減らす美容。

公開日: : 最終更新日:2019/05/23 ミニマルライフ, 健康と美容

stand_m

酒を抜いたらよくなるけど、一度飲んだら振り出しに戻るが常ですね。酒だけじゃなく、食べるのも止めれば、事態はそれなりに好転すると知っているのだけれど。

そうです。例の、毛穴問題です。

不意打ち3日断食で手に入れたもの(減量以外)。

朝も早よから外出すれば、正午過ぎには残酷な現実が浮かび上がる我が鼻周り。これはいよいよ塗り込めパテ的鼻周り専用下地を導入すべきかと心揺らいだのですが、それ以外の方法がありました。

減らす美容

THANN_oil2

その方法は単純で「鼻には塗らない」。悪魔の書まではいかないけれど、引き算方式というか、減らす美容というか、まあそういうものです。

肌断食、「悪魔の書」を手に入れた。

今までは何も考えずに全顔にベースを塗り広げていたのですが、毎度の小鼻崩れはやはり防げない。ティッシュオフ作戦によりそれ以外の部位はそこそこの持ちを見せてくれるようになったけれど、鼻だけはどうにもならない。

激しく踊っても崩れないベースメイクと気温問題。

で、不思議なもので、リタッチを試みれば試みるほど、進むべき目的地とは逆方向へ行ってしまうのですね。要するに、化粧直しが化粧直しになってなくて、どんどん汚くなる悲劇。

もはや腹立たしさすら覚えたので、先日鼻だけベースを塗らずに粉でぼんやりと押さえてみたところ、マシでした。やっぱり昼過ぎにはそれなりに崩れはするのですが、化粧直しが化粧直しとして機能してくれました。

とはいえ識者から見れば、鼻だけが文字通り「異色」なのがバレバレで、マシだと思っているのは私だけかもしれません。完全なる自己判断に過ぎないものの、鏡で確認したところ、塗るより塗らないほうがよさそうだったので、しばらくは異色鼻を継続しようと考えています。

美の基準がおおらかになる

今回の鼻問題は美容領域ではなく、汚らしさが出るやもしれぬという、ほぼマナー範疇の案件だと感じたのであれこれ策を講じましたが(といっても、塗るのを止めただけ)、それ以外のビューティー周りはどんどん気にならなくなってきています。いや、気になるところがありすぎて、逆に面倒になってきたというか、許容範囲が広がって、まあこんなもんでしょうと思えてきたというか。ほうれい線とか。

よく言えば、おおらかになったのです。そして、真実は見ない。

自然光なり明るい照明なりの下でピッカピカに磨かれた鏡を覗き込んだなら、鼻問題は未だ解決していないと感じるかもしれません。しかし近頃はいい感じにほの暗く、いい感じにソフトフォーカスがかかった鏡を使うことが多いものですから、なんとなくやり過ごせて助かっています。

真実を知ることがいつも幸せとは、限らない。

見える、私には見える。そう遠くない未来に、白髪に対してもおおらかになり、ありのままを受け止めるであろう自分の姿が。まあ、やっぱりこうなるよね、とか書き綴っている指先が、キーボードが、ディスプレイが、見える。

5年後ってとこですかね。と、予測しておきましょう。

 




関連記事

祝・越冬。寒がりの冬を支えたアイテムたち。

朝晩はまだ多少冷えるものの、もう凍えるようなそれではなく、日中は上着なしでも歩ける陽気。

記事を読む

お金を貯めるのが趣味、数字が増えるのがただ面白い。

仕事の都合で久しぶりに女性誌を読みまくっているのですが、情報誌は当然のこととして、ファッション誌

記事を読む

モノを持たないミニマルな生活で「節約」できるのか。

タイトルの通りです。 持たない暮らしとお金の関係性について、 「ミニマリストは普

記事を読む

年間ランキングを眺めて2014年を振り返る。

12月もそろそろ中盤戦、ということで年末っぽい話題をシェア。 Amazonの年間売上ラ

記事を読む

チェンマイ 瞑想

仕事を捨て去る。

気分的にはすでに年末大掃除ということで、空き時間にぽちぽち整理。 関連 今年中に捨てた

記事を読む

男性、女性 下着の平均所有枚数は?

By: Jean-Pierre Dalbéra[/caption] なんだかしょっちゅう下着を捨

記事を読む

女の子はピンク、男の子はブルー。

大型の検診センターで健康診断を受けるようになってから早3年。この施設のシステムにももう慣れっ

記事を読む

持たない暮らしの年末大掃除 ’17 いろいろ捨てる。

だらだら持ち続けていた大物をようやく捨てました。 関連 使わないもののゆくえ、捨てられ

記事を読む

スウェットパンツで外出できるか。

寒いの嫌い嫌い族なもので、防寒への関心は高いです。 だからこそ、この時期の完全オフの日

記事を読む

おひとりさまの老後資金。自分年金作りは40代からでも遅くない?

これまで自分の中で漠然としていたマネープランについて、最近少し具体的に考えるようになりました

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

やりたいことをやる中年。

長年あたため続けてきた大イベントを、今月ようやく開催できまし

東京大仏
「過去は変えられない」の嘘。

他人と過去は変えられないけど、自分と未来は変えられる。とか、

トマトの卵炒めのっけ丼献立
お手本がある時代のありがたさ。

少し久しぶりに、献立の話でも。相変わらず平日の質素飯生活が続

浜松町駅から東京タワー
大事なものに躊躇なく投資するための、正しい節約のススメ。

10年ぶりにスマホに回帰したので、毎月携帯料金が発生すること

先月の携帯代は94円。

10年ぶりにスマホを契約してから、早1ヶ月が経過しました。約

→もっと見る

PAGE TOP ↑