなっていました。かなり厚手の生地なので季節を選ぶというのもその理由かもしれません。それでもモノがモノだけに処分対象には一度もあがらずここまで持ち続けてきたのですが、最近になって突如フル活用するようになりました。

活用法はまさかのポットカバー。

このトートバッグは今使っているティーポットがすっぽり収まる大きさであることに気づき、部屋でお茶を飲む時の持ち運び鞄になればいいかなと軽い気持ちで試してみるとあらびっくり。思いの外保温性が高く鞄というよりポットカバーとして十分使えることが判明しました。熱々のお茶が入ったティーポットをこの鞄に入れておけば1時間くらいは温かいお茶が飲めるという寸法。やったね。

まあ普通に考えればキッチンから部屋に移動するためのポット入れ鞄なんてものは無駄も無駄なわけですが、我が家の導線を鑑みるにこれはかなりのお役立ちアイテム。ポットをむき出しでの持ち運びが少々難しい状況ではぴったりサイズの鞄はなかなかの発見、そしてまさか保温性に優れていたとは2度美味しいまさに大発見なのでした。

思い出の品には引っ張られないけれど

しかしこれまでの人生でポットカバーなどというファンシーなものを手に入れようとしたことはたったの一度もありません。別に茶飲み習慣自体にファンシー要素はないけれど、そこにかぶせるヤツってなるとあのキルティングでリボンがついた鍋つかみみたいなアレを想像してしまうのは私だけでしょうか。今調べてみたら今やいろんな形状のカバーがあるらしいけれど。

とはいえ絶賛冷えとり対策中の身。飲み物で体内から温めるのは冷え対策の基本中の基本なので何度もキッチンに立つことなく温かいお茶を楽しめるのはありがたいことこの上なしなのです。

ところでこのバッグのブランドは既に解散してしまっていて、そこにはほんのりと苦い思い出もあって、そんなことを思い返すとまさに人生いろいろ男もいろいろという感じなのですが女だっていろいろなのでこうして今また日常的に使えるようになったのはチクリときつつも嬉しくもあり。

ミニマリストの持たない暮らし

思い出関連グッズに引っ張られることの少ない基本冷淡な人間ではありますが、これをもらった時の晴れがましい気持ちは今でも覚えていて。ああ時間の流れとは残酷でそして多くを癒す力があるなあ、などと妙な安堵感に包まれながら今夜も熱いお茶をすするのでした。ずずっとね。




関連記事

By: Randen Pederson

今日捨てたもの その数字は最高の選択基準か。

By: Randen Pederson[/caption] コインって貯まるよねえ。 「貯

記事を読む

履かない靴

履かないヒールがどんどん高くなっていく。

先週、久しぶりにヒールを履いて出かけました。それは結構な決意を要した。 長距離歩行が必

記事を読む

ツイードジャケットコーデ

着るものがない、を抜け出すために 春に向けて買ったもの。

By: Aveda Corporation[/caption] 春に向けて何をどう着ようかな

記事を読む

life-packing_1

旅の荷物と移動距離。

旅の準備が苦手なりに慣れもあってかさすがに徐々に技術向上している気がしています。 正確

記事を読む

By: Edward Betts

身軽で簡素でモノがなくても、人生は十分複雑だから。

By: tanakawho[/caption] どうにもこうにも「比較検討」という作業が苦手

記事を読む

Kaohsiung_lunchbox_4

彼女がものを減らす理由と削れない贅沢費。

そろそろものを減らそうと思う。 今まで減らし界隈には全く興味のなさそうだった友人の宣言

記事を読む

cap

片付けられない子がミニマリストになった5つの理由。

今でこそ多くのモノを所有しない生活をしている私ですが、40余年の歴史を紐解いてみれば、決して

記事を読む

runner.min

今日捨てたもの 8/31 『捨てる月間』最終日。

今月1ヶ月間取り組んできた「一日一捨」運動、ついに本日で最終日となりました。 なん

記事を読む

By: Katie Tegtmeyer

引っ越しから10年以上そのまま放置していたダンボールを開封する。

By: Osamu Kaneko[/caption] 先日家族総出で実家の片づけをしました。

記事を読む

By: Anne Worner

40代ファッション迷子問題、キャラ設定も重要説。

By: Anne Worner[/caption] 妙なタイトルですが、先日書いた記事の続き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

ひいかと里芋の煮つけ
ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか

sanma
秋刀魚の塩焼きを頭から骨ごと食べる人。

40代ともなれば体にガタもこようというもの。頭からつま先まで、

yokosuka_6
栓抜きを使ったことがない。

カウンターのみの小さな店で、店主らは基本カウンターから外には出

→もっと見る

PAGE TOP ↑