あちらのお客様からです(スッ)。

公開日: : 最終更新日:2016/11/10 生き方と考え方

ドラマでよくあるバーでのシチュエーションについて友人と語っておりました。

バーカウンターで一人グラスを傾ける女性、1杯目のギムレットがそろそろ空くタイミングでさて次のオーダーをしようかそれとも、とマスターの背後に並んだボトルを眺めるともなく眺めているとそっと差し出される紅色のカクテル。

「あちらのお客様からです」

マスターが促す先に目をやれば、カウンターの端に座ったナイスミドルが右手のグラスを遠慮がちに差し出しエア乾杯の仕草。

キモいですね。



あちらのお客様からです(スッ)

cocktail2.min

キモい、とか言っちゃいましたが現実世界ではこういうオーダーがあった場合お店の方がやんわりと断るか予め女性側の了承を得た上でスッとやるもののようです。しかし思い返せば私、この経験あります。自分でオーダーしていないものが目の前に出てきて

「あちらのお客様からです」

と言われたことが。

まあ場所はバーじゃなく駅前の焼き鳥屋で、スッと出てきたのはカクテルじゃなくてレバーパテでしたが。そしてカウンターの端におられた「あちらのお客様」は見知らぬナイスミドルではなく知人の兄さんでしたが。

関連 勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

件のシチュエーションとは大きく異なるというかもはや原型すら留めていない気もしますが、まだオーダーしてないのに突然提供された大好物のレバーパテは殊の外嬉しく、さすが兄さんカッコイイわあと同席していた友人と歓喜の祝杯を上げたのでした。

さりげなさって難しい

奢るとか奢られるとかそういうこととは関係なくスマートかつ決して恩着せがましくない気遣いって実はかなり難しい。お店での振る舞い方にはやたら煩い反面同行者には気を遣えていなかったり「気の利く人の行動パターン30」みたいな自己啓発書に書かれてあるようなどうでもいいおせっかいをむやみやたらと繰り出したりと実は思いっきりトホホな状況なのにそれで悦に入ってしまう悲しさよ。けれど、その空回りの努力こそが愛すべき姿であったりするからさらに悩ましい。

と、ややこしいことばかり考えてしまう私は気遣いのキの字にも触れることなく今日も地蔵のごとく立ち尽くすのである。

「あちらのお客様からです(スッ)」

から飛躍してまたもや自分の不甲斐なさに着地してしまいましたが話を元に戻して、こういうシーンって割と誰でもドラマでよくあるアレと認識しているであろう定番シチュエーションですよね。でもどのドラマもしくは映画でこのシーンがみられるのかと問われれば具体的なタイトルがすぐには思い浮かばない謎定番。

実は我々の勝手なイメージで「よくあるアレ」と思い込んでいるだけで、実際のところは劇中でさほど頻繁に使われるシチュエーションでもないのかもしれないなあ。調べたことないからわからないけど、どうなんでしょ。




関連記事

By: Ben Sutherland

こんにちは、の先制打。

By: 4johnny5[/caption] 改めて告げるまでもないのですが、割と単独行動が

記事を読む

domi

スーツケース1つで暮らす実験。

今回の旅の持ち物はスーツケースひとつです。 正確に言えば機内持ち込みのバッグとかカメラ

記事を読む

yanagin36

更年期の悪夢。

このクソ寒いというのに、汗だくである。 物凄い形相で、物凄い勢いで、追いかけてくる。こ

記事を読む

By: Lenore Edman

電話は最終手段、携帯があっても通話はしない。

先日10年近く会っていなかった友人と再会しました。最近この 「めちゃくちゃ久しぶりの友

記事を読む

adventure

願いを叶えるいちばんシンプルな方法。

今日はなんだかいい1日でした。 「いい1日」というのもかなり抽象的な表現ですが、目標に

記事を読む

By: anneheathen

おばさんのミニスカートは迷惑論。

By: anneheathen[/caption] おばさんがミニスカートを履く行為は周りへ

記事を読む

By: Andrey

続けた先にある未来。

By: Natalie Lucier[/caption] 今朝駅前で素足に下駄履きの紳士を見

記事を読む

umbrellas

気が合わない、嫌いな友達との付き合い方。

昨日、帰宅途中に自宅付近で妙な場面に遭遇しました。 80歳前後の女性が 「あのク

記事を読む

By: Tsahi Levent-Levi

勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円。

By: Tsahi Levent-Levi[/caption] 「彼こそが真の勝ち組だよね」

記事を読む

By: jenny downing

毎日同じことの繰り返しでつまらない人生を送り続けるのか。

By: matheuslotero[/caption] 大人になると日常生活で大概のことはう

記事を読む

Comment

  1. kyoko より:

    これ、経験あります。
    びっくりしましたけど、安心できるお店であったのと、一度それを試してみたかったんだって、というお店からの解説のもと、そんなおひともおるんですね、と頂きました。ギムレットだった記憶。

    個人的には、西部劇よろしく、カウンターにウイスキー滑らせるのが憧れで、やらせてもらったことがあります。

    ドラマや映画は、日常にふくらし粉いれたものでしょうから、やはり絶対数は少なくとも、脈々とあると出来事なんだと思います。

    • crispy-life より:

      kyokoさん

      おお!経験者来る、カッコイイ!

      >一度それを試してみたかったんだって

      そうそう、友達ともこんな話になったのでした、一回やってみたいor目撃してみたいよね、と。このシーンが見られるのはお客さんとお店との信頼関係がしっかりしているお店、ということになりそうですね。

      事実は小説より奇なりと言いますし、ドラマ的なシーン、そしてその上を行く驚きの場面も日常にあるにはあるのでしょう。いやはや、勉強になりました。

kyoko にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

秋刀魚と小ねぎのスパゲティ
秋刀魚と小ねぎのスパゲティで白ワイン。

秋刀魚、まだまだ行きますよ。 前回は贅沢(?)にも好物の

rerise_2
白髪染めをやめたらどうなるか。

新しい白髪ケア用ヘアカラーを使い始めて、約1ヶ月が経過しまし

砂肝とねぎの塩炒め
砂肝のねぎ塩炒め、焼きしいたけ献立。

今夜は砂肝が食べたい。すごく食べたい。 そんな衝動に突き

掃除機はいるのかいらないのか
片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、

ひいかと里芋の煮つけ
ひいかと里芋の煮付け、キャベツの温サラダ献立。

あれっ?ひいかって、春じゃなかったっけ?いや、春はホタルイカか

→もっと見る

PAGE TOP ↑