ブランディア(Brandear)の買取査定額が確定した。

公開日: : 最終更新日:2016/06/15 ミニマルライフ, 捨てる

shout

先日査定申込をしていたブランディアから、買取額確定のメールが来ました。

参考 ブランディアにブランド買取査定を依頼してみた

早ッ!!
今回私は2点しか送らなかったとはいえ、到着した翌日には査定完了って、一体スタッフ何人いるのかしら。それとも、たまたま空いている時期だったのかな?

今回買取を依頼したブランドはGUCCIとフェラガモの2点。
かなり昔のモデルだったのですが、果たして結果はいかに??

Brandear 査定結果

pinkcalculator

  • Salvatore Ferragamoのスニーカー  2,900円
  • GUCCIのキーケース         買取不可

 

うん、まあ、こんなもんかな。
スニーカーは何度か使用したもので、キレイではあるけれど使用感はわかる状態だったので買取になってよかったくらい。
GUCCIのキーケースはいくら保存状態がよくても15年くらい前の品。最新モデルこそ高値で売れるリサイクル業界では厳しいのでしょう。あと、アクセサリー類は箱ナシだと買い手がつかないのかも。

ZOZOに大量に出して手厳しくやられたことで免疫がついていたので、今回は冒頭写真のコアラのような表情にもならず、妥当な結果だろうと思えました。
ZOZOも確定後すぐ入金があったし、ブランディアも査定のスピードが凄く早かったので、安心して使えるところはどちらもよかったです。

参考 その他の古着・ブランドアイテム買取サイトの利用記録

 

手持ちのアイテムを売却して考えたこと

今回いろんなアイテムを買取してもらって改めて過去の自分の消費スタイルを反省しました。
数年前、友達とフェラガモのファミリーセールに行って、特にめぼしいものがなかったのにせっかくお得なんだから何も買わないのは勿体無いかな~となんとなく購入したのがこのフェラガモのスニーカー。凄くステキなんだけど、自分には似合わないので結局殆ど使えませんでした。

お得だから、とか、せっかく来たから、なんて、今ならそんな「なんとなく」の買い物は絶対しないです。

うん、戒め。

ブランド買取は査定金額には大きな期待できませんが、もう使わないけどまだキレイだし、高かったし、ゴミ箱に捨てるのは抵抗がある…というモノの処分には使えるサービスだと思います。

それを必要とする誰かの手に渡って再びモノが活躍する日が来るのは喜ばしいこと。
また手放すものがあれば利用します。簡単だし、ね。




関連記事

旅の荷物、結局使わなかったもの。

大荷物と共に移動するのが苦手なもので、基本的に使わないものは持っていかない派です。 関

記事を読む

持たない生活、持てない私のしつこい憧れ。

ありがたいことに、このブログを通じて商品レビューのご依頼などを頂くことがあります。 興

記事を読む

40代の痛いファッション。

By: sagesolar[/caption] 昨年高らかに宣言しておきながら結局実現しなか

記事を読む

少ない服で着回す秋

去年の自分はもういない 秋のファッション計画 2016。

まだまだ油断はできないけれど雨が多くなんだか秋めいてきた今日この頃。 あれこれ他のこと

記事を読む

オムレツ

ボロボロ加減に感じる郷愁。

ずいぶん大人になってから、わかるようになったことがあります。 それは、酒場のメニュー

記事を読む

シンプルスタイル 1年ぶりのチャージ完了。

By: Steve Jurvetson[/caption] 現在私は携帯電話を持っていません

記事を読む

70代ミニマリスト主婦に買ったもの。

みんな大好き70代ミニマリスト主婦も、そろそろ80代が見えてきました。 70代ミニマリ

記事を読む

捨てる捨てない、使い道を探ってみる。

By: Nana B Agyei[/caption] 捨てると決めていてまだ処分していないも

記事を読む

見えない収納で一石二鳥。

吊り下げ方式を導入してから1ヶ月。 収納グッズの恐ろしさ 優柔不断なお片づけその後。

記事を読む

まだそのサンダル履いてるの?

昨日あのお方より、開幕宣言を拝受しました。 勝ち組兄さん家の電気料金はひと月約800円

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

今もなお古着をディグるおばさんの秋。

またもやこれといった買い物をしないまま、1年が終わりそうです

地三鮮
地三鮮、蒸し鶏とキャベツの柚子胡椒和え献立。

本日のメインは、野菜だけの中華風炒めもの地三鮮。 じゃ

中年の睡眠を助ける、4つのアイテム。

月が出た出た月が出た。ア、ヨイヨイ。ベランダにグラスを持ち出

にじますのちゃんちゃん焼き
大事なのは中身。でも、見た目も勝負したい。

にじますを入手したので、前回とは違う調理法で食べてみようと考

シンプル 瞑想
友人があちら側で人生を変えた話。

50手前の人間が「あちら側」などと表現すると、まるで三途の川

→もっと見る

PAGE TOP ↑