捨てない生活、たかがその程度のこと。

公開日: : 最終更新日:2017/03/01 ミニマルライフ

京都散歩2017

毎月捨てたものと買ったものを記録し続けています。

関連 捨てたものリスト

月初の定期ポストとして毎回書いているものです。

が、1月のまとめであるこの記事にいつものような存在意義はありません。

捨てない生活

掃除機はいるのかいらないのか
そう、先月は何も捨てず、そして何も買ってもいないのです。

何かあったっけ?と考えてみるも、やっぱりない。そしてまあこれがあるべき姿なんじゃないかとも思う。

普通に生活する上で食料品や消耗品以外に毎月絶対に買わなくちゃ生活が立ち行かなくなるものってそんなにはないし、ここ2年ほどで持ち物はどんどん減る一方だったけれど、秋の引越しで再整理したこともあって今年はいよいよバカスカ捨てなくても済むんじゃないかと考えています。

関連 持たない暮らしの年末大掃除 ’16。

もちろんこれまでも決して無意味に捨てていたわけではないけれど、ずっとものを捨て続ける暮らしは買い続けるのと同様どこか歪みがあるのかもしれません。

ましてや40代の一人暮らし、男子中学生のようにぐんぐん体が大きくなって洋服のサイズが途端に合わなくなるようなこともなければ自室内で激しく動き回って家財道具を破壊するようなこともない静かな毎日。一旦落ち着いてしまえば買ったり捨てたり大きな変化はないのが当然ではあります。

と言いつつ捨てるつもりがつい面倒で先延ばしにしている大物がいくつか残ってはいる現実。今月中にどうにかするかしら。

たかがその程度のことで

THANN フレグランスミスト OE

先日部屋に人が来る機会があったのでちょっと片付けておこうかなと考えました。

片付ける、と言っても部屋にはもともとモノを置いていないのでまずは見られては恥ずかしい例のメモを隠して、後はデスクの上に放置していた領収書をしまうとか読みかけの本の位置を移動させるとか椅子の背に無造作に掛けていたひざ掛けをちゃんと畳むとかベッドの上の掛け布団の位置を整えるとかその程度のことです。けれど

「その程度のこと」

で部屋の印象がガラッと変わったので我ながら驚きました。あれ、なんか気持ち良いぞ、と。その後部屋を換気してフレグランスミストを振ったらまるで大掃除後のような爽快感があったのです。

おお、ようやくここまで来たか。そんな気分になりました。

人が来るからとみっちり片付けなくても簡単に整えられる状態は私のような片付け下手な人間からするとかなり理想的であります。部屋を美しい状態に保つには頻繁に客人を呼ぶ、なんてテクニックもあるようですが部屋に人を招くチャンスも対象となる人物もそうそうないので残念ながらその技は使えず。でも誰も見ていなくても案外いい感じ暮らせているじゃないかこりゃ結構、と改めて感じた出来事でした。

モノを持たずに身軽に暮らす

しかし相変わらずスタイリッシュさに欠けるのでここがゴールでもなんでもなく。今後はちょいちょい気になっている細かい部分を修正していきたいなあと考えています。だって、本やら布団やらの位置なんて「その程度のこと」で部屋の印象がこれほど変わるのならば、いくら私にセンスがなくてもももうちょいどうにかできるんじゃないかしらん。

 




関連記事

たったひとつだけ願い事が叶うなら ’15。

By: Kevin Dooley[/caption] 昨年のクリスマスイブにこんなことを書い

記事を読む

シンプルに生きるためのポータブルスキル。

私がモノを持たない生活をしている一番の理由は移動しやすくするためです。引越し作業というのは何

記事を読む

何を着ても似合わない 持ってる服を全部捨てる?

By: Jorge Franganillo[/caption] 最近何を着ても似合わなくなっ

記事を読む

今年中に捨てたいもの 先延ばし常習犯の高等技術。

今年も残すところわずか1ヶ月となり、年内に片付けておきたいことを考え始める。 まずは物

記事を読む

旅に出てわかる、自分が必要としているモノ。

By: Paragon Apartments[/caption] 今回の旅に持参した私物(洋

記事を読む

掃除機はいるのかいらないのか

片付けの快感、ささやかなカタルシス。

掃除や片付けといった家事は取り掛かるまでは面倒極まりなくても、いざ実行してみると一種ストレス

記事を読む

洗濯機?冷蔵庫?絶対必要な家電製品ってなんだろう。

以前使っていた冷蔵庫、洗濯機、ベッドは引越しの際に全て処分してしまったので、現在は所有してい

記事を読む

予定はできるだけ少ないほうがいい。

By: flik[/caption] テキパキ動けるタイプではない。 そう自覚している

記事を読む

資料は1枚、時間配分と勝負どころを考える。

By: Carlos Felipe Pardo[/caption] 新規案件に関する資料や見

記事を読む

今日捨てたもの 9/14 しまいこんでおくだけでも嬉しいと感じるなら。

By: Metro Centric[/caption] 意識的にモノを減らしていた時期は日々

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

結局買わなかった(買えなかった)話。

駆け込み申し込みと洒落込んだ楽天モバイルでしたが、結局本契約

春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立
春キャベツと油揚げのしょうゆ炒め、にら月見献立。

一食分の材料費はたったの○○円!といった、緻密な計算が必要に

なんの楽しみもない、中年の暮らし。

あら、私って天才?と思いました。 後々このアルバムを聴

にらとひき肉の卵炒め、小松菜とえのきのおひたし献立。
大人買いへの憧れはあるけれど。

好きだけど、そうやすやすとは増やせないもの。それがうつわ。陶

過去の肩書きに固執しない生き様。

怖い、嫌だとのたまいながら、仕事なので渋々運用しています。

→もっと見る

PAGE TOP ↑