家飲み献立 9/12 茹で塩豚の香味だれ。

140912d

なんか静かだなあと思ったら、金曜日なんですね。
シェアハウスの週末は、若い人がみんな出かけるからかとても静かで結構好きです。

 

今夜の晩酌献立

140912d2

  • にんじんラペ
  • ねぎのおかか煮
  • セロリの酢の物
  • 温奴
  • 茹で塩豚とキャベツの香味だれ
  • わかめスープ

今夜の小鉢3品。
薄切りにしたにんじんを塩、胡椒、オリーブオイルで和えてレモンを添えました。今まで全く興味のなかったにんじんがウーウェンさんのレシピをきっかけにやたら好きになったので、最近はちょくちょく登場します。味付けがシンプルなほどにんじん自体の甘味が引き立ってなんとも旨い料理になります。

本日購入した葱。青い部分をおかか煮にしてストックしようと思ったのだけど、あんまり青い部分がなくて食べ切ってしまいました。

セロリを塩昆布で和えて酢をかけただけの簡単酢の物。今日は酢を加えたけど、塩昆布だけでも美味しい。

今日の温奴はシンプルにゆず胡椒とポン酢で。最近すっかり木綿豆腐づいています。

140912d3

低温調理でしっとり茹でた塩豚をごくごく薄切りにしてゆでキャベツとあわせました。白葱、しょうが、ニンニク、鷹の爪、しょうゆ、ごま油、酢をあわせた香味だれで。しっかり味だけどさっぱり食べられる香味たれは肉だけじゃなくて焼き魚なんかにも合いますよ。

あとは塩豚を茹でた湯で作ったわかめスープで今夜の晩酌メニューが揃いました。

さて、新しいレンズが届いたので張り切って料理を撮影してみましたが、明るいレンズは盛り付けの雑さがより一層際立ちますね。が、ボケが大きいので背景を入れても部屋の詳細がわかり辛いのは有難いです。いや、特に何にもないし、見えてもいいんですけどなんとなく、ね。

今はものを増やさない時期なので毎日毎日同じ器を使っていて色気も何もないですが、それでも日々の晩酌記録は楽しみながら続けていこうと思っています。

ウー・ウェンさんちの定番献立 家庭料理が教えてくれる大切なこと
ウー・ウェン
高橋書店
売り上げランキング: 135,625



関連記事

塩手羽大根

塩手羽大根、揚げかまぼこで晩酌。

塩手羽大根。 こういう汁っぽい出汁っぽいものが食べたくなるのは秋が来た証拠でしょうか。

記事を読む

ぬか漬け 豆腐とえのきの味噌汁 小松菜の海苔塩和え 豚肉の梅照り焼き

豚肉の梅照り焼き、小松菜の海苔塩和え献立。

少々遅くなった帰り道。何の考えもないままに、とりあえずなんとかなりそうな豚ロース薄切り肉をひ

記事を読む

白菜の卵とじ献立

白菜の卵とじ、インゲンと豚肉のごまマヨネーズ和え献立。

季節の変わり目は服選びに困る、とはもはや挨拶時のお約束的トピックスではありますが、困るのは服

記事を読む

家飲み献立 12/9 鮭ときのこの豆乳スープ。

今日は済ませておきたい作業があれこれあったので、ラップトップを持ってなんとなく近所のファミリ

記事を読む

晩酌献立

肉団子と春雨の煮込み、小松菜の梅海苔和え。

大鍋にドン、と具沢山の汁物などを作って日々消費していく、というスタイルが苦手です。 ラ

記事を読む

手羽先のナンプラー漬け焼き

手羽先のナンプラー漬け焼き、えのき梅おろし献立。

骨つき肉にかぶりつきたくなったので、手羽先です。 手羽先ってのはいついかなる時も骨つき

記事を読む

一人暮らしの鍋料理 11/7 ひとりモツ鍋、柚子白菜で焼酎。

これからの季節、鍋確率が跳ね上がるよ! と、昨夜宣言したばかりですが今夜も鍋です。

記事を読む

休肝日ごはん 味玉ごはん、レッドキャベツのごま酢和え献立。

久しぶりの味玉が旨かったので、またまた同様の手口にて仕込んでおきました。 休肝日ごはん

記事を読む

菊水純米吟醸ひやおろし

新潟の酒 菊水 純米吟醸ひやおろしで晩酌 茄子の辛味噌炒め、温奴。

最近ではスーパーでもいろんな日本酒が買えるようになっているけれど、やっぱり酒屋のほうがいろい

記事を読む

鶏団子鍋

鶏団子鍋で晩酌。

久しぶりに鍋にするか、と具材を考える。 寒い間は毎日鍋でもいいくらいの鍋好きなんですが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

50がらみの誕生日はうれしいか。

By: Will Clayton お誕生日おめでとうございます

今年後半の運勢を占う。選択肢は、案外多い。

奥さん、7月です。 6月は一丁前に忙しぶってほとんどブログに手出し

今治タオルトゥシェ フェイスタオル
仕事と風呂の類似点。

推しを求めて旅に出ていた、のではなく、普通に仕事をしていまし

生きる目的、今夜はフラッシュモブ。

時間が有り余っていても何もできない不甲斐なさを感じている人は多いのか

つまらない女と寿司。

久しぶりに寿司をつまむ。前回につまんだのは、確かまだ寒い時期だった

→もっと見る

PAGE TOP ↑