いただきものの第二の人生。

公開日: : 最終更新日:2016/12/07 ミニマルライフ

bdpresents

むやみに新しいものを買わずに手持ちアイテムを活かす方法を考える式にシフトしてからずいぶん経ちますが。

関連 1年間服を買わずに過ごした結果。

お気に入りの洋服がクローゼットに眠っているにも関わらず最大限に活用しようともせずすぐに新しいものに手を出す。そんな悪しき習慣を見直してからはついつい若い子に流れてごめんよやっぱりおまえが一番好きだよ的な気分になっているようなそうでもないような。あんまり上手い例えじゃないですね。

何にせよやたらめったら目移りせずに今あるものの活用法を探る癖がついたのでめでたしめでたしなのですが、思えばこれ、服に限ったことでもありませんでした。

ポットカバーが第二の人生

トートバッグをポットカバーに

7~8年前に友人からもらった小さなトートバッグがあります。友人が主宰していたブランドのものでヴィンテージのテキスタイルを使ったハンドメイドの1点もの。マチがかなりありサイズ的にもお弁当箱バッグ、といったところでしょうか。

もらった当時はご近所お出かけ、お買い物用として使っていたのですがここ最近はめっきり活躍の場がなくなっていました。かなり厚手の生地なので季節を選ぶというのもその理由かもしれません。それでもモノがモノだけに処分対象には一度もあがらずここまで持ち続けてきたのですが、最近になって突如フル活用するようになりました。

活用法はまさかのポットカバー。

このトートバッグは今使っているティーポットがすっぽり収まる大きさであることに気づき、部屋でお茶を飲む時の持ち運び鞄になればいいかなと軽い気持ちで試してみるとあらびっくり。思いの外保温性が高く鞄というよりポットカバーとして十分使えることが判明しました。熱々のお茶が入ったティーポットをこの鞄に入れておけば1時間くらいは温かいお茶が飲めるという寸法。やったね。

まあ普通に考えればキッチンから部屋に移動するためのポット入れ鞄なんてものは無駄も無駄なわけですが、我が家の導線を鑑みるにこれはかなりのお役立ちアイテム。ポットをむき出しでの持ち運びが少々難しい状況ではぴったりサイズの鞄はなかなかの発見、そしてまさか保温性に優れていたとは2度美味しいまさに大発見なのでした。

思い出の品には引っ張られないけれど

しかしこれまでの人生でポットカバーなどというファンシーなものを手に入れようとしたことはたったの一度もありません。別に茶飲み習慣自体にファンシー要素はないけれど、そこにかぶせるヤツってなるとあのキルティングでリボンがついた鍋つかみみたいなアレを想像してしまうのは私だけでしょうか。今調べてみたら今やいろんな形状のカバーがあるらしいけれど。

とはいえ絶賛冷えとり対策中の身。飲み物で体内から温めるのは冷え対策の基本中の基本なので何度もキッチンに立つことなく温かいお茶を楽しめるのはありがたいことこの上なしなのです。

ところでこのバッグのブランドは既に解散してしまっていて、そこにはほんのりと苦い思い出もあって、そんなことを思い返すとまさに人生いろいろ男もいろいろという感じなのですが女だっていろいろなのでこうして今また日常的に使えるようになったのはチクリときつつも嬉しくもあり。

ミニマリストの持たない暮らし

思い出関連グッズに引っ張られることの少ない基本冷淡な人間ではありますが、これをもらった時の晴れがましい気持ちは今でも覚えていて。ああ時間の流れとは残酷でそして多くを癒す力があるなあ、などと妙な安堵感に包まれながら今夜も熱いお茶をすするのでした。ずずっとね。




関連記事

実家の片付け問題とは無縁でも、次の帰省でしたいこと。

By: TANAKA Juuyoh (田中十洋)[/caption] 40代、50代と年齢を

記事を読む

5月1ヶ月で捨てたものリストと買ったもの ’16

By: Jonathan Kriz[/caption] 引き続き月初の定例ポストです。

記事を読む

誰だって、いつでもいちばん欲しいもの。

今回のセブ島滞在では多くのセブっ子と話す機会があったので、ネタになるかなという軽い気持ちで会

記事を読む

持たない暮らしの年末大掃除 ’17 いろいろ捨てる。

だらだら持ち続けていた大物をようやく捨てました。 関連 使わないもののゆくえ、捨てられ

記事を読む

メイクはするのに、白髪は染めない理由。

人に会う機会が激減してから早1ヶ月。気付けば白髪がどっと増えていました。 突然強いられたおこもり生

記事を読む

EMILIO PUCCIのボストンをご近所使いに。

服はかなり減ったものの、鞄と靴がまだまだ多い気がするこの頃。 靴は少々妥協して持ってい

記事を読む

旅の荷物、便利な小細工と必需品。

雑誌やサイトで 「女性の海外旅行の必需品は?」 などというお題でいろんなグッズを

記事を読む

捨てる効果。モノを捨てれば生まれ変われる?

モノを減らすためには当然モノを捨てる必要があります。 しかし、単に捨てるだけでは快適な

記事を読む

予定はできるだけ少ないほうがいい。

By: flik[/caption] テキパキ動けるタイプではない。 そう自覚している

記事を読む

好きなものだけの毎日が、出会いのチャンスを逃している。

By: Thomas Beck[/caption] 先日民放ラジオ101局特別プログラムなる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

粗食献立
味噌汁とごはんだけの夕食週間2020。

毎日の晩酌をことのほかたのしみに生きている私ですが、しばらく

ストロベリーフィールズ
自分だけしか真実を知らない世界で生きる。

宣言した通り「YESTERDAY」を観ました。大規模な停電と

腹が痛くなるまで笑っていない。

とんでもなく愉快な様子や爆笑するさまを表す言葉に、腹を抱える

「あなたみたい」と、言われても。

最近、またまたFacebookのアカウント乗っ取りが流行って

10年保てば、いいほうです。

ようやくカメラを修理に出しました。カメラが(多分)故障する不

→もっと見る

PAGE TOP ↑